介護職員の労働環境と待遇

介護職員だけど有給休暇を拒否されて取れない!

更新日:

介護職員:女性

有給休暇は、緊急時以外は使えないと言われました

 

介護職員:女性

有給休暇なんて制度があるだけで、あってないようなものとなっています

 

上記のような話を聞くことも決して珍しくないのが、有給休暇に対する不満や疑問になります。

 

まず結論から言えば、あなたが有給休暇を使うのに理由入りません。「私用」という理由だけで本来は問題なく有給休暇をとる事ができます。

 

時季変更権などで繁忙期の取得ができないケースもありますが、シフトの調整などが絶対にできないといった正常な運営を妨げる事由がある時に限られます。

 

あなたからの「何時くらいなら有給休暇をとる事ができるのか」といった相談さえ拒否して、有給休暇を取らせないなんてことは許されないのです。

 

ココに注意

有給休暇は労働基準法第39条で認められているので、施設側が「ここで有給休暇は取れない」なんて無責任な発言で拒否したら違法行為と言えます。

常に人手不足で休める余裕が無いよう見えるのだが

常に人手不足で、ギリギリの運営を当たり前にさせていることから有給休暇を職員に使わせることができないのでしたら、それは施設側の責任になります。

 

有給休暇の取得と事柄に関わらず、社員が1人有給休暇を取るだけで職場が成り立たないとすると、介護職員が急な離職や事故や病気によって欠勤が発生するだけで、介護施設の運営ができなくなります。

 

その場合は、施設側がリスクを放置していたことになります。

 

施設側のリスクを放置していた責任に介護職員である、あなたが付き合う必要はありません。

 

そのため、強気に有給休暇の申請をすることも一つの選択肢です。断れるようでしたら、バレないように病気などを理由に有給休暇を利用してもいいかもしれません。

 

ただし、本当に介護職員が足りないようなリスクを放置していた介護施設になると、あなたの有給休暇で職場が回らなくなって他の休めない介護職員の負担が重くなり、反感を買う結果になって、職場で働きづらくなりリスクはあります。

 

したがって、頑なに有給休暇の使用を許さない施設で有給休暇を無理に使うということは、人間関係に大きなひびがを与える結果になるとも言えます。

 

それじゃあ、結局有給休暇を使うことができないじゃないか!と思うかもしれません。リスクを考えると、どうして強引に取得することを躊躇ってしまうと思います。

 

だとすると、有給休暇の取得が比較的に受け入れられている職場に転職するしかありません。

 

どちらにしても、有給休暇が禄に使えないようなブラック企業でしたら、さっさと転職する事ををオススメします。

 

おそらくですが、有給休暇が禄に使えないのでしたら、給料や休日数といった待遇も悪いのではないでしょうか?

 

今あなたが働いている介護施設がブラック企業かもしれないという心当たりや不安があるのでしたら下記の記事も合わせて読んでみて下さい。

 

⇒私の働いている介護施設はブラックかもしれない!?

退職日までは時季変更権も無視できる

退職日が決まってからの有給休暇の使用に関しては、時季変更権でも拒否される事はありません(変更もなにも退職日以降にずらすことができませんし)。

 

そのため、全部使用するようにしましょう。

 

ただし、引き継ぎなどでどうしても出勤して欲しいと言われたのでしたら、退職日を伸ばして貰った上で有給休暇を全部消化するように交渉するとよいと思います。

 

人件費を気にして難色を示してきたら、容赦なく有給休暇を使って休んでしまってもいいと思います。

 

このように、有給休暇の使用に関しては、会社は基本的に断る事ができず、拒否できるケースが例外的な状況なのです。

 

ただし、円満退職が一番なのは事実です。

 

⇒勤めている介護施設を円満退職する方法

 

ケンカ別れのような形で退職するとなると、離職票や源泉徴収票がなかなか送付されないといった状況になったりすることもあります。

 

また、退職届をだし、有給休暇を無理やり申請して辞めたと思ったら、退職届を出したのに知らぬ存ぜぬで、懲戒解雇にされていた……なんてトラブルに発展するケースも稀にあります。

 

そのような面倒なトラブルを回避するために、退職する際は、出来る限り円満退職を目指し、退職日や引き継ぎに関しては多少の妥協も考えた方が、結果的に負担が軽く済むこともあります。

 

なお、辞めさせてくれないといったケースになった時に取れる手段としては、

 

⇒入社しか介護施設からバックレしたいと思ったら

 

で詳しく述べているので、参考にして頂ければ幸いです。

介護職は有給休暇を使いにくい環境なのか

自由に使えるからといって、職場の雰囲気がそれを許さず、言えないことも珍しくありません。

 

無理やり使ったら、それ以降働き続けることに支障を出しそう……となると、やはり使えると分かっていても使えないと思います。

 

介護業界は人手不足の職場が多いですし、シフト制になるので、どうしても周りに配慮してシフトを調整していかないと人間関係が悪くなりやすいです。

 

確かに、有給休暇は基本的に自由に使えますが、自分勝手使い過ぎると、周りから自己中の人と思われる可能性もあります。

 

