介護職員が抱える仕事の悩み・不安

介護職の仕事内容はどういったもの?就職前に確認しよう!

投稿日:

介護職の仕事

これから介護職に就職する人や、検討している人の中には、今一どのような仕事をするのかビジョンが浮かんでいない方もいらっしゃると思います。

 

介護職の離職理由としては、、待遇の悪さだったり、人間関係のトラブルが原因として挙げられやすいですが、介護の仕事の向き不向きで辞める人もいらっしゃいます。

 

仕事をする前に誰かから聞かされたり、文字として読んで理解するのと、実際に仕事をするのでもギャップ発生すると思いますが、それでも事前に少しでも仕事内容を確認して、就職後のギャップを小さくしておくべきですし、向いていないと思えたら就職を考え直すようにしましょう。

仕事内容の一覧

・移動、移乗の介助

・排泄介助、トイレ誘導

・食事介助

・服薬介助

・口腔ケア

・入浴介助

・着替えの手伝い

・清掃

・洗濯

・リネン交換

・買い物

・夜勤の見回り

・利用者家族の相談相手

・利用者の方とお話

・書類作成(ケア記録、アセスメント、モニタリング、ヒヤリハットなど)

・レクリエーション

・送迎(デイサービス)

 

※施設によっては、当てはまらない仕事もあるのでご注意ください。

 

上記で全部という訳ではないですが、主な介護の仕事は上記になります。

 

身体介護の仕事から、介護とは違う生活援助やレクリエーションや話し相手といった利用者が毎日を楽しめるための場の提供、そして利用者の方がどのように過ごしたかの記録付けなど仕事内容は幅広いです。

 

出世していけば、新人の教育や職場の指揮なども任されますし、施設長やエリアマネージャーになれば営業や市や県との面談などもするようになります。

 

事務書類も記録以外にも、契約書の作成やプランの作成などに関わることもあると思った方がいいです。

 

とは言っても、新人として入社するなら、出世した後のことまで考える必要はありませんし、パートの方でしたら、施設長の働き方などは気にする必要もないでしょう。

 

そして、上記のように文字を羅列した名称だけ言われても、具体的な仕事内容が分からないと思います。そのため、介護職員の代表的な仕事をいくつかピックアップして説明して行きたいと思います。

移動・移乗の介助

車いすの移動

分かりやすいのは、転倒の不安がある利用者の方を見守りながら、必要に応じて手を貸して連れ添ってあげることが挙げられます。

 

また、車いすで移動する利用者の方場合は、利用者がベッドから車いすに移乗する補助をすることになります。

 

必要に応じて、利用者の目的地まで車いすを押してあげることになりますが、身体機能を落とさないためにも、基本的には利用者の方自身で移動して貰い、介護職員は見守りが中心になります。

 

寝たきりの方場合は、寝返りができない人のために体位変換をさせて頂くといった介護をすることもあります。

 

利用者が生活して行く中で、移動・移乗は必要不可欠です。

 

だからこそ、転倒や転落の事故も起こりやすいので、介護職として働く場合は、移動している利用者には気を配ることを忘れないことが大切になります。

 

なお、寝たきりの方や、車いす移動の方が多いとなると、利用者を支える機会が増えるので、介護士の腰の負担も重くなります。

 

若い内は大丈夫でも、年齢と共に辛くなってくるので、腰のメンテナンスには気を配ることも大切になります。

排泄介助・トイレ誘導

生きて行く上で避けられないのが、排泄になります。

 

そして、利用者の中には身体機能の低下から、自分で排泄をコントロールできなくなってしまっている方もいらっしゃいます。

 

そういった方のために、排泄介助は介護職として避けては通れない仕事でもあります。

 

介護の仕事を始めたばかりだと、臭いだったり、排泄物の処理に対する嫌悪から、辞めたくなる原因にもなりやすいです。

 

そして、利用者にとっても自分の排泄物の処理、そしておむつ交換は、非常に自尊心が傷つけられる行為でもあるので、トラブルにもなりやすい介助になります。

 

このトイレ介助に慣れることができるかどうかが、介護の仕事を続けて行く上での一つの難関と言えるかもしれません。

食事介助

食事は、利用者にとっては、大きな楽しみの一つと言えます。一方で、食事を喉に詰まらせるといった事故も発生しやすいです。

 

また、自分で食事ができない方に食事介助をすることも介護職の仕事になりますが、利用者のペースに合わせながら食事介助をして行く事は意外に難しいです。

 

特に他の仕事があるのが原因か、利用者のペースを無視して、食べさせようとする介護職員も時折います。虐待の原因にもなりますし、喉を詰まらせる原因もになります。

 

また、高齢者の場合ですと、飲食物や唾液が気管に入っていまう誤嚥も起こりやすいです。

 

