介護業界の就職・転職事情

仕事が楽な介護施設の選び方

投稿日:

「仕事が楽」という言葉には、多くの人が魅かれやすい一方で、非常に胡散臭くも感じる言葉だと思います。

 

また、楽な仕事には何かマイナスがあったり、実は自分が思った程に楽ではないのではないかといった不安を感じると思います。

 

介護職員にとって、楽な介護施設の選び方としては、あなたにとってどれだけ向いている介護施設を選ぶことができるかどうか……だと個人的には思っています。

 

正直に言えば、純粋に仕事量が少ないような介護施設もあるので、待遇面でのマイナスもあります。

 

その点も考えた上で、このページを読み進めて頂けると幸いです。

 

なお、給料に関しての、介護施設の違いに関しては、

 

⇒介護施設の種類によって給料の平均は変わるのか

 

で詳しく述べているので、一緒に読んでいただけると幸いです(このページでも給料に関して触れるますが)。

 

介護の仕事量が少ない介護施設(施設以外もあります)

・グループホーム

・サービス付き高齢者向け住宅(高齢者向けの住宅)

・登録型訪問介護のホームヘルパー

 

代表的な施設……というしょりも職場としては、上記の3つになります。

 

共通しているのは、重度の要介護者を相手に仕事をする機会が少ない職場という点です。

 

グループホームの仕事が楽と言われる理由

グループホームは、認知症高齢者の方を対象にした施設であり、集団行動がとれるような方で、ある程度自立して生活ができる人が生活をしています。

 

また、受け入れる入居者の数も基本的に少ないので、家族のように入居者同士で過ごして貰い、介護職員はそのサポートになります。

 

おむつ交換、トイレ誘導、食事介助、入浴介助といった身体介助の仕事は当然ありますが、認知症の緩和と進行の抑制がグループホームの目的にもなるので、利用者ができる範囲内で、役割分担をしてもらうのもグループホームの特徴と言えます。

 

なお、身体状態が悪化した場合は退去してもらうことになるので、重度ケアのための仕事をする機会があまりないと言えます。

 

介護を受けながら、自立してある程度生活ができることが条件になっているからです。

 

そのため、介護の仕事の大切ですが、利用者が楽しく過ごせるように、生活支援やレクリエーションに対する重要度が、他の施設よりも高いと言えるかもしれません。

 

また、認知症の方が入居するので、認知症に対する知識は必須と言えます。

 

寝たきりの方や、自立して生活できない人が入居しないので、身体介助による疲労度は少ないことから、体力面だけで言えば、比較的に仕事は楽と言えます。

 

ただし、入居者が少なく、全体の仕事量が少ない代わりに、現場で働く介護職員もギリギリになります。

 

また、雇っている人が少ないということは、夜勤も回ってきやすいので、その点は覚悟しておくよにしましょう。

サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅は、施設ではなく、高齢者向け住宅になります。簡単に言えば住居と言えます。

 

サービス付き高齢者向け住宅に求められる義務としての仕事は、安否確認と生活相談のサービスのみなります。

 

ただし、これだけだと他の介サービス付き高齢者向け住宅との差別化ができないので、身体介助や室内の清掃、買い物の代行などの仕事もすることになります。

 

そのため、仕事内容は職場によっても変わると言えます。

 

しかし、サービス付き高齢者向け住宅には同じ法人のデイサービスや訪問介護のサービスを利用して貰う事が多いので、サービス付き高齢者向け住宅に所属しているのでしたら、別の事業所の訪問介護のヘルパーの方が介護の仕事をしたり、日中はデイサービスでほとんどの入居者がいない……なんてこともあります。

 

正社員の場合は異動などで職場が変わることもありますが、パートの場合はサービス付き高齢者向け住宅のみで働くとなると……職場次第では非常に楽に働けると言えるかもしれません。

 

問題としては、職場によっては全く介護の仕事がなく、生活のサポート、清掃、事務仕事のみで終わるので、介護技術を全く磨くこともで、経験を活かすこともできないので、その点は注意してください。

 

逆に正社員の場合は、異動というカードがあるので、サービス付き高齢者向け住宅でずっと働けると思って就職しない方がいいかもしれません。

 

なお、サービス付き高齢者向け住宅の仕事に関しては、

 

⇒サービス付き高齢者向け住宅は介護の仕事が少ないのか

 

