介護業界の就職・転職事情

シングルマザーでも介護職として働くことはできるか

投稿日:

シングルマザー

シングルマザーとして、子供を育てながら働くとなると、やはり子供が急病になった際に駆け付けることができやすかったり、子供の行事などに出席できるようにシフトを柔軟に考えてくれるような職場で働きたいと思いたくなると思います。

 

そして、出来るなら正社員として安定して働けるような職場。

 

また、人によっては、就職先を早めに決めないとマズイ状態になっていると思います。

 

そのため、人手不足で採用されやすく、専門職として働くこともできる、介護職を選択肢に入れている人もいらっしゃると思います。

 

一方で、ブラックな業界のイメージが強く、育児と仕事を両立することができるのかと不安になると思います。

 

ここでは、シングルマザーとして働く上で、介護職はマッチしているのかどうか述べて行きながら、少しでもあなたの不安や疑問を解消できればなと思います。

育児との両立ができるのか

シングルマザーとして働く事を考えている人にとって、一番気になるのが育児との両立ができるかどうかという点になると思います。

 

そして、介護職として働く上で心配なのが、夜勤や残業の存在になると言えます。

 

まず、夜勤や残業を絶対に避けたいのでしたら、正社員として働く事は難しいと思ってください。

 

デイサービスといった夜勤がない施設を選べば、夜勤を回避することはできますが、夜勤がある施設の場合ですと、正社員は残業をなかなか回避することができません。

 

即戦力として働く事ができ、施設にとって手放すことができない人材になれば、育児を優先にして夜勤や残業を回避しても、「転職されるよりは」といった判断をして貰える可能性がありますが、未経験者の方の場合は、難しいと思った方がいいです。

 

派遣社員の場合でしたら、派遣会社を通しての就労になるので、大手の派遣会社を利用すれば、契約外の命令に関しては、派遣会社に相談すれば対応してくれます(派遣会社の方が立場が低いと我慢を強いられることもあるので注意が必要ですが)。

 

パートの場合でも、雇用契約で定めた勤務時間や夜勤業務を無理強いしてくることは少ないと思います。

 

パートや派遣社員は、正社員が集まらないことによる人手不足の穴埋めのために採用していることが多く、退職されるリスクを背負ってまで無理に残業や夜勤させるよりも、正社員にさせる方が安全と言えるからです。

 

ただし、ブラック企業の介護施設で、業績が悪いとなると、後先考えずに頼んでくることもあるので、選ぶ職場は慎重にすることが大切です。

 

ここまでリスク面の話ばかりになりましが、上記の点に注意して、ブラック企業を選ばずに、パートや派遣社員として働くならシングルマザーとして育児と仕事を両立することは可能だと言えます。

 

ただし、どうしても施設側の配慮に頼る部分もあるので、施設選びは慎重になる必要があるのと、配慮して貰える程に戦力になれるように、一刻も早く職場に貢献して、信頼を得て行く必要があると言えます。

行事や急病などで仕事を休みやすいか

子供の病気

子供を優先しての休みに関しては、やはり施設の人手が足りているかどうか、そして育児に対して理解のある職場かどうかが大切になります。

 

求人には、有給休暇の使いやすさや、主婦の方が子供の行事のために休みを取りやすいと記載されていても、実際は働いてみないと正確なことは分からないと言えます。

 

これは、介護業界に限らずに、全ての業界の企業に言えることでもあるので、介護業界が特別という訳ではありません。

 

ただし、働く前でも、面接の段階で相談して確認するなどはしましょう。

 

面接の言葉を信用しきってはいけませんが、面接の相手である施設長の人柄が良そうか、信頼できそうかといった点については、あなたなりに判断する事ができると思います。

ココに注意

主婦の方が多い職場でもあるので、比較的に育児に理解がある職場でもあります。ただし、仕事と育児に理解があるからこそ、厳しい人もいるので注意が必要です。また、シングルマザーとして働いている人が多い訳ではないので、やはり仕事育児の両立に対する考え方のズレを感じることもあると思います。

 

後は、気負わないことです。

 

少し無責任な考え方ですが、育児との両立が難しかったり、求人掲載されている情報や面接の情報と違ったら、他の職場でパートとして働けばいいと思う事です。

 

特に介護施設は沢山なるのですから、あまり一つ固執しない事も大切です。

 

