介護業界の就職・転職事情

フリーターと正社員の介護職員ならどちらが待遇が良いのか

投稿日:

フリーターとして働いている人の中には、そろそろ正社員として落ち着かないといけないと焦りを感じたことから、人手不足で正社員になりやすそうなら介護職員に就職することを考えている人もいらっしゃると思います。

 

一方で介護職員の賃金の低さだったり、ブラックなイメージから、フリーターよりも待遇が悪かったりしたらどうしようと不安を抱えている人もいらっしゃると思います。

 

就職した直後はフリーターのフルタイムよりも給与が下がる可能性は高い

未経験者として就職した介護職員の初任給は残念ながら低いです。無資格だと、額面で20万円いかないことも珍しくありません。

 

そのため、フリーター期間が長く、時給も高い人となると、1カ月の給与に関しては、フリーターとして働いていた方が良いかもしれません。

 

また、介護職員の正社員は、アルバイト・パートの方のシフトを優先して、休日を設定していくので、プライベートの予定も変更されやすい側面があります。

 

そして、慣れない介護の仕事によって、「仕事の忙しさと待遇が釣り合っていない。割合わない」と思うことになると思います。

 

ただし、長期的な視線で見れば、介護職員の正社員とフリーターなら、やはり介護職員の正社員の方が待遇が良くなって行きます。

資格手当・昇給と出世

介護職員の場合は、介護職員初任者研修や介護福祉士の資格を取得すれば、資格手当が付与されます。

 

介護職員初任者研修に関しては、1カ月の給与に3000~5000円くらいが相場で、介護福祉士が10,000~15,000円程が相場になります。

 

また、1年ごとの昇給もありますし、出世すれば昇給金額が増えたり、役職手当の恩恵もあります。

 

そして、フリーターと違ってボーナスも入ってきます。

 

そのため、勤続年数を重ねる程に、フリーターと介護職員の正社員との待遇差は広がって行きます。

 

介護主任や施設長といった出世を目指さず、一般の介護職員でも、額面25~30万円までならなんとか目指すことはできます。

 

加えて厚生年金の加入といった社会保険完備を考慮するなら、やはりフリーターとして働くよりも遥かに安心して働く事ができると思います。

無理に介護職員を目指す必要はない

なぜ、介護職員に就職することを考えているのか?

 

もし、正社員になりやすそうだから……という理由なら、安易に介護職を選ばずに、他の業種も検討してみることをオススメします。

 

今まで述べた事は、介護職に限らず、一般的な正社員にも当てはまる比較になります。

 

要は、フリーターよりも正社員の方が安定して、そして高い給与で働けるというお話になります。

 

そして、フリーターからの就職先で我儘が直単に言えなくなるのは、30歳以上になります。

 

30歳以上の方を未経験者として採用する企業は非常に少なく、まして正社員の経験が無い方となると、残念ながら応募書類の段階で落とす企業も決して少なくないです。

 

逆に言えば、20代の方でしたら、まだまだ応募できる求人は沢山あるという事です。

 

実際に、20代のフリーターの方を対象にしたら、無料で利用できる転職エージェントも沢山あります。

 

それだけ若い20代の方は需要があるという事です。

 

本気で介護職の仕事に挑戦したいという気持ちがあるのでしたら、介護職を選ぶべきですが、消去法で介護職を選ぼうとしているのでしたら、まずは20代に特化した転職エージェント等利用して、あなたがどのような求人に応募できるのかをまず検討してみてください。

 

介護職の仕事は排泄介助といった人によっては慣れることができない仕事もあり、向き不向きによって続けられるかどうか変わってくる部分があります。

 

そのため、転職エージェントのスタッフなどと相談して、あなたがどの業種に挑戦していきたいかよく考えた上で、就職先を選ぶようにしましょう。

 

⇒オススメの20代限定の転職エージェント

焦り過ぎた就職活動はしない

このページを見ているということは、フリーターとして働き続けて、年齢的にフリーターのままでは不味いと本気で考えていることから、焦っている人も多いと思います。

 

注意して欲しいのは、焦って、「どこでも良いから正社員として働きたい」と思ってしまう程に、ブラック企業に就職してしまいやすいです。

 

また、正社員として働いた事が無い人ですと、どれくらいの年間休日があればいいのか、福利厚生や給与はどれくらいか適正なのかを今一判断することができないこともあると思います。

