介護職員が抱える仕事の悩み・不安

介護職の仕事は底辺職なのでしょうか?仕事を続けるのが虚しいです

投稿日:

介護職は、時に底辺職と揶揄されることもあります。

 

・リストラや倒産によって、年齢的に行き場を失った人が向かう場所

・就職・転職活動で上手く行かない人が選ぶ仕事

 

人手不足なことから、上記のような事情を抱えている人が就職先として選ぶことが多い事から底辺職と呼ばれる原因一つとなっています。

 

そして、もう一つが仕事内容になります。

 

それは、介護という仕事そのものに対するイメージが問題となっています。

 

よく言われるのが、3Kと呼ばれる、

 

・きつい

・汚い

・危険

 

のイメージになります。詳しくは

 

⇒介護職の仕事は3Kと呼ばれるものなのか?

 

で述べているのですが、更に正確に言えば、特に汚いの部分のイメージに問題があります。具体的には、高齢者の方の排泄介助といった仕事になります。

 

やはり、そういった世話を仕事とし、その上で看護師と違って給与水準もあまり高くないとなると……どうしても、底辺職と貶めようとする人はいらっしゃいます。

 

本当に底辺職なのか? 介護職は恥ずかしいものなのか?

介護士が手を差し伸べる

まず、なぜ底辺職と呼ばれるものがあるのかと言われたら……恐らくとしか言えませんが、自分よりもどうにかして下を作りたい可哀相な人が作ったのではないかと思っています。

 

ブラック企業で働いていたり、自分が望んだような職場で働けておらず、人生を楽しめていない程に、「自分はまだマシだ!」と思うために、自分よりも下を何とかして作りたいと思うのです。

 

そのため、介護職に限らず、サービス業や販売系の仕事、または土方系、トラックの運転手など、とにかく人手不足になりやすいく、激務と言われやすい仕事を「底辺職」と呼んで、自分の心の平静を保ちたいのです。

 

介護業界にもブラックな企業からホワイトな企業まであって、底辺なんて呼べない程に待遇が整っている職場ありますが、底辺職と揶揄する人達にとっては、そんなことは知りたくもない情報なのです。

 

そして、介護職として働いている人達は、周りに「介護職は底辺職」だと情報を発信していかないと、自分の心の平静を保てない人達の言葉にショックを覚える必要はありません。

 

介護の仕事は、社会的に必要な仕事です。高齢者の方の居場所を作り、リハビリの手伝いから、介護を通しての生活のサポートと、高齢化が進む社会の中で必要不可欠な存在であり、感謝される仕事です。

 

確かに、排泄介助や入居介助といったきたない仕事もありますが、それが底辺職を指すとは言えません。

 

給料が低いといっても、底辺職となる基準なんてありません。

 

そもそも、介護施設によって給与何て異なってきますし、出世して施設長などになり、勤続年数を重ねれば、サラリーマンの平均年収前後にはなります。

 

その人達を底辺職と呼ぶなら、サラリーマンの大半が底辺職となってしまいます。

 

また、役職のない介護職員は、民間企業のサラリーマンで言えば、役職のない平社員と同じようなものです。

 

主婦の方などが多く、出世できない人もいますし、わざと出世しない人もいます。

 

更に言えば、介護職員初任者研修や介護福祉士の資格があれば、手当もでるので、サラリーマンの平社員よりも給与を上げやすいとも言えるかもしれません。

 

そのため、介護職は底辺職などと述べる人は、ほとんどは介護の仕事なんて知らないような人達になります。

 

仮に介護職の仕事をした事がある人だったとしたら、ブラック介護施設に就職してしまった人になるかもしれません。

 

それで、他業界に転職したなら……介護職を揶揄したくなる気持ちは多少分かるかもしれません。

 

後は、40代や50代で他業界から介護職に転職した方で、他人の世話をするという仕事に向いていなかった上、他業界からの転職による給与の大幅な減額に耐えられなかった人もいるかもしれません。

 

……底辺職と言っている人達の、ほとんどが上記のような人達になるので、自分の仕事に恥ずかしさなど持つ必要はありませんし、やりがいを持って介護の仕事ができているのでしたら、そのまま続けて下さい。

