介護業界の就職・転職事情

介護職員になるための面接選考で失敗しないための準備

投稿日:

 

介護職員として就職・転職したいけど、応募書類は突破できても、面接で落とされてしまう人もいらっしゃると思います。

 

「介護職員=人手不足=就職・転職は簡単」

 

と思っている人だと、面接で失敗し続けて、採用されないと非常に落ち込むことになると思います。

 

まず勘違いしないで欲しいのが、就職が簡単なのは、あくまでも深刻な人手不足だったり、オープニングスタッフの応募者数が少ない場合だったりするケースになります。

 

施設運営そのものがままならない程に切羽詰まっていたりすると、多少問題のある人でも施設側は採用せざるを得ないケースもあります。

 

そして、介護業界は施設同士の競争率が高くなっています。

 

運営が上手く行っている施設は、利用者に質の高いサービスを提供するために利益を還元し、新しい施設のオープンも目指していきます。

 

そして、優秀な介護職員の採用と離職率を押さるために、待遇も上げて行こうとします。

 

そうなれば、競争に負けた施設は、利用者も減り、優秀な職員も奪われていくので、結果的に問題のある利用者や介護職員が中心になって行くのです。

 

あなたは、後者のような介護施設で働きたくないですよね?

 

だからこそ、条件が少しでもいい介護施設の求人に応募して、そして不採用になっている可能性があります。

 

ブラック企業の介護施設にも応募しろとは決して言いませんし、避けるべきです。そうなると、面接で失敗しないために、本気で対策をして行く必要があります。

書類選考と面接の対策を甘く見ていませんか?

介護職員の採用選考を甘く見ている人は、面接の対策などほとんど考えていないことも珍しくありません。

 

それで、落ちたとなっては自業自得と言えます。また、面接に進めることができたからといって、応募書類に全く問題がないという訳ではない可能性もあります。

 

応募書類の評価と面接の評価を加味して判断するケースもあります。特に残りの採用枠が1人で、面接の評価が同じなら、応募書類や資格などで判断されるケースもあります。

 

そのため、応募書類・面接ともに手を抜くことは絶対にやめましょう。

 

面接の対策に関しては、偶に質疑応答を予想して、答えを考えて発言したら、マニュアルのようになるから、自分は素のままで面接をすると述べる人もいますが、それは単純に手を抜いているか、選考を受けている企業に対する熱意が低いと思われるだけです。

 

普通は、聞かれる質問を想定し、答えを考えた上で、熱意が伝わるように自分の言葉で伝えるのです。

 

質問の想定など碌にせずに、毎回のように天井を見ながら答える内容を考えていては、面接官は、あなたのに就職・転職の熱意が欠けていると判断する可能性が高いと思いましょう。

応募書類の対策

履歴書

応募書類による選考の厳しさは、介護施設よって変ってきます。

 

単純に応募条件を満たしているかどうかを確認したい上で、面接で後は判断する職場もあります。

 

一方で、応募書類の段階で採用できる人かどうかまで、厳しく判断する介護施設もあります。

 

そして、人手がすぐにでも必要な施設程に前者の傾向がありますし、後者の場合は良い人材がいれば採用したいという姿勢になります。

 

注意して欲しいのは、前者がブラック企業で確定と言う訳ではありません。ブラック企業は前者の傾向が強いですが、一方で介護職員が急に辞めることもあるので、優良企業も急募で面接重視の採用にすることもあります。

 

ただし、履歴書・職務経歴書を書くなら、当たり前ですが後者の厳しくみられることを想定して応募書類を書いて行く必要があります。

 

まず、絶対に守るべきことは

 

・手書き(求人にワードによる作成を許可していたらワードでもOK)

・誤字があれば新しい履歴書・職務経歴書で書き直す

・空欄はないようにする(賞罰の欄など記載できるぞ情報ないなら「特になし」でOKです)

・自分のハンコを押す場合は逆さになったりしないように丁寧に

・消しゴムで消せる筆記用具は使わない

・古い履歴書を使い回さない

・写真は証明写真で撮ったものを貼る(プリクラなどは絶対にダメ。また古すぎる証明写真は使わない)

 

