介護業界の就職・転職事情

高校中退の中卒でも介護職に挑戦したい

投稿日:

家庭の事情で高校卒業前に中退することになり、働く必要がある……となった時に困るのが、仕事先を探す点になります。

 

高校も卒業していないのに、まともな職場で働く事ができるのかと……目の前の現実にも、将来にも大きな不安に苛まれている人もいらっしゃると思います。

 

そのような方の中には、人手不足と言われがちな介護職を就職先に検討している人もいらっしゃるかもしれません。

 

「介護の仕事なら学歴は関係ないのではないか?」

 

そんな希望を持って、介護職への挑戦を考えていないでしょうか?

中卒で正社員としてすぐに働くのは難しい

結論から言えば、中卒でも介護職として就職することはできます。

 

しかし、正社員としての就職先を最初から望むとなると、ハードルは一気に上がります。

 

少し厳しいことを言えば、求人を出している介護施設側は、あなたが高校を中退して中卒になった理由など知りません。

 

そして、日本は大卒の方が多いですし、就職を始める人で早い人でも高卒になります。しかも、高卒でも全体の割合としては少ないです。

 

そのため、最終学歴が中卒となると、「何か問題がある人ではないか?」と、書類審査の段階で思われる可能性はやはり高いです。

 

人手不足の介護業界でも同様です。

 

介護業界は人手不足ですが、「誰でもいい」と思っているのは、一部のブラック企業になります。そして、仮に中卒で就職に不利だからと言っても、長期的に働くのが難しいブラック企業に就職する事はオススメしません。

 

中卒でも介護職なら就職することは簡単と述べている人もいますが、残念ながら、そういった発言はブラック企業を前提にしていることが多いので、あまり信じないようにすることをオススメします。

 

介護職の正社員も、大多数は高卒を応募条件の一つにしていると思った方がいいです。

パートから働く事も考える

正社員の場合ですと、応募条件が厳しいですが、パートの場合でしたら、応募条件は厳しい訳ではありません。

 

また、無資格・未経験者でも採用してくれる求人も少なくありません。

 

無資格のパートは時給が低いので、フルタイムで働いても、月給10万円前後に達するのがせいぜいになるかもしれません。

 

一方で、介護士のキャリアを積んで行けば、経験者として正社員になることは難しくありませんし、実力があれば出世していくこともできます。

 

資格と経験を身に着けることができ、どの職場で即戦力になれれば、中卒という学歴が転職などでハンデになることも少なくなります。

 

また、介護業界は学歴が出世に影響を与えることも少ないです。

 

中卒だと、最初の就職先と雇用形態という点で不利を感じることになりますが、一方で一度介護士として歩み始めれば、コツコツとキャリアを積み上げて行けるというメリットがあります。

 

そのため、無理に正社員を最初から目指すのではなく、パートや派遣などから仕事を覚えて行くことも検討してみてもいいと思います。

介護職員初任者研修の資格を取得する

介護職員初任者研修の資格は、就職前でも取得は可能です。普通の施設なら資格手当が支払われる資格の一つになるので、働き始める前に取得しておいてもいいと思います。

 

中卒の場合だと、就職に有利となる武器が非常に少ないので、介護士として働いて行く熱意を示すために、事前に介護職員初任者研修の資格を持っていると、就職に有利に働くと言えます。

 

問題としては、スクールに通う費用として、4~7万円ほどかかる点になります。決して、安い金額ではありません。

 

そのため、就職前に取得することが難しい人もいらっしゃると思います。

 

もし、負担を減らしたいのでしたら、講義の費用を肩代わりしてくれる介護業界に特化した転職エージェントだったり、一定の補助金を支払ってくれるような介護施設に就職することを考えてみると良いかもしれません。

 

働きながらの取得を目指すことになるので、負担は重くなりますが、介護職として働いて行く上で資格取得は避けられないと思って、何とか頑張るしかありません。

 

介護職員初任者研修については、

 

⇒介護職員初任者研修の資格を取得するメリット

 

で詳しく述べているので、参考にしてみてください。

中卒が応募できる求人の探し方

基本的にパートの場合ですと、応募条件に学歴は記載されていないので、幅広く応募する事ができると思います。

 

正社員の場合ですと、前述した要に高卒以上を条件にしていることが多く、「中卒以上」と記載していることは少ないです。

 

そうなると、正社員の場合は個別に連絡して、選考を受けさせてくれるかどうかを確認して行く事になります。

 

ハローワークや転職エージェントでしたら、担当のスタッフが確認してくれるので、積極的に利用して行きましょう。パートとして働く場合も、自分1人で就職活動するよりも、相談できる相手がいる支援機関などを利用して活動してみることをオススメします。

 

無資格の方でも利用できる転職エージェントとしては、

 

⇒かいご畑:無資格・未経験者から介護職を目指せる!

 

がオススメなので、利用を検討してみてはどうでしょうか?

 

一度就職したら、他の職場で即戦力になれるまで働くようにする

最初の就職先を妥協で選び、待遇が悪かったり、人手不足で激務になる可能性もあると思います。

 

そうなった場合は、とりあえずは1~2年程を目安に働き、他の職場に転職しても、介護士として先輩のフォローが無くても、1人である程度働けるように実力を磨いておきましょう。

 

即戦力として働ける力があれば、転職先を見つけることは難しくありません。また、経験者の方が、好待遇の職場に転職しやすいです。

 

未経験者というカテゴリーに属していて、中卒という応募できる求人に制限があると、どうしても好条件の求人に応募しにくいです。

 

長期的なビジョンでキャリアを描き、まずは目先の待遇よりも、待遇の良い職場で働けるように介護士としての実力を磨き、資格を取得しておくことをオススメします。

介護士の転職を成功させる方法

介護士のための紹介会社

1

クリックジョブ介護 評価 対応エリア 全国 ⇒クリックジョブ介護   介護士の転職を成功させて、待遇の良い職場で働いているような人は、どのような転職活動をしたのでしょうか?   結 ...

2

ハートフル介護士 評価 対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉など もし、あなたが「ホワイト企業が運営している介護施設に転職したい!」と思っているのでしたら、ハートフル介護士で転職活動しましょう。 &n ...

-介護業界の就職・転職事情

Copyright© 介護職員の人生設計-さようなら!ブラック介護施設 , 2019 All Rights Reserved.