介護職員が抱える仕事の悩み・不安

プライドが邪魔して介護職員を続けられない中高年男性の方へ

投稿日:

介護職員の仕事は、簡単に言えば施設に入居している高齢者の方のお世話になります。

 

周りのサポートがないと日常生活が難しい人に介護サービスを提供して、少しでも心身機能を維持・向上させながら、日々の生活を楽しく過ごして貰うために、私達介護職員は働いています。

 

一方で、「人のお世話をする」といったことに対して、プライドが邪魔して、介護の仕事を続ける事ができない人も多いです。

 

中途で入社した中高年男性の離職原因になりやすいプライド

40代前後で、他業界から介護業界に転職してくる中高年の男性の方の中には、短期間で退職してしまう方も少なくありません。

 

特に管理職といった立ち入りにいたような男性の方だと、人に指示を出しながらの仕事が前提だったので、役職のない未経験者として先輩介護職員から指示を受けながら、高齢者の方の身体介助をすることにプライドが許せずに離職してしまう人が多いのです。

 

また、介護業界は女性の割合が多い職場になるので、自分よりも年下の女性の下で、介護の仕事を学んでいくことになるので、男性の中には自分が情けなくなってしまう方もいるのでしょう。

 

つまらないプライドなんて捨ててしまうことが一番です。

 

簡単ではないことは分かりますが、40代前後で介護職に転職したということは、やむを得ない事情……例えば、リストラや勤めていた会社が倒産、後は家族の介護といった事情などがあったと思います。

 

そして、介護職に就職したということは、前職の経験を活かすことが難しかったと推測できますし、介護職に就くまでに何度も再就職先の選考で落とされてしまったのではないでしょうか?

 

もしかしたら、腰掛けのつもりで、不承不承で介護職に就いたかもしれません。仮にそうだったとしても、40代で短期退職の職歴がつけば、転職活動は更に厳しくなって行きます。

 

また、当たり前ですが、未経験者として入社すれば、ほとんどの会社では年齢関係なく一番下からのスタートになります。

 

自分よりも若い人に上司に持つことが許せないのでしたら、ほとんどの会社で働く事ができないと思った方がいいです。

 

人の世話をするという介護の仕事に対してプライドが許せなず、捨てることができるのでしたら……厳しいことを言えば、介護施設側からしても、そして介護施設で入居している利用者や利用者家族側からしても、むしろ去って欲しいと思われると思います。

 

介護業界はブラックのイメージがありますし、人手不足なので、事情がある人の受け皿としての役目も担えています。

 

しかし、だからといって他の仕事よりも下に見られていいわけではありませんし、そんなことはありません。

 

あなたが高齢者になった際にお世話になるかもしれません、あなたのご両親が先になるかもしれません。

 

社会にとって必要不可欠な仕事になります。

 

その現場で働く事に対して、プライドが傷つくのでしたら、どうにかして価値観を変える努力をするか、周りに迷惑を掛ける前に辞めるようにしましょう。

介護の仕事を長期的に続けて行くには

偉そうなことを言いましたが、向き不向きがあるのは事実です。

 

介護の仕事を続けて行く事ことができる人としては、介護の仕事にやりがいを持てる人か、仕事と割り切れる人になります。

 

一番モチベーションを保てるのでが、やりがい持つことです。介護の仕事を通して、利用者の方や利用者家族に喜んでもらえたり、感謝の言葉を言われることでモチベーションを維持できる人も少なくありません。

 

実際に、介護程にやりがいを持てる仕事はないと述べる方もいらっしゃいます。

 

ただし、介護職員として働いている人の中には、利用者に介護サービスを提供して、得られる感謝の言葉や社会貢献をやりがいと感じず、仕事だからと割り切れて働けている人もいます。

 

もし、プライドが邪魔して働き続けることが難しいと感じているのでしたら、やりがいを無理に求めるのではなく、仕事と割り切るのも一つです。

 

生活費とを稼ぐために仕事をしていることを強く意識し、社会の仕組みとして、未経験の仕事に転職したのだから、若い人が上司になることも、初任給が低いことも当然だと割り切ることです。

 

介護の仕事に対しても、仕事の上下などないという当たり前のことをしっかりと意識してください。

 

また、介護の仕事は慣れると、ルーティンワークに近いものがあるので、淡々とこなせるようにもなって行きます。

 

最初の内は慣れない仕事と、転職による給与の減少で精神的に参ってしまう人もいますが、仕事に慣れていけば、体と心の負担も軽くなると思いますよ。

給与を上げて行くことを考える

未経験者として就職した時点ですと給与は確かに低いです。

 

しかし、介護職員初任者研修や経験を積んで介護福祉の資格を取得すれば、手当が加算されされます。

 

また、施設長やエリアマネージャーを目指すのも良いですし、ケアマネージャーの資格を取って、介護職員からケアマネージャーになるのも一つの進路です。

 

給与を上げて行く手段は沢山あるので、初任給が低いからと言って、それだけで「仕事の忙しさと給与が釣り合っていない!」と腐らないようしましょう。

更に他業界に転職する場合

どうしても向いていない、介護の仕事を続けることができないのでしたら、結局は他業界に転職するしかありません。

 

しかし、

 

⇒介護職の仕事を辞めてやる!と思った時に読んでください

 

で述べているように、40代以上で短期退職の職歴を作って、転職先を探すのは非常に難しです。

 

企業からしても、未経験者を雇うなら、少しでも若い人がいいというのが本音ですし、求人でも35歳くらいを応募条件にしていることも珍しくありません。

 

そのため、応募できる求人は非常に制限されます。

 

それこそ、どんどんブラックな企業以外に応募できなくなっていくこともあります。そのため、もし転職するのでしたら、今の仕事を辞めるのではなく、せめて働きながら転職先を探すようにしましょう。

 

辞めてしまえば、貯金が尽きれば、どんな企業でも働いていてお金を稼ぐ必要がでてきて、余裕がなくなります。

 

そのため、焦って今の職場を退職する事は避けましょう。

 

自分を変えることが一番手っ取り早い

20代でしたら、いくらでも転職先はありますし、自分に合った仕事を模索していくのもよいと思います。

 

しかし、40代前後の中高年となると、そのような余裕は当たり前ですがありません。

 

それなら、介護の仕事が向いていないと感じていたり、プライドが邪魔をすると感じても、自分が介護の仕事を長期的にしていけるように変わって行く方が手っ取り早いです。

 

40代は職を転々できるほどに、需要はありません。できる程の程の即戦力があるのでしたら、前職の経験を活かして、既に転職が成功しているでしょう。

 

何度も述べましたが、仕事に上も下もありません。あるのは、凝り固まった価値観によるプライドです。

 

逸れに捕らわれていると、介護の仕事に限らずに、再就職先で上手く仕事して行く非常に難しいと言えます。

 

だったら、あなた自身が職場に合わせて行けるように変えて行くべきです。

 

そうしないと、働ける場所が無くなってしまうかもしれませんよ。

介護士の転職を成功させる方法

介護士のための紹介会社

1

クリックジョブ介護 評価 対応エリア 全国 ⇒クリックジョブ介護   介護士の転職を成功させて、待遇の良い職場で働いているような人は、どのような転職活動をしたのでしょうか?   結 ...

2

ハートフル介護士 評価 対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉など もし、あなたが「ホワイト企業が運営している介護施設に転職したい!」と思っているのでしたら、ハートフル介護士で転職活動しましょう。 &n ...

-介護職員が抱える仕事の悩み・不安

Copyright© 介護職員の人生設計-さようなら!ブラック介護施設 , 2019 All Rights Reserved.