そのため、施設長と相談し、シフトなども確認した上で、休んでも大丈夫な日に休むようにしましょう。

 

一方的に拒否されるとイラっとしますし、不満も溜まりますが、周りと調整をした上の有給休暇の使用は、介護業界に限らずに一般的と言えます。

 

介護業界は、シフト制で、パートも多いことから、他の介護職員と調整するという点に関しては、多少使いにくい傾向があると思います。

 

しかし、有給休暇そのものを使わせない職場ばかりかと言われたら違います。

 

そのようなブラック企業ばかりではありません。

 

周りと調整しながらなら有給休暇をしっかりと使える職場は沢山あります。

 

もし、有給休暇が使えず、待遇面も悪いようでしたら、もっと働きやすく、待遇の良い介護施設に転職することを考えてみてはいかがでしょうか?

 

本当に有給休暇を当たり前のように使わせてくれるような職場が、介護業界にあるのか疑いたくなる気持ちも分かります。

 

特に、今あなたが働いている介護施設が有給休暇をあまり、取らせたくない姿勢だと、自分の職場が介護業界の基準だと勘違いしてしまっても仕方がないかもしれません。

 

しかし、介護業界は全体的に人手不足なっています。

 

体力のない介護施設だと、確かに人を雇うこともできず、有給休暇を積極的に使わせることができないような状況に陥っていることも珍しくありません。

 

しかし、利益を上げていて、施設数を増やしているような企業だと、どれだけ介護士を確保できるかが、売上を上げて行き、企業を拡大していくかを左右して行くともいえます。

 

そうなると、周りの介護施設に介護職員が取られたりしないようにするために、有給休暇を使いやすくことはもちろん、残業を発生させないようにしたり、勤続年数と能力を正当に評価して給与に反映させるといった環境を作るようになります。

 

長期的に介護職員が働けば、職員の介護技術も上がり、サービスの質も上がりますし、離職率も下がり、人手不足に悩まされずに企業を拡大できるという訳です。

 

そのため、介護職員として働く場合は、ブラック企業を避けながら、他の介護施設との競争に勝ち抜き、利益を介護職員にも還元する職場に入社する事が求められると言えます。

 

もし、ブラック企業とホワイト企業かどう見きわめて転職・就職活動すればいいのか気になる人は下記の記事も参考にしてみてください!

 

⇒転職の失敗を防ぐホワイト介護施設とブラック介護施設の判別方法!!

有給休暇を使わないことによる損失を考えみよう

有給休暇は、労働基準法で、雇い入れの日から6ヶ月経過したら、10日の有給休暇を付与することになっています。

 

算定期間の8割以上出勤している条件などがありますが、正社員の人なら、ほとんどの人が満たしていると思いますし、あなたも満たしているのではないでしょうか?

 

また、勤続年数が増える程に付与される休暇の日数は増えて行き、6年6ヵ月以上になると、20日間の有給休暇を貰えるようになります。

 

20日となれば、定休日や祝日など合わせれば、ほぼ丸々1ヶ月間休める日数になります。

 

しかも有給休暇なので、給料も支払われます。

 

逆に言えば、有給休暇を放棄するということは、それだけの利益を放棄するということもあります。

 

20日もあれば、通常の休日と合わせれば、翌日仕事があるからということで躊躇ってしまうコンサートや旅行に行くことができますし、朝まで友人と飲むこともできます。

 

有給休暇は、金銭・時間的な余裕というメリットと以上に、プライベートを充実させることができ、人生を彩ってくれます。

 

有給休暇を放棄するということは、あなたの人生における自由な時間を放棄しているといることも忘れないようにしてください。

 

有給休暇は2年経過すると消滅する

有休休暇は永遠とストックできる訳ではありません。50日、100日貯めて、一気に放出して世界1周旅行! なんてことはできません。

 

2年分の有給休暇をストックでき、それ以前の有給休暇が残っているなら消滅して行きます。

 

そのため、消滅する有給休暇は全部使い切らないと損と言えます。

 

緊急時に残して置くのも大切ですが、消滅させてしまっては勿体ないので、残りの有給休暇は忘れずに確認しておきましょう。

 

有給休暇の会社買取などは、会社の義務ではないので、消滅した分を買い取ってもらうといった手段も使えない事が多いので、単純に損するだけにならないようにしましょう。

 

⇒休日が多く、有給休暇が取得しやすい介護施設に転職する方法

介護士の転職を成功させる方法

介護士のための紹介会社

1

クリックジョブ介護 評価 対応エリア 全国 ⇒クリックジョブ介護   介護士の転職を成功させて、待遇の良い職場で働いているような人は、どのような転職活動をしたのでしょうか?   結 ...

2

ハートフル介護士 評価 対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉など もし、あなたが「ホワイト企業が運営している介護施設に転職したい!」と思っているのでしたら、ハートフル介護士で転職活動しましょう。 &n ...

-介護職員の労働環境と待遇

Copyright© 介護職員の人生設計-さようなら!ブラック介護施設 , 2019 All Rights Reserved.