上記は絶対に守るようにしてください。社会人としての常識になります。

 

使用する履歴書・職務経歴書に関しては、あなたが一番記載しやすいものを選びましょう。あなたにとって書きにくい欄が無い履歴書を選んだり、逆に沢山書きたい内容がある欄の幅が広い履歴書などを選ぶとよいと思います。

 

※手間を惜しんでいたり、雑な印象を与えないことが大切です。読み手のことを考えて丁寧に記載することがマナーです。

学歴・職歴は全て書く必要があるのか

新卒の場合は、中学から記載、または求人に指示があるなら指示通りに従いましょう。

 

中途の場合でしたら、特に指示が無ければ高校卒業から記載していくことが一般的です。

 

職歴に関しては、基本的にすべて記載する必要があります。

 

短期退職の職歴あった場合は記載したくない気持ちも分かりますが、年金記録などからバレてしまいます。社会保険の支払いをする前に辞めたような人の非常に短期間の職歴なら記載しなくてもバレないかもしれません。

 

なお、正社員の職歴がなくても、アルバイトや派遣の仕事を長期的にしていたなら記載しても問題ありません。

 

介護職員として働いていたのでしたら、即戦力として扱われる可能性もあるので、採用される可能性を引き上げてくれます。

転職回数が多い場合の記載方法

省略することは基本的にできません。ただし、自己都合退職という記載が並ぶと印象は悪くなります。

 

そのため、理由をはっきり記載するようにしましょう。

 

具体的には、キャリアップのため、引越しのため、○○を学びたいため……などになります。

履歴書の自己PRは何を記載すればいいのか

介護職員としての経験があるのでしたら、得意な介助を記載したり、特養などで働いていたりしたら、利用者が多くてもこなしていけることなどをアピールすると良いかもしれません。

 

面接で詳しく聞かれる可能性がある点でもあるので、面接でしっかりとアピールできることを端的に記載するようにしましょう。

 

未経験者の方の場合は、どうして介護職員に興味を持つようなったかを記載するとよいと思います。ただし、志望動機の欄と被ってしまうという側面もあります。

 

ボランティアの経験や社会貢献のように活動をしたことがあるので、その点を絡めると良いかもしれません。

 

そのような体験が無い場合は、前職の経験を振り返って、介護職に活かせることを考えてみましょう。直接活かすことはできなくても、間接的に活かせることはあるはずです。よく考えてみましょう!

介護職員の職務経歴書の書き方で注意する点

職務経歴書

職務経歴書も履歴書同様にフォーマットが色々あるので、よく見かける項目を前提に述べて行きます。

 

なお、項目に関しては職務経歴書ごとによって言葉が微妙に違うこともあるので注意してください。

 

中途の方の場合は、面接官は職務経歴書を見て、どれくらいの戦力になるのかを判断するので、分かりやすく丁寧に記載しながら、自己アピールしていきましょう。

 

1:職務要約に関しては、最初に担当者が目を通す欄になるので、採用した場合のメリットをしっかりと述べることが大切になります。

 

前職の介護施設で、具体的にどのような仕事をして、何年間働いたか述べて、どのように応募先の介護施設に活かせるか記載しましょう。

 

具体例としては、担当した利用者の数だったり、レクリエーションの提案、やってきた介助の種類と経験年数、どのような点が特に成長したか……などを記載しましょう。

 

ただし、業務内容に関しては、別途欄があるので、長文にならないようにしましょう。

 

施設長、介護主任、副主任、介護リーダーなどの役職についた経験があるので、忘れずにアピールしてくださいね。

 

※職務要約の代わりに職務経歴という欄が用意されていることもありますが、記載する内容はあまり変わらないです。

 

2:業務内容の記載方法としては、

 

法人名;○○株式会社

勤続期間:平成24年4月~現在(退職していたら退職した日付)

 

ここまで、具体的な業務内容を書く前に最低限記載するべき内容になります。

 

その後は、何名ほどの入居者のいる介護施設で働いてきたのか、介護職としてどのよう仕事をしてきたのかを記載して行きましょう。

 

