介護職員が抱える仕事の悩み・不安

介護職を即日退職するには

投稿日:

退職届・退職願いを上司に提出した、その日の内に即日退職をしたいと思っている介護職員の方もいらっしゃると思います。

 

まず、即日退職が絶対にできない訳ではありません。

 

ただし、前提としては、社会人のマナーを守るなら、就業規則に記載されている退職の意思を伝えてから辞めるまでの期間の約束守るべきです(一般的には1カ月~3カ月後)。

 

退職の意思を伝えるまでの期間に関する就業規則の記載には法的拘束力は基本的にありませんが、法律上でも無期雇用の場合は、2週間前に退職の意思を伝えるべきとされています。

 

そのため、法を厳守するなら、即日退職することはできません。

介護施設側が許可すれば即日退職することはできる

介護施設側の雇用主が、即日退職を認めてくれれば、就業規則や法律など関係なく退職することはできます。

 

そのため、すぐに辞めたいのでしたら、その場で施設長などに相談してみることを考えましょう。

 

試用期間中だったり、入社して数日程度しか経ってないのでしたら、あなたの存在が職場にとって大きな存在になっていないはずです。

 

施設側からしても、いなかった事としてしまった方が楽なケースもあります。

 

ただし、説得されるケースもありますし、すでにシフトが決まっている状態ですと、他の介護職員の予定も考慮して認めてくれないこともあります。

 

また、ある程度の期間を働いているのでしたら、より即日退職に難色を示されると思いましょう。

 

残念ながら、就業規則を守ることが一般的ですし、最低でも2週間は働くべきなのが法のルールなのです。

 

即日退職できるかどうかは、雇用主側が認めるかどうかなのです。

有給休暇で無理やり即日退職する

労働者側の権利である有給休暇を使用すれば、退職届を出した日に出勤しないようにすることもできます。

 

正確に言えば、退職の意思を伝えた2週間後に辞めることになるのでが、有給休暇で2週間休むことで、即日退職に近い形をとるのです。

 

有給休暇の使用を企業側は止めることはできませんし、基本的に退職するまでの期間で使用する有給休暇を時季変更権によって止める事も出来ません。

 

そのため、有給休暇が余っている人は、退職日まで有給休暇を無理やり使うといった手段を考えてもいいかもしれません。

 

ただし、揉める可能性は十分あります。

 

施設側も突然職員が退職届を出してきて、「2週間後に辞めるから、それまで有給休暇を使う」と言われても簡単に対応できないことは想像できると思います。

 

施設長に恨みがあったり、施設そのものがブラック企業だったりしたら、そんなこと気にせずに辞めてしまってもいいかもしれませんが、揉めるリスクを考えると、オススメはできません。

 

あくまでも、最終手段の一つとして考えましょう。

病気や親の介護等を理由にする

病院からすぐにでも安静するように言われた。地方の親が倒れてしまって、急いで向かう必要があり、介護することになるかもしれない。または、一緒に住んでいる親が病院に搬送されて、当分出勤できないかもしれない。

 

上記のような理由から、退職の意思を伝えて、どうしても明日から出勤ができない……と言われたら、施設長は頭を抱える事にはなると思いますが、一方的に拒絶することもできないはずです。

 

施設長が雇用主ではない場合もあるでの、エリアマネージャーといった人達との相談になった上で結論が出ると思いますが……即日退職になるかまでは分かりませんが、すぐに辞めること出来る可能性は十分あります。

 

特に緊急な程に、会社側も責任が持てないので、即日退職に対して柔軟に受け入れてくれる可能性が高くなると思います。

 

ただし、嘘をつくということになるので、バレないようにしましょう。介護施設同士の横の繋がりが太い地域もあるので、嘘をついて辞めたと分かれば、周辺の施設でも噂が伝播されることもあります。

 

なお、病気の診断書を出せ等と言われたら、それはそれで施設側がブラックだと判断できるので、自分の体調のことなんて何も考えていないんだと思って、むしろ強引に辞めることの踏ん切りになると思いましょう(インフルで休む場合や、労災などの場合は別ですが)。

懲戒解雇を覚悟したバックレ

退職とは違いますが、全てのリスクを覚悟した上でバックレる方法もあります。無断欠勤になるので、就業規則に則って懲戒解雇される可能性もあります。

 

企業によっては、慈悲をかけて、懲戒解雇にはせずに、解雇してくれることもありますが……企業次第です。

 

懲戒解雇になれば、転職活動にも大きな支障がでるので注意してください。なお、バックレる前に退職の意思を伝えておかないと、「何かあったのではないか」と思われて、警察や保証人となっている親などに連絡がいくこともあるので注意してください。

 

なお、退職届を出し、有給休暇の申請を出しても、辞めることを認めて貰えず、内容正面郵便などで送って、退職することは別にバックレではありません。

 

⇒入社した介護施設からバックレしたいと思ったら

 

介護職員の即日退職って多いのか

多くはありませんが……偶に聞きます。

 

ただし、即日退職が多いのは、やはり入社初日だったり、試用期間の間だったりするケースが多く、介護職員側も企業側にとっても大きな損失になりにくいので、大きな問題にならずに辞めやすいという理由があります。

 

特に入社初日から数日後までなら、社会保険にも加入していない事が多いので、履歴書に職歴として記載しなくてもバレない可能性が高まりますし、介護施設側も入社してすぐに辞めるとような人をシフトに入れることで、職場の雰囲気を悪くするのを防げます。また、未経験者の場合だと、教育にかけるお金と人手を防げたとも言えます。

 

一方で、勤続年数が長い人が、むりやり即日退職したという話はあまり聞きません……が、嘘の事情で素早く辞めている可能性は珍しくないかもしれません。

 

即日退職をしたいという気持ちが悪いのではなく、それで大きなトラブルなってしまうことが、本人にとっても、施設側にとっても大きな不幸なことです。

 

そのため、基本的には即日退職はせず、どうしても辞めたい場合は、相談したり、バレない嘘で辞めるようにしてきましょう(必要に応じて多少の出勤も妥協する姿勢もとりましょう)。

 

ただし、ブラック介護施設で一刻も辞めたかったり、例え嘘でも辞めざるを得ない理由を伝えても、全く此方の事を考えてくれないのでしたら……多少の問題発生は覚悟して、内容証明郵便による退職なども検討してもよいかもしれません。

介護士の転職を成功させる方法

介護士のための紹介会社

1

クリックジョブ介護 評価 対応エリア 全国 ⇒クリックジョブ介護   介護士の転職を成功させて、待遇の良い職場で働いているような人は、どのような転職活動をしたのでしょうか?   結 ...

2

ハートフル介護士 評価 対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉など もし、あなたが「ホワイト企業が運営している介護施設に転職したい!」と思っているのでしたら、ハートフル介護士で転職活動しましょう。 &n ...

-介護職員が抱える仕事の悩み・不安

Copyright© 介護職員の人生設計-さようなら!ブラック介護施設 , 2019 All Rights Reserved.