そのため、正社員として働く事を考えていても、最初はパートのフルタイムとして働き、正社員として働きたくなったら、正社員にして貰えないかと頼んでみるスタイルでもいいと思います。

 

ココがおすすめ

保育園や幼稚園に通う小さいお子さんを抱えている方の場合でしたら、保育所・託児所のあるような介護施設で働くことも考えてみると良いかもしれません。

 

介護の仕事で体力を使い切らないか

未経験者として挑戦するなら、最初の内はヘトヘトになると思った方がいいです。

 

体力勝負の仕事になりますし、慣れない仕事ということもあって、残業や夜勤がなくても帰宅したら疲労感が非常に残ると思います。

 

そういった点を考慮するなら、シングルマザーとして働くなら、事務職として働いた方が体力面の消耗が低いことから、両立しやすかもしれません。

 

ただし、ずっと介護職として働く場合は、資格手当の取得による時給の加算などで、事務職よりも稼ぐやすくなります。

 

また、事務職のデメリットとしては、正社員になりにくいという点があります。

 

事務職は利益を直接生み出す職ではないので、企業としては、解雇しやすい非正規として雇いたいのが本音で、あまり正社員として採用したくないのです。

 

そのため、パートや派遣の求人が多くても、正社員の求人が少ないのが事務職になります。介護職と違って、パートから正社員にもなりにくいと思った方がいいです。

 

逆に介護職の場合は、施設側が安定した人材の確保のために、積極的に正社員登用をしてくれることも珍しくありませんし、正社員登用してくれない場合は、安定した人材よりも、経営が上手く行っていないことによるコスト削減を考慮していることが多いかもしれません。

 

そのため、正社員よりもパートを優先する施設は業績が悪い可能性を考慮した方がいいかもしれません。

 

少し話は逸れましたが、介護の仕事の体力面の消耗は激しいですが、一方で仕事内容に関しては、一度覚えて、慣れて行けば、ルーティンワークに近いので、黙々と働きやすくもあります。

 

そのため、決められた仕事を黙々と働いて行きたい人にとっては、向いていると言えるかもしれませんし、その事を理由に介護職としてずっと働いている人も少なくありません。

シングルマザーの未経験者でも採用して貰えるか

未経験者の方でも採用して貰う事はできます。ただし、施設によっては、シングルマザーという点に不安を覚えて、採用を見送る施設もあります。

 

こういった点に関しては、介護職に限らずに、シングルマザーとして就職活動する上では覚悟すべき点と言えます。

 

面接の中でも、面接官から育児との両立が大丈夫なのかどうか、本人以外に面倒を見てくれる人はいるのか、1人で留守番をさせていられる年齢なのかどうかといった点を確認されると思います。

 

むしろ、確認されなかった場合は、「とりあえず採用したい」というほどに人手不足が深刻になっている可能性もあるので、こちらから見送った方がいい可能性もあります。

 

しっかりとしている施設程に、不安点をあなたに確認してくると思います。

 

その際は、嘘などはあまりつかないようにして、シフト面や時間帯などで融通を利かせて欲しい点については伝えて置くべきです(特に保育園の送り迎えなどがある場合は)。

 

パートの場合でしたら、未経験者でも、ある程度の融通を許容してくれる施設も多いと思います。

 

もし、面接の中で確認していくことが苦手だったり、希望する条件のみの求人に応募したいのでしたら、介護業界に特化した転職エージェントや派遣会社などを利用して、担当のスタッフの方に間に入って貰って、施設側に確認して貰ったり、希望条件に合う求人のみを紹介してもらうのもよいと思います。

 

自分で就職活動するとなると、どうしても求人のみの情報から応募することになるので、シングルマザーとして譲れない部分に関しては、面接時に直接聞くことになります。そうなると、許容して貰えない場合は、時間の無駄となってしまいます。

 

そのため、無料で利用できる転職エージェントや派遣会社などを通して、希望に合った求人を探して貰った方が、効率よく就職活動ができると思いますよ。

 

⇒シングルマザーの方にオススメの転職エージェント

 

介護職の給料で生活費が足りるか

未経験者の介護職のパートとしてだと、時給800~850円くらいが相場になるので、額面で12万円~14万円前後、正社員として働く場合は額面で16~18万円前後になると思います。

 

正社員の場合は、夜勤を含めた場合は、経験年数が浅くても20万円を超えるかもしれません。

 

