介護業界の就職・転職事情

リストラから始まる中年男性の介護職への挑戦

投稿日:

リストラ

会社をリストラされてしまって、これから先どやって生活していこうか……

 

同業他社に転職できればいいが、中高年という年齢になってしまった自分雇ってくれる企業なんてあるのだろうか?

 

同業他社へ応募してみてはいいが、面接どころから、応募書類も通らない……なんて現状に絶望している人もいるかもしれません。

 

そういった状況の中で検討することになるのが、中高年である30代後半、40代でも採用してくれる可能性があるのではないかと思える人手不足の業界と言えます。

 

そして、代表的な一つが介護職になります。

 

ただし、介護職以外にも就職できる選択肢はあります。高齢者の介護という仕事は、向き不向きあるので、簡単に選ぶことはオススメしないので、このページを参考にした上で、改めて本当に介護職でいいのか考えてみて下さい。

介護業界以外にも就職しやすい業界はある

人手不足の業界・職種としては、介護業界以外にも、運送・倉庫業界、飲食業界、建設業界、警備、タクシー運転手などが挙げられます。

 

IT業界も人手不足ですが、IT業界は若手は別ですが、中高年だと即戦力になれる能力が求められるので難しいと思った方がいいです。

 

逆に、上記した人手不足の業界は、そこまで年齢が足を引っ張らない業界になります(体力がいる業界が多いのは事実ですが)。

 

注意点としては、運送の場合はトラックを運転するために大型自動車運転免許が求められますし、倉庫で働く場合もフォークリフトの免許などがあった方が給料が高くなります。

 

タクシーに関しても普通第二種の免許が必要になります……が、タクシーの運転手を目指す場合は、企業側が費用を肩代わりしてくれたり、援助してくれる事もあります(注意点としては、肩代わり・援助して貰った場合は一定期間働く制約が発生します)。

 

給料だけを考えるなら、免許の取得が必要ですが、運送・倉庫系やタクシーの運転手などの方が、初任給は高いと思った方がいいです。

 

逆に介護職や飲食店のスタッフなどは、初任給が低い傾向があるので、就職時の初任給が20万円を下回ることも覚悟する必要があります。

 

人手不足の業界になるので、向き不向きの適正によって長期的に働けるかどうかが分かれやすい仕事になりますが、家族を養う必要がある人などは、向き不向きよりも収入を考える必要がある人もいると思うので、よく考えて選択するようにしましょう。

 

なお、介護職に就職した男性の方が、給料の低さから、トラックの運転手に転職することは珍しくなかったりします。

 

介護の仕事は、社会貢献性もあるので、選びたくなる人もいますが、初任給が低い傾向がある上に、高齢者の方や一緒に働く介護士との人間関係もあるので、単純な肉体労働よりも疲れてしまう人も珍しくありません。

 

また、排泄介助といった仕事がどうしても耐えられないという男性も少なからずいます。

 

介護職の仕事内容に関しては、コチラで詳しく説明しているので、参考にしてみて下さい。

介護職を選ぶ事のメリット

仕事の向き・不向きや、やりがいといった側面を除外した、介護職を選ぶ事のメリットとしては、比較的に出世を目指す人が少ない業界になるので、施設長などになりやすい……といった点になります。

 

また、介護技術をしっかりと磨き、体力を維持できれば、60代近くになっても現場で働くことも可能な点と言えます。

 

後は、夜勤に沢山でる体力があるなら、それなりに稼ぐことも可能な点と言えるかもしれません。

 

また、最近は国が介護士の給料を上げるために、処遇改善加算の見直しを進めているので、給料が上がって行く可能性もあります。

 

今の介護業界でも、年収500~600万円を稼げないわけではないのですが、出世して行く事が前提なのと、経験年数が10年を超えたようなベテランにならないと、なかなか難しいです。

 

そのため、30代後半や40代からだと、年齢的に年収500~600万円を目指すのが難しいこともあるので注意が必要です。

就職前に資格を取得しておくべきか

介護職を選ぶことを決めたのでしたら、資格の取得をしていくことは必須と言えます。

 

問題なのは、就職前に取得するか、就職後に取得するかになると言えます。

 

最初に取得するべき資格は、介護職員初任者研修になります。

 

就職後に取得するメリットとしては、すぐに就職活動する事ができる点と、やっぱり介護が向いていないと感じた際に、資格取得のための費用を無駄にせずに済む点と言えます。

 

デメリットとしては、働きながら取得する場合は、仕事の合間を縫って講義を受けることになるので、負担が重いという点になります。

 

