給料・年収の悩み解決策

ケアマネージャーに転職したら給料が安くなる!?

更新日:

介護職員やホームヘルパーとして働いている人の中には、将来的にケアマネージャーになることを目指している人もいらっしゃると思います。

 

もしくは、既にケアマネージャーとして働いている人もいらっしゃるかもしれませんし、今まさに転職活動を始めようとしている人もいらっしゃるかもしれません。

 

ケアマネージャーは、介護士が目指すキャリアアップの中では、一つの到達点と言えますし、資格の取得にも時間が掛かります。

 

ケアマネージャーの仕事内容に関しては、

 

⇒介護職からケアマネージャーとして働くか迷っています

 

で詳しく述べていますが、現場の仕事からも離れることも可能なので、現場の介護の仕事を続けて行くことに不安を抱えていた人が、居宅のケアマネージャーになることも多いです。

 

注意して欲しいのは、介護職からケアマネージャーになると、給料が介護職よりも安くなることもある事です。

 

キャリアップできたと思ったら、給料は下がってしまった……と介護職から転職して後悔する人も決して珍しくないので、実際に転職する場合は注意が必要です。

居宅のケアマネージャーになる上の注意点

ケアマネージャーのの働き方は、居宅ケアマネと施設ケアマネの二つに分けることができます。

 

そして、現場の介護の仕事を離れたい人の場合は、居宅ケアマネとして働く人が多いです。居宅ケアマネは、担当の利用者と介護施設や訪問介護事業所の間に立ちながら、利用者側の傍に立ちながら調整して行く事になります。

 

具体的な仕事内容としては、依頼のあった利用者宅への訪問、相談業務、事業所や施設の紹介、書類手続き、ケアプランの作成、利用者が介護サービスを受け始めた後の経過の観察などになります。

 

このように現場の仕事はないのですが、逆に言えば介護士として働いていた経験を活かせる部分が少ないのです。

 

そして、ケアマネとして初心者の時期は、どこかの居宅介護支援事業所で先輩ケアマネに仕事を教えて貰いながら働く事になります。

 

そうなると、当然ですが新人として働いて行くことになるので、給料がそれ程高くないことも珍しくありません。

 

給料に関しても、20万円前後からのスタートになることは覚悟する必要があります。最初の年に関しては、ボーナスも満額貰えないので、今まで働いていた介護職としての給料よりも下がる可能性もあります。

 

また、夜勤手当や介護職員処遇改善加算も取得できなくなるのも手痛いと言えるかもしれません。

 

逆に言えば、居宅ケアマネの場合は、夜勤から解放されるといったメリットと見えることもできますが、この辺りをメリット見るか、デメリットと見るかは人によりけりと言えます。

施設ケアマネの方が給料が高いのか

就職する介護施設にもよりけりですが、施設ケアマネの場合は、基本的にケアマネ独自の仕事はケアプランの作成以外は少ないです。

 

ただし、現場の介護の仕事を施設長と共に取りまとめていく立場に立たされることが多いです。

 

そのため、施設ケアマネはケアマネージャーのみの仕事をしている人は非常に少なく、生活相談員や事務職、介護職と兼務していることが多いです。

 

また、施設長の中には、ケアマネの仕事を兼務しているような人もいらっしゃいます。

 

介護業界は、全体的に管理者側の人材も少ないので、施設ケアマネという立場で働く場合は、否応なしに施設長や生活相談員といった側に立つことを求められやすいです。同時に、現場の人手が足りない場合は、そのサポートもすることも珍しくありません。

 

出来ることが多いからこそ、沢山の仕事のサポートを頼まれやすいと思った方がいいです。

 

一方で夜勤や介護職員処遇改善加算の支払いだったり、役職手当などで給料が上乗せされていくので、居宅ケアマネよりも給料は高くなりやすいです。

 

また、役職のない介護職員よりも給料が安くなるといったことも防ぐことはできます。

 

問題なのは、立場的な気苦労が増える可能性は高いという点になります。

 

施設ケアマネでも、最優先するべきなのはケアプランの作成でありますが、他のサポートも頼まれているからこそ、時間の割り振りが難しいです。

 

自分の仕事を最優先するべきだが、現場のサポートなどをしないと、周りに不満を与えることになりますし、かといってケアマネの仕事が遅れれば施設長から怒られる。

 

人手が足りている施設で働く事ができれば、そのような苦労はないのですが、なかなか余裕をもって働ける施設を見つけるのが難しいのが実状と言えます。

ケアマネージャーとしての働き方と優先順位を考える

女性の方で、家事や育児と両立しながら働いて行き、体力面も消耗も抑えたいと思っているのでしたら、居宅ケアマネとして経験を積んでいくこともを考えてもいいと思います。

 

夜勤などが発生しにくいですし、現場の介護の仕事も減るので、腰痛などで働く事ができなくなるといったリスクも減らすことができます。

 

給料面は、施設ケアマネよりも安くなりますし、働き始めた直後は介護職員として働いていた時よりも給料が安くなる可能性はありますが、経験を積んでいけば、役職のない現場の介護職員よりも給料は高くなると思います。

 

ただし、それまでに時間が掛かる事と、働く事業所次第の部分もある点は注意してください。

 

施設ケアマネとして働く場合は、夜勤や現場の仕事も頼まれることになるので、仕事がより忙しくなる可能性はありますが、一方で給料はかなり上昇していくことが期待できます。

 

問題としては、施設ケアマネの場合は居宅と違って仕事を教えて貰える人が少ないので、ケアマネになったばかりの人だと採用して貰えない可能性もあります。

 

そのため、居宅ケアマネとしてケアプランの作成などを覚えてから挑んだ方がいいこともあります。

 

施設ケアマネは、介護施設の中で重要なポストになるからこそ、即戦力が求められやすく、代わりに待遇も好条件である事が多いです。

 

施設ケアマネとして働き始めるのに多少難航する可能性もありますが、一方で一度経験を積み、働けるようになれれば、条件の良い職場で働きやすくなるので、職に困りにくいです。

 

正社員だけではなく、パートとしても時給は高めな傾向があります。施設ケアマネだと、家事や育児と両立できないわけではないです。

 

どのように働いて行きたいか、居宅と施設のメリットとデメリットを考えながら働きましょう。

 

ただし、給料を考慮してケアマネージャーの資格を取得した人ですと、居宅ケアマネになったことを後悔する人も少なくないので、キャリアップを優先していくなら、施設ケアマネがオススメです。

 

逆に、前述したように、給料よりも、体力の不安から長期的に安定して働きたいなら、居宅ケアマネの道を進んでもいいと思います。

 

また、経験を積み、独立するといった選択肢もあることを忘れないようしましょう!

 

⇒好条件のケアマネージャーの求人を探す方法

介護士の転職を成功させる方法

介護士のための紹介会社

1

クリックジョブ介護 評価 対応エリア 全国 ⇒クリックジョブ介護   介護士の転職を成功させて、待遇の良い職場で働いているような人は、どのような転職活動をしたのでしょうか?   結 ...

2

ハートフル介護士 評価 対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉など もし、あなたが「ホワイト企業が運営している介護施設に転職したい!」と思っているのでしたら、ハートフル介護士で転職活動しましょう。 &n ...

-給料・年収の悩み解決策

Copyright© 介護職員の人生設計-さようなら!ブラック介護施設 , 2019 All Rights Reserved.