あまり抽象的な記載はせずに、業務内容を分かりやすく記載することを心がけてください。特にPRしたいに関しては、具体的な実績を混ぜて詳細に記載してもいいかもしれません。

 

3:職務経歴書の自己PRには、どのような気持ちで働いてきたのか、その上でどのように介護施設に、そして入居者のためになる仕事をしてきたのかを記載して行きましょう。

 

その結果として、出世などができているのでしたら、大きなアピールになると思います。

 

そして、応募先の企業で、どのように貢献して行き、成長していきたいのかを具体的にアピールしましょう。

 

※職務経歴書によって他にも欄があると思いますが、ここでは一般的に設置されているであろう項目について述べさせて頂きました

ここで一息:応募書類の書き方について

具体的な書き方の形式に関しては、検索でこのページよりも詳しく、そして見本ありで掲載している企業様のサイトがあるので、そちらを参考にすると良いと思います。

 

ここでは、応募書類を書く上でのマナーと、介護職員はどのようなことを書くべきなのか、簡単にはですが説明させて頂きました。

 

分かりにくい書き方は駄目ですが、手を抜いた書き方は絶対にやめましょう。どうすれば、簡潔に、そして自分の伝えたい情報が伝わるかを考えて記載してください。

 

また、職務経歴書や志望動機、自己アピールの欄を書く際は、どのような点を質問してくるか想定しながら記載すると、面接で楽になります。

 

それでは、後半戦の本面の面接について述べて行きたいと思います。

面接では聞かれる質問を想定する

新卒の就職活動では、突拍子のない質問もされることがありますが、介護職員の面接でされることは少ないと思いますし、中途の転職ならほとんど予測できる質問が中心になります。

具体的には、

 

・志望動機

・前職を辞めた理由

・前職の仕事内容の確認と詳しい説明を求めた質問など

・自己PRとして記載した内容に対する質問

・沢山ある介護施設の求人から当社を希望した理由

・残業や夜勤ができるかどうか(とりあえず頷くことは避けて下さい。入社後に苦労することになります)

・資格の有無の確認。無資格の場合は資格を取得していく意思があるか

・他の介護施設に異動する場合は受け入れることができるか(幹部候補の求人などだと受け入れないと出世ができなくなる可能性があります)

・通勤時間はどれくらいか

・あなたの長所と短所はなんですか?

・健康上に問題はありませんか?(嘘は止めましょう)

・何か質問はありますか(必ず聞かれると思って、事前に考えましょう。ただし、自分で調べれば簡単に分かる事は絶対に聞かないように)

・仮に採用が決まった場合は、何時から働き始めることができますか?(正直に答えましょう)

 

上記の質問は面接官にとって質問する上でのテンプレートとも言えるので、受ける側は必ずスムーズに答えられるようにしましょう。

 

また、応募書類を見直して、質問されさそうなことを推測しておきましょう。

 

無職の期間が長かったり、短期間で辞めた職歴などがあれば、質問される可能性は高いので、必ず対策しておいてください。

 

注意点としては、棒読みにならないようにするために、自分の言葉で、抑揚をつけながら、あなたの気持ちを伝えるようにしましょう。

 

あなたの言葉にどうしても働きたいという熱意が伝わらないと、競争率の高い介護施設ではなかなか採用されないので、しっかりと事前に練習をしておくことをオススメします。

 

当然ですが、声が小さくて聞き返されるようなことは避けるようにしてくださいね。

面接を受ける際の服装や態度も大切

細かいマナーまで厳しく見る職場もあるかもしれませんが、介護職員の面接で応募者の一挙手一投足を注視して、減点していくようなことは……あまりないと思います。

 

そのため、あまり神経質にならなくてもいいと思います。

 

もちろん、マナーとして入室前のノックと、「よろしくお願いいたします」と挨拶と一礼、そして、面接官から促されるまで座らない、退室時の「今日はありがとうございました」と一礼、退室時も一礼などを忘れなければ、大きな問題はないと思います。

 

それよりも、重要なのが服装の清潔感や面接を受ける際の態度になります。

 

服装は基本的にダークスーツで、髪は女性の場合は、ヘアゴムやピンなどでまとめ、男性の場合は短髪でスッキリとさせておきましょう。

 