でも詳しく述べているので参考にして頂けると幸いです。

人間関係に悩まされにくい訪問介護の仕事は

訪問介護のホームヘルパーの仕事のメリットは、空いた時間に仕事があれば働く事ができるのと、1人訪問することができるので、施設介護と違って他の介護職員との人間関係に悩まされない点と言えます。

 

1人ですることになるので、自由度が高い一方で、責任が付きまといます。

 

そのため、未経験者の方にとっては、仕事に慣れるまでは、かなりのプレッシャーの中で仕事をする事いなると言えます。

 

一方で、利用者の方と信頼関係が構築できて、仕事にも慣れることができたのでしたら、むしろ施設介護よりも楽とも言えます。

 

仕事内容に関しては、利用者のケアマネが作成したケアプラン通りになり、突然大幅に変わる事も少ないので、慣れたらルーティンワークとも言えます(介護保険の制度変更で仕事内容が大幅に変ることもありますが)。

 

良くも悪くも、利用者側との信頼関係を構築できるかどうかで、仕事が楽になるかどうかが大きく変わる職場と言えるかもしれません。

 

なお、あまり残業が発生しない職場であるので、1日のスケジュールを予測しやすいと言えます。

仕事が楽な介護施設のデメリット

訪問介護の時給は高いのですが、サービス付き高齢者向け住宅とグループホームの介護職員の時給は他の介護施設よりも低い傾向があります。

 

給与に関しても、同様です。

 

そのため、お金を少しでも稼ぎたい人にとっては、あまりオススメできないと言えます。

 

ただし、出世してグループホームの施設長などになれたら話は別です。

 

役職のない介護職員を比較すると、重度ケアが不要な職場程に時給が低い傾向がありますが、一方で施設長といった管理職の立場同士で比較すると、施設の種類によって大きな差は発生しにくくなります(どちらかと言えば、運営している法人の大きさで変ります)。

 

それよりも、正社員で働くなら、介護施設自体がブラックではないか、将来性はあるのかどうかという点にもっと気を配った方がいいかもしれません。

夜勤が嫌ならデイサービスか訪問介護を選ぶ

登録型の訪問介護の場合は、あなた自身が働きたい時間を事業所に伝えて、シフトに入れて貰う形になるので、夜勤を回避することはできます。

 

デイサービスは、基本的に朝から夕方のサービス提供になるので、夜勤は不要です。ただし、サービス付き高齢者向け住宅が併設していて、同じ法人で運営している場合は、サービス付き高齢者向け住宅の夜勤を任されることもあるので、その点は注意した方がいいかもしれません。

 

また、デイサービス事態は、サービス提供時間が限られていることから、非常に時間に追われる中での仕事になるので、激務になりやすいです。

 

そのため、仕事が楽とは決して言えないと思います。

要介護度が高い高齢者が多い施設の楽な部分とは

特別養護老人ホームは、要介護度が高い人が多く、入居者も多いので激務と言えます。老健なども、同様に要介護度が高い人がいますし、看護師や医師もいるので、人間関係も複雑になりやすいと言えます。

 

一方で介護の仕事だけに追われることになるので、入居者とのコミュニケーションよりも、効率良く必要な介護を提供していくことが優先されやすいです。

 

そのため、あまり入居者と話したり、毎回凝ったレクリエーションを考えるのが苦手な人などにとっては、比較的に働きやすいとも言えます。

 

また、時給も高いですし、正社員の方なら出世による将来性もあるので、他の介護施設よりも将来の不安を軽減できると言えるかもしれません。

 

介護技術を磨くこともできるので、転職する際も、即戦力として活躍できるので、応募できる選択肢が多いとも言えます。

 

そのため、長期的に介護士として働いていくなら、結果的に最初の内は特養などで激務に耐えた方がいいかも……しれません。

 

⇒あなたの希望条件に近い介護施設を紹介してくれるオススメ転職エージェント

介護士の転職を成功させる方法

介護士のための紹介会社

1

クリックジョブ介護 評価 対応エリア 全国 ⇒クリックジョブ介護   介護士の転職を成功させて、待遇の良い職場で働いているような人は、どのような転職活動をしたのでしょうか?   結 ...

2

ハートフル介護士 評価 対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉など もし、あなたが「ホワイト企業が運営している介護施設に転職したい!」と思っているのでしたら、ハートフル介護士で転職活動しましょう。 &n ...

-介護業界の就職・転職事情

Copyright© 介護職員の人生設計-さようなら!ブラック介護施設 , 2019 All Rights Reserved.