 

介護職を一括りで底辺職と言ってしまうような人達の言葉などに耳を貸す必要はありません。

 

思い当たる節があるのでしたらブラック介護施設で働いてるかもと思う事

ネットなどからの底辺職という言葉に思い当たる節があるのでしたら、その原因を探ってみてください。

 

もし、介護の仕事自体が好きでなかったり、入浴介助や排泄介助などに苦痛を感じているのでしたら、あなたには向いていない可能性があります。

 

医療・福祉系で、人の世話をするような仕事は、どうしても向き・不向きがあります。

 

排泄介助といったものは、基本的には数カ月程度の仕事でなれることができますが、どうしても無理だと思えてしまうのでしたら、自分には向いていないと判断した方がいいかもしれません。

 

一方で、待遇面に不満感じていることから、底辺職と呼ばれることに納得してしまいそうなら、他の介護施設で働く事も検討してみてください。

 

どの業界にもブラック企業はあります。

 

ブラック企業に所属していて、その企業が業界の基準だと勘違いしていると、介護業界に限らず、「自分は底辺職にいるのではないか?」とい疑問や、「自分では、このような待遇の仕事でしか働けない」といったネガティブな気持ちに支配されてしまうこともあります。

 

介護職員の初任給は、確かに低い水準ですが、勤続年数を重ねて、資格手当などを得て行けば、相応の収入を得ることもできます。

 

前述した要に、介護主任や施設長などになれれば、年収500万円前後まではなら十分目指すことはできます。

 

年間休日数も、120日前後の職場もありますし、残業代も全額しっかりと支払われる職場もあります。

 

もし、今の職場で働き続けることに不安を感じているのでしたら、介護業界に特化した転職エージェントなどを利用して、より良い介護施設や病院といった職場を探してみてください。

 

⇒ホワイト企業の介護施設に転職して給与を上げて行く方法

 

受け皿になっているのは事実

介護業界は人手不足なので、リストラされた人や、失業中の人などの受け皿になっていることは事実です。

 

だからといって、他の仕事よりも下に見られる理由はありませんが、就職しやすいといった部分だけで、介護職として働く事に劣等感を感じてしまうのでしたら、介護職の仕事は続けない方がいいかもしれません。

 

ただし、介護施設の全てが人手不足という訳ではありません。他の業界同様に、ブラック程に就職条件が緩く、待遇が良い程に応募条件が厳しい傾向があることには変わりありません。

 

実際に、ホワイト寄り介護施設程に、資格や経験年数などの応募条件を付けることもありますし、無資格・未経験者の採用でも、人柄をしっかりとみて採用するか否か決めます。

 

それでも、未経験者が就職しやすいのは事実です。

 

未経験者が就職しやすい=底辺職というなら……否定はしにくいです(介護職以外にも沢山あるとおもいますが)。

 

まあ……未経験者が挑戦しやすい環境があるだけで、介護職全体が底辺職と述べるような訳の分からない価値観を持っている人と関わることも、真剣に耳を貸すこともオススメしませんが。

 

普通の人は、そんな風に思っていないです。

 

仕事に対して、貶めようとする問題のある人は、一定数いるので、あまり気にしないようすることが大切です。

 

大切なのは、あなたにとって介護職の仕事です。不満があるのでしたら、転職する事を考えるべきですし、問題なく働けているのでしたら、余計な情報に振り回されずに働き続けるようにしましょう。

介護士の転職を成功させる方法

介護士のための紹介会社

1

クリックジョブ介護 評価 対応エリア 全国 ⇒クリックジョブ介護   介護士の転職を成功させて、待遇の良い職場で働いているような人は、どのような転職活動をしたのでしょうか?   結 ...

2

ハートフル介護士 評価 対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉など もし、あなたが「ホワイト企業が運営している介護施設に転職したい!」と思っているのでしたら、ハートフル介護士で転職活動しましょう。 &n ...

-介護職員が抱える仕事の悩み・不安

Copyright© 介護職員の人生設計-さようなら!ブラック介護施設 , 2019 All Rights Reserved.