介護職員が抱える仕事の悩み・不安

介護職として何歳まで働き続けることができるのか?

投稿日:

介護職として働いている人は、若い人なら10代の方もいますし、年輩の方ですと60歳以上の人もいます。

 

もちろん、管理職の方を除いた、現場の介護職員に限ったとしてでもです。

 

腰の負担や筋力、そして体力のいる仕事ではあるので、決して50代、60代でもできない仕事ではないのです。

 

実際に、私の勤めている介護企業の施設では、60歳を過ぎた後も、有期雇用で、1年ごとの更新ですが、現場の介護職員として続けている人はいらっしゃいます。

 

そのため、現場の介護職員として60歳前後まで働き続けることは十分可能だと思ってもよいと思います。

 

ただし、誰にでも当てはまるかといわれると、それは少し違います。

腰痛や体力の限界から介護職を離れる人も多い

30代、40代で腰痛だったり、体力の限界から、50代以降の働き方などを危惧して、ケアマネージャーを目指したり、管理者側として働けるように出世を目指す人もいらっしゃいします。

 

また、年齢面で可能なら、他業界にも転職する人はいますし、共働きの人でしたら、派遣の事務などにキャリアを変える人もいます。

 

体力も腰痛の症状も、そして将来の不安に対する大きさも人によって違ってきます。また、正社員として働いている人と、パートといった非正規雇用で働き続けることを考えている人でも変わってきます。

 

特に正社員としての仕事量と非正規雇用で、月に入るシフト数も違うのですから、体にかかる負担も大きく異なってきます。

 

そのため、誰でも60歳前後まで現場の介護職員として働けるとは思わない方がいいかもしれません。

 

特に正社員として、現場の介護職員として働き続けることは難しいかもしれません。

 

やはり、50代、60代で働いている介護職員の多くは、フルタイムで働く訳ではなく、非正規雇用として余裕のあるシフトを取っている人が多いですし、取らされてしまっている人もいます。

 

本人がフルタイムで働きたいと思っていても、体力面の不安から施設長が任せられないこともあるのです。

 

だからといって、楽な仕事ばかりさせて、フルタイムで働かせたりしたら、若い人が不満を抱えることになりますし、人件費の負担も増えます。

 

そのため、定年まで正社員として働くことは可能ではあるかもしれませんが、相当の信頼と、健康状態が必要になると思いましょう。

正社員として働くなら年齢に見合った役職を受けいれる

厳しことを言えば、現場の介護職員は、サラリーマンで言えば役職のない平社員になります。

 

中途の未経験者として転職してきた人は別ですが、20代、30代から介護職として就職したのでしたら、40代には介護主任や施設長、エリアマネージャーなどに出世しておくべきです。

 

また、ケアマネージャーといった専門職の仕事ができるように、資格を取得するなどもよいと思います。

 

現場で定年近くまで働く場合は、共働きをしている女性で、出世をすると家庭の仕事との両立ができず、必要に応じて非正規雇用として働くことになっても大丈夫な人な人が中心だと思ってください。

 

または、やはり中途として40代、50代の未経験者として入社したような方です。

 

そのため、今20代、30代で給与を上げて行きたいと思っているなら、何歳まで働けるかを考えるよりも、出世していける職場で働き、年齢に見合った仕事ができるように自分が出世できるかどうかを考えるべきです。

 

施設長候補の求人や幹部候補の求人もあるので、正社員として定年までしっかりと働くのでしたら、このようなキャリアアップが狙いやすい求人に応募すると良いかもしれません。

 

また、40代以降となると、出世は難しくなりますが、定年まで正社員として稼いでいくなら、施設長に出世できるチャンスがないわけではないので目指すようにしましょう。

非正規雇用なら訪問介護として働く事も考える

登録型の訪問介護の場合でしたら、50代の主婦の方も非常に多くホームヘルパーとして働いている人もいます。

 

実際に私の母親も、50代半ばですが、訪問介護のヘルパーとして週4程シフトに入って働いています。

 

忙しくない訳ではありませんし、1対1の介護になるので責任もありますが、1人で多人数の入居者を見る施設介護よりも体力の消耗を少ないですし、身体介助の頻度も少ないので、腰の負担も軽いです。

 

もちろん、どれだけガッツリと働くかでも負担は変わりますが、登録型の派遣は、自分の空いている時間を申告して、訪問先を紹介して貰う形になるので、比較的に自分のペースで働きやすいです。

 

介護職員初任者研修の資格があり、施設介護の経験があれば、訪問介護側に移ることは、それ程難しくないので、もしパートとして施設介護を続けるのに負担を感じるようなら、訪問介護として働くことを検討してもよいと思います。

日本全体で定年退職までの期間は伸びている

年金は原則的に65歳から支払われます。60歳から受け取ることもできますが、大幅に減額します。

 

そのため、65歳から貰うのが原則で、企業側も定年の60歳を超えたら、再雇用する形で、給与が大幅に下がることを前提に雇用を継続する方法を取っていることが多いです。

 

そして、将来的には年金が支払われる年齢が更に引き上げられ、私達労働者はより企業で働く事が求められる可能性が高いです。

 

そう考えると、介護職の正社員としてずっと働き続けることを考えるなら、絶対とは言いませんが、やはり出世していき、現場中心の仕事の介護職から抜け出しておくべきと言えるかもしれません。

 

出世した方が楽と言う訳でもありませんし、現場の仕事から完全に抜け出せるという訳ではありませんが、力仕事は減ると思いますし、企業側も年齢面を配慮してくれる事も期待できます。

 

もし、今の職場で働き続けても出世できるビジョンがないのでしたら、介護業界に特化した転職エージェント等を利用して、もっと働きやすく、希望に近い条件と環境を示してくれる職場に転職する事も考えて下さい。

 

⇒あなたの希望条件に近い介護施設を紹介してくれるオススメ転職エージェント

介護士の転職を成功させる方法

介護士のための紹介会社

1

クリックジョブ介護 評価 対応エリア 全国 ⇒クリックジョブ介護   介護士の転職を成功させて、待遇の良い職場で働いているような人は、どのような転職活動をしたのでしょうか?   結 ...

2

ハートフル介護士 評価 対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉など もし、あなたが「ホワイト企業が運営している介護施設に転職したい!」と思っているのでしたら、ハートフル介護士で転職活動しましょう。 &n ...

-介護職員が抱える仕事の悩み・不安

Copyright© 介護職員の人生設計-さようなら!ブラック介護施設 , 2019 All Rights Reserved.