そのため、誤嚥が起こらない姿勢で食べさせるように注意することも大切になります。

入浴介助

介護職員の仕事の中では、重労働に分類される仕事になります。

 

入浴は利用者の方の中にも楽しみにしている方もいらっしゃいますし、新陳代謝を促進させて、病気を防ぐ上でも重要になります。

 

一方で高齢者にとって入浴は負担が重いので、介護職員は常に利用者の体調に変化がないか気を配る必要があります。

 

また、利用者の方は裸になるため、利用者のプライバシーにも配慮する必要があり、排泄介助同様に利用者の精神面も気にする必要があります。

 

入浴介助には、洗髪や洗体なども含まれているので、利用者の数が多いと非常に体力を消耗します。

 

しかも、浴場は滑りやすいので、体力を消耗しながらも、利用者が転倒などしないように気を配る必要があるのでも、精神的にも辛い仕事と言えます。

レクリエーション

レクリエーションは、利用者の方に楽しみを提供するという目的もありますが、それ以外にも体を動かして貰ったり、頭を使って貰うことによる、心身の機能訓練の役割も担っています。

 

また、利用者同士の仲を深めやすいのも、やはりレクリエーションといった皆で楽しめる場と言えます。

 

だからこそ、どのようなレクリエーションをするかを考えて、準備し、実際に楽しんでもらえるように、どのようにレクリエーションの楽しみを伝えるか頭を悩ませる介護職員も少なくありません。

 

マンネリ化すれば、利用者のモチベーションも下がりますしね。

 

そのため、介護職員同士でアイディアを出しあったり、ネットや本などで調べる、または会社の研修などを通して講師から教わるなど、勉強が求められるところでもあります。

 

苦労が多い一方で、レクリエーションが成功して、利用者に楽しん出貰えると、非常に達成感を得られる仕事もあります。

夜勤の見回り

介護職の仕事に挑戦する際に、不安に感じる一つが夜勤になると思います。

 

基本的には、16時間勤務で、夕方の16~17時から勤務スタートで、翌日の8時~10時頃に退勤することが一般的になると思います。

 

夜勤の1日の仕事内容としては、

 

⇒介護施設の夜勤の仕事は楽なのか忙しいのか?

 

で詳しく述べているで、気になる方は確認してみてください。

 

施設によっては、夜勤専従のアルバイト・パートの方を雇っていることもあり、手当も高く設定るされていることが多いので、生活・睡眠バランスは乱れやすいですが、稼ぎやすいのが特徴と言えるかもしれません。

 

仕事内容のまとめ

最初に載せた一覧からいくつかピックアップして、具体的な説明してみましたが、少しでもあなたの参考になれば嬉しいと思っています。

 

介護職仕事は、身体介護以外にも、生活援助といった掃除、洗濯、買い出し、リネン交換なども仕事内容になります。

 

また、書類の仕事としては、利用者の1日の記録を記載したり、ヒヤリハット(事故につながりそうなできごとの記載)、事故報告書、モニタリング、アセスメントなどもあります。

 

書類仕事に関しては、役職によっても担当が違いますし、役職のない介護職員の場合は、それ程量はないですが、それでも現場の介護士事をしながら、こなしていくは多少負担になるかもしれません。

 

また、どのような利用者がいるか、どれだけ介護職員の人数がいるか、介護技術の高いベテランの介護職員がどれくらいいるかといった面でも、仕事の忙しさは変わってきます。

 

そのため、介護職として働く場合は、ブラック企業が運営している介護施設に就職しないように、慎重に就職活動する必要があることを忘れないようしてください。

 

⇒転職の失敗を防ぐホワイト介護施設とブラック介護施設の判別方法!!

 

なお、仕事を始める前に、事前に介護の仕事を学びたい場合は、介護職員初任者研修といった介護の基礎(実技もあり)を学べる資格取得を目指してもいいかもしれません。

 

ただし、資格取得のために、スクールに通う費用も掛かるので、就職後に「自分にはやっぱり向いていなかった」といった理由で辞めることになったら、資格取得のための出費が無駄になるので、その点は注意してくださいね。

 

⇒介護職員初任者研修の資格を取得するメリット

介護士の転職を成功させる方法

介護士のための紹介会社

1

クリックジョブ介護 評価 対応エリア 全国 ⇒クリックジョブ介護   介護士の転職を成功させて、待遇の良い職場で働いているような人は、どのような転職活動をしたのでしょうか?   結 ...

2

ハートフル介護士 評価 対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉など もし、あなたが「ホワイト企業が運営している介護施設に転職したい!」と思っているのでしたら、ハートフル介護士で転職活動しましょう。 &n ...

-介護職員が抱える仕事の悩み・不安

Copyright© 介護職員の人生設計-さようなら!ブラック介護施設 , 2019 All Rights Reserved.