髪染めは基本的にNGで、黒髪で面接に向かいましょう。女性の場合は、メイクなどもナチュラルメイクを心がけ、爪なども伸ばさないようにしましょう。

 

介護施設は衛生面にも厳しいので、清潔感を第一に服装を整えて、面接に挑むようにしてください。

 

そして、面接を受ける際の態度が一番が修正しにくく、落とされる原因になりやすいのが表情と癖になります。

無表情・癖が無意識に面接で出てくる

まず一番大切なのは、笑顔になります。面接官の方に、「一緒に働きたい」と思って貰わないといけないので、とにかく笑顔を大切にしましょう。

 

しかし、面接で緊張していると、どうしても知らない間に怖い無表情になっていることが多いです。

 

そのため、面接中は笑顔で質問などに答えられることも意識するようしてください。

 

そして次に大切なのは、面接中に癖がでていないかどうかです。具体的には、貧乏ゆすり、手遊び、視線を天井に向けてしまうなどになります。

 

このような癖の一番厄介なのは、本人に自覚がない点です。緊張状態で、無意識にしてしまう行動になっているので、なかなか自分で気づけません。

 

そのため、ビデオカメラでも、スマホによる録画でもいいので、模擬面接を自分で撮影して見返して見るとよいと思います。

 

そして、無表情になっていないか、悪い癖が出ていないかを確認してみましょう。

面接で聞きにくし質問をしてもいいのか

面接で聞きにくい質問となると、残業時間、休日出勤の有無、有給休暇の消化率などになると思います。

 

ブラック企業を避けることを考えるなら質問して置くべきです。

 

特に残業代が全額支払われるかどうかという点を求人で確認できないのでしたら、確認しておかないと後悔することになる可能性が高いです。

 

ただし、ブラック企業が相手だと、質問を曖昧にはぐらかされたり、落とされたりするリスクもあります。

 

ブラック企業でもいいというなら聞かなくもいいかもしれません。しかし、長期的に働ける介護施設で働きたいのでしたら、質問しておくことをオススメします。

 

もし、自分からではどうしても聞きにくいのでしたら、転職エージェントの担当者に調べてもらうのもよいと思います。

介護業界に特化した転職エージェントを利用する

応募書類や面接に不安があるのでしたら、介護業界に特化した転職エージェントを利用しましょう。

 

介護業界に特化した転職エージェントでしたら、あなたの希望に合い、条件の良い求人を厳選して紹介してくれます。

 

また、それだけではなく、応募書類の添削、面接のアドバイスや情報、求人には掲載されていない職場の雰囲気、離職率、残業の有無や支払い方法、有給休暇の消化率などを担当者に調べてもらえることもあります。

 

プロの方に応募書類の添削をして貰えるので、書類選考で落とされる可能性は非常に下がります。

 

また、転職エージェント側が、利用者側から情報を収集して、「この介護施設はこんな質問をしてくる、面接官はこのような人柄の人」といった情報を教えてくれるケースもあります。

 

そのため、面接の突破率も引き上げてくれます。

 

もし、面接で失敗したくないと思っているのでしたら、自分1人で対策するのではなく、転職エージェントの方にサポートして貰ってもいいと思います。

 

転職エージェントは無料で利用することができますし、必ず紹介された求人に応募する義務もないので、利用して損することはりません。

 

本気で待遇の良い介護施設に就職したいと思っているのでしたら利用するようにしましょう。

 

⇒あなたの希望条件に近い介護施設を紹介してくれるオススメ転職エージェント

介護士の転職を成功させる方法

介護士のための紹介会社

1

クリックジョブ介護 評価 対応エリア 全国 ⇒クリックジョブ介護   介護士の転職を成功させて、待遇の良い職場で働いているような人は、どのような転職活動をしたのでしょうか?   結 ...

2

ハートフル介護士 評価 対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉など もし、あなたが「ホワイト企業が運営している介護施設に転職したい!」と思っているのでしたら、ハートフル介護士で転職活動しましょう。 &n ...

-介護業界の就職・転職事情

Copyright© 介護職員の人生設計-さようなら!ブラック介護施設 , 2019 All Rights Reserved.