即戦力となる実力と介護福祉士の資格を持ち、都市部で働くなら、将来的に時給1200円前後のパートとして働くこともできますし、正社員でも25万円前後を目指すこともできます。

 

給料が高い施設だと、時給1500円だったり、正社員で30万円ほどになるケースもありますが、そのだけ仕事も忙しく、責任も重くなることは覚悟してください。

 

そして、未経験者として入社して間もない時期は、給料が低いので、シングルマザーとして子供を育てていくには心もとない金額と言えます。

 

また、フルタイムで働けない場合は、月の収入が10万円を切る可能性もあります。

 

そのため、周りからの支援は必要と言えるかもしれません。

 

生活する中で一番負担になるであろう、家賃に関しては、公営住宅などで住むことができれば、月の家賃を2~3万円程に抑えられる可能性もあるので検討してみるとよいと思います(公営住宅に住むには、条件面をクリアし、抽選で選ばれる必要もありますが)。

 

母子家庭自立支援給付金

介護職として働いて行く場合は、介護職員初任者研修の資格、そして将来的には介護福祉士の資格を取得していくことで、資格手当を給料に上乗せすることができますし、もっと条件の良い介護施設に転職しやすくなります。

 

一方で、資格を取得するためには、スクールに通う必要があるので、金銭面の負担もあります。

 

その場合は、母子家庭自立支援給付金の利用の検討もしてみてください。

 

上記の制度の、自立支援教育訓練給付金でしたら、対象教育訓練を受講し、終了した場合は経費の60%(1万2千1円以上で20万円を上限)が支給されます。

 

介護職員初任者研修などの講座も受けられるので、費用を抑えて資格取得を目指すなら利用を検討してみましょう。

 

受講前に都道府県等から講座の指定を受けることもあるので、まずは住んでいる市の窓口に相談してみてください。

 

詳しい内容に関しては下記の厚生労働省のホームページで説明されているので、興味がありましたら参考にしてみて下さい。

 

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000062986.html

 

シングルマザーは介護職を選ぶべきなのか

仕事内容に関してのやりがいという部分に関しては、人によってそれぞれですので、ここではメリットとはカウントしないでおきたいと思います。

 

シングルマザーとして介護職を選ぶ具体的なメリットとしては、やはり職場に困りにくいのと、給料は高いとは言えませんが、安定して収入を得られる点と言えます。

 

高齢化が進んでいるので、働き場には困りません。介護施設だけではなく、訪問介護という選択肢もあるので、働き方を選ぶ事も出来ます。

 

介護福祉士やケアマネージャーといった資格を取得すれば、一定のスキルを持った介護士の証明にもなりますし、ケアマネージャーの資格があればケアプランの作成といった現場から離れて仕事をすることも可能です。

 

高収入が得られる職種ではないのですが、即戦力になれる力があれば、責任が軽い役職のない現場の女性の収入としては、それなりに稼げる職種と言えます。

 

また、子供の手がかからなくなった後に、正社員として雇用形態を変えて、出世をしていくことも視野に入れる事も出来ます。

 

人手不足の業界だからこそ、戦力になれる人は重宝されますし、今後もその傾向は変わらないと思います。

 

ただし、体力の消耗が激しいのは事実ですし、シフト制なので土日・祝日を休みにくい環境ではあります。

 

そのため、土日・祝日休めるような事務職よりも、子供の学校行事だったり、休みの日に合わせて遊びに行ける機会を見つけるのが難しいのは事実です。

 

シングルマザーとして働いて行く上で、介護職として働くべきかどうかは、自分の今の環境も考慮しながら決めるようにしましょう。

 

⇒転職の失敗を防ぐホワイト介護施設とブラック介護施設の判別方法!!

介護士の転職を成功させる方法

介護士のための紹介会社

1

クリックジョブ介護 評価 対応エリア 全国 ⇒クリックジョブ介護   介護士の転職を成功させて、待遇の良い職場で働いているような人は、どのような転職活動をしたのでしょうか?   結 ...

2

ハートフル介護士 評価 対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉など もし、あなたが「ホワイト企業が運営している介護施設に転職したい!」と思っているのでしたら、ハートフル介護士で転職活動しましょう。 &n ...

-介護業界の就職・転職事情

Copyright© 介護職員の人生設計-さようなら!ブラック介護施設 , 2019 All Rights Reserved.