 

給与に関しては、低くても額面で18万円はないと一人暮らしをする上でも、将来性を考えても厳しいと思った方がいいでしょう(地域によっても平均給与は変わるので参考の一つと考えて下さい)。

 

なお、給与を確認する際は、固定残業代が含まれてしまっていないかどうかもチェックしてください。

 

固定残業代が含まれているのでしたら、未経験者でも22~25万円前後の給与になることも珍しくありません。

 

ただし、固定残業代以上の残業代が支払われないリスクもあるので、できる限り残業代が全額支払われる職場で働きましょう。

 

休日数に関しては、年間100日を下回る場合は、非常に少なく、ブラックだと判断してもいいと思います。

 

103~105日前後でも、やはり決して多いとは言えません。実際には私は、年間休日が100日前後の介護施設で働いていたことがありますが、プライベートで友人と遊びに行くのが非常に難しかったです。

 

そのため、110日前後、プライベートを充実させたないなら120日前後を目安にすると良いと思います。

 

福利厚生に関しては、とりあえずは社会保険である、厚生年金、健康保険、雇用保険、労災保険の4つが完備されているかどうかだけでは絶対に確認しておくようにしてください。

 

とりあえずは、ここまでに述べた待遇は、介護職として働くか、または他業界で働くかに関わらずに注意して確認してください。

 

詳しくは

 

⇒転職の失敗を防ぐホワイト介護施設とブラック介護施設の判別方法!!

 

でも詳しく述べているので、参考にして頂けると幸いです。

 

焦る程に求める待遇のハードルが下がり、普通の労働者が選ばないような求人応募してしまいます。

 

なぜなら、私が最初に就職した介護企業がそうだったからです(笑)

 

応募する際は、多少休日が少なくても、給与が少なくても大丈夫と思っていても、仕事をしていくと、すぐに不満とストレスで胸がいっぱいになります。

 

結果的に短期退職に繋がります。

 

私の場合は、1年と少し耐えて、転職しましたが、やはり余計ない時間を浪費したなと今でも思っています。

 

あなたは、そのようにならないためにも、フリーターだからなどと考えずに、本気で働きやすい就職先を探すようにしましょう。

 

⇒かいご畑:無資格・未経験者から介護職を目指せる!

30代の場合はブラック企業でも我慢すべきなのか

20代と違って、応募できる求人は非常に制限されます。35歳までは応募条件にしている求人もありますが、やはり20代の方が応募していて、同じフリーターといった土台になると、どうしても20代が圧倒的に有利になります。

 

また、20代に特化した転職エージェントを利用することもができないのも、痛いと言えます。

 

それでも、大手の求人サイトなどを利用して根気強く応募して行くか、介護職を目指すなら、介護業界に特化した転職エージェントを利用するのもよいと思います。

 

介護職は、未経験者に対しての年齢制限の縛りが緩いです。そもそも、平均年齢40代前後になるので、30代はまだ若い部類になります。

 

そのため、挑戦することは十分できます。

 

ただし、ブラックな介護施設が多いので、介護職に挑戦する場合は、介護業界に特化した転職エージェントなどを利用して、少しで条件の良い介護施設に就職しましょう。

 

転職エージェントの場合は、資格取得サポートもあるので、介護職員初任者研修などの資格を負担を抑えて取得できる可能性もあります。

 

ブラックな介護施設に就職してしまうと、やはり短期退職のリスクを負う事になります。

 

30歳以上になると、20代以上に焦りを感じると思いますが、短期退職の職歴がつくと更に就職が難しくないので、冷静に就職活動することを心がけて下さい。

 

⇒あなたの希望条件に近い介護施設を紹介してくれるオススメ転職エージェント

介護士の転職を成功させる方法

介護士のための紹介会社

1

クリックジョブ介護 評価 対応エリア 全国 ⇒クリックジョブ介護   介護士の転職を成功させて、待遇の良い職場で働いているような人は、どのような転職活動をしたのでしょうか?   結 ...

2

ハートフル介護士 評価 対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉など もし、あなたが「ホワイト企業が運営している介護施設に転職したい!」と思っているのでしたら、ハートフル介護士で転職活動しましょう。 &n ...

-介護業界の就職・転職事情

Copyright© 介護職員の人生設計-さようなら!ブラック介護施設 , 2019 All Rights Reserved.