事前に取得した場合のメリットとしては、多少就職しやすくなる点と、資格手当が貰えるので、少しだけ給料が増える点と言えます。

 

デメリットとしては、前述したように、すぐ辞めたくなった場合の資格のために支払ったお金になります。

 

どちらにもメリットとデメリットがあるので、検討した上で選びましょう。

 

⇒介護職員初任者研修の資格を取得するメリット

 

求人を選ぶ際の注意点

介護業界で働く上で絶対に慎重にならなければないのが、職場選びになります。

 

リストラされて、とにかくすぐに働き始めたいという気持ちから、ハローワークなどで適当に求人を選んで応募することは絶対に辞めましょう。

 

ブラック企業が運営している介護施設の餌食になる可能性が跳ね上がります。

 

長期的に働いて行く介護施設を選ぶ場合は、規模が小さい介護施設を選ぶのではなく、規模が大きい介護施設を選ぶようにしましょう。

 

小さい規模の介護施設で利益を上げることは、現在難しくなっていますし、役職も少ないので、出世も難しいです。

 

大手の有料介護施設や、福祉法人が運営している特養や老健などに就職することをオススメします。

 

仕事は激務になりますが、比較的に出世しやすいですし、規模が大きい介護施設を運営しているということは、それだけ資金があるという証明もあります。

 

特養や老健といった福祉法人が運営している場合は、国が委託しているので、それだけ信頼あれている法人が運営しているとも言えるので、安心して働きやすいです。

 

規模が小さい、個人事業主がやっているようなデイサービスなどに就職すると……給料が低いのに、シフトもギリギリで激務になることが多いので注意しましょう。

 

後は、求人の探すならハローワークはサブとして利用して、かいご畑といった介護業界に特化した転職エージェント等を利用して求人を探すことをオススメします。

 

条件はありますが、資格取得の費用の援助などもしてくれるので、興味がありましたら下記の記事も合わせて参考にしてみてください。

 

⇒かいご畑:無資格・未経験者から介護職を目指せる!

 

就職後に中高年だからこそ覚悟すべき事

30代後半、40代以上から、未経験者として介護職に就職する場合には、覚悟するべき点がいくつかあります。

 

仕事の忙しさ、前職からの給料の減額などは当たり前ですが、それとは別に他の介護職員との人間関係でも覚悟すべきことがあります。

 

30代後半から、または40代以上からのスタートになると、どうしてもリストラや倒産などが原因による就職した……と、思われているのではないかと不安になる点が挙げられます。

 

特に介護の現場は女性が中心になるので、女性からそのように思われているのではないかと感じて、辛くなってしまう人もいます。

 

また、仕事を教えて貰う上でも、他に男性介護職員がいないと、年下の女性の介護職員から仕事を教えて貰うことになります。

 

全く問題ない人もいると思いますが、もし気になってしまうのでしたら、介護職として働いて行くのは難しいと思った方がいいかもしれません。

中高年で就職した男性が短期間で退職することは珍しくない

リストラといった憂き目にあって、焦って介護職に就職した人が退職していくことは珍しくありません。

 

ただし、そうなると短期退職の職歴がついてしまうので、次の転職探しが、更に難航するリスクもあります。

 

収入が0になることの恐怖もあると思いますが、失業保険があるのでしたら、下手に焦って就職するよりも、収入が落ちないこともあります。

 

次の職場で定年までずっと働ける職場に就職するためにも、焦らず転職活動しましょう。

 

また、業界・職種を決めたとしても、目に付いた求人に安易に応募するのではなく、しっかりと待遇面や企業の評判を確認して応募してください。

 

できれば、企業の雰囲気や求人に載っていない情報も教えてくれる、紹介会社などを利用することをオススメします。

 

リストラ後の再就職先を探すからこそ、慎重に就職先を見定めるようにしましょう。

介護士の転職を成功させる方法

介護士のための紹介会社

1

クリックジョブ介護 評価 対応エリア 全国 ⇒クリックジョブ介護   介護士の転職を成功させて、待遇の良い職場で働いているような人は、どのような転職活動をしたのでしょうか?   結 ...

2

ハートフル介護士 評価 対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉など もし、あなたが「ホワイト企業が運営している介護施設に転職したい!」と思っているのでしたら、ハートフル介護士で転職活動しましょう。 &n ...

-介護業界の就職・転職事情

Copyright© 介護職員の人生設計-さようなら!ブラック介護施設 , 2019 All Rights Reserved.