介護職員が抱える仕事の悩み・不安

ユニットリーダーの仕事が辛くて普通の介護職員に戻りたい!!

投稿日:

部下の介護職員との距離感だったり、指示の仕方などに悪戦苦闘していて、なかなか部下をまとめながらユニットリーダーとして仕事ができず、自信を失いかけながら働いていないでしょうか?

 

好きでユニットリーダーになったわけでもないのに、自分以外に任せられる人がいないという理由で、施設長に任命されてしまって、胃を痛めながら頑張ってはいるけど、もう辞めたい……そんな人がこのページを読んでいると思います。

 

介護業界は全体的に人手不足なのは周知の事実だと思いますが、その中でもユニットリーダーといった現場の仕事をしながら、部下である後輩を指揮する事ができる人は、更に不足しています。

 

やはり、パートやアルバイトと働く人の大半は、あくまでも言われた介護の仕事を淡々と進めたい人がほどんどあり、余計な責任は負いたくない人が多いからです。

 

そのため、正社員の方が基本的に任されますが、正社員として働いている人の中にも、出世に興味が無い人もいらっしゃるはずです。そうなると、貧乏くじの押し付け合いになってしまっているようなケースも珍しくないのです。

 

もし、介護職に戻りたいと思っているののでしたら、このページを参考に、自分の介護士としてのキャリアを考えた上で、ユニットリーダーから介護職に戻るか考えてみて頂けると幸いです。

 

ユニットリーダーが辞めて行く理由

ユニットリーダーを辞めたくなる理由としては、

・仕事量

・人間関係

・役職手当の低さ

・責任の重さ

上記が挙げられると言えます。

 

特にユニットリーダーとして働くとなるとユニットごとに配置された決まった介護職員の部下と一緒に働く事になります。

 

そのため、一緒に働く介護職員との人間関係は重要になります。

 

一方で、パートの方の多くは主婦の方になるので、正社員としてユニットリーダーになる場合ですと、一緒に働く部下の方が、全員年上……なんてことも珍しくなく、非常に気を使う必要が出てくるケースも決して珍しくないのです。

 

下手したら、娘と母親と言えるほどに歳が離れていることもあり、仮にユニットリーダーという立場があっても、それだけ歳の離れた人達を指揮するのは、やはりストレスになります。

 

また、影で嫌味などをいわれていないかといった不安も抱えることになると言えます。

 

その上で、ユニットリーダーとしての責任と仕事をこなしていく必要があります。

 

リターンとなる役職手当に関しても、1万円前後が相場になっているので、どうしても仕事の忙しさ、責任を考慮すると……割に合わないと感じてしまう人が多いのです。

 

ユニットリーダーは、介護士として成長をさせてくれる職種ではありますが、一方で仕事の忙しさと待遇を比較すると、どうしても割に合わないと思えてしまう職種でもあります。

後輩の育成が負担になる

ユニットケアをする場合は、1つのユニットで働く介護職員の数は多くはありません。

 

そのため、ユニットリーダーがテキパキと指示を出しながら、仕事を進めていく必要があります。

 

一方で、新人の介護職員の方が配置されると、その後輩の育成などもユニットリーダーの仕事の一つになります。

 

介護の現場を回して行く上で、人手が必須ですが、一方で育成していくことは非常に負担にもなります。

 

教育に割く時間と仕事の時間を考慮しながら働く必要もありますし、他の介護職員にサポートして貰えるように調整しておくことも大切になります。

 

また、前述したように、年上の方の教育を担当することも珍しくないので、言葉遣いや教え方にも「これでいいのだろうか?」と思いながら進めていく必要があるのも、大きなストレスの一つになります。

出世意欲がないならユニットリーダーにならない方がいいかもしれない

将来的に施設長、介護主任、副主任などに出世していくつもりがなく、現場の介護職員として働き続けて行きたいと思うようになっているユニットリーダーもいらっしゃると思います。

 

特に女性の場合でしたら、結婚や出産を機会にパートなどの雇用形態を変えることを視野に入れている人も少なくないともいます。

 

だとしたら、役職手当分の1万円が減る程度のデメリットには眼をつむって、人の上に立つという責任を回避することも決して間違っていないと思います。

 

ただし、上司の人事異動の命令には従う必要があるので、ユニットリーダーになりたくない、一般の介護職員戻りたい!と言っても、聞き入れてくれないことも珍しくありません。

 

その場合の対処法としては、現場の介護職員に戻れないなら、転職も前提にするといった話をすることです。

 

人手不足が加速するようなことは施設側も避けたいので、受け入れてくる可能性は高いです。

 

ただし、すぐに対応できる案件でもないので、代わりの人材を探すのに多少時間がかかることは覚悟すべきです。

 

注意点としては、時間をかけることで、結局ユニットリーダーとして働かせ続けるようなケースもあるので、そのような対応が取られていないかという見極めも大切になります。

 

必要に応じて見切りをつけて転職するのも一つ選択だと思っておきましょう。

介護士としてキャリアを積んでいくなら避けられない

将来的に施設長などを目指すなら、ユニットリーダーとして部下の指揮や教育を執りながら、入居者の方が満足してくれる介護を提供していく経験は避けて通れません。

 

特に、施設長、エリアマネージャーになると、現場の仕事、部下の指揮、教育、施設全体の運営、利用者家族の相談業務、市、県との話し合い、営業……等と、仕事の幅が非常に広がって行きます。

 

また、現場の介護職員の信頼も大切にあるので、ユニットリーダーといった役職で働く中で、部下の介護職員とのコミュニケーション能力の上昇だったり、信頼の蓄積が将来的に大切になってきます。

 

ユニットリーダーという役職は、介護士としてキャリアップして、人の上に立って働く第一歩の役職でもあります。

 

介護士として、キャリアを積み上げて行くのでしたら、挑戦するしかない役職の一つでもあることは忘れないようしましょう。

役職の経験があれば条件の良い職場に転職しやすい

介護職リーダーと言っても、待遇も忙しさも職場によって変わってきます。

 

そのため、ユニットリーダーとしての待遇に不満を抱えてしまうような方も少なくないです。一方で、役職のない介護職員以上に、リーダー職以上の指揮出来る立場で働きながら、現場の仕事もできる介護士の人手不足は深刻です。

 

したがって、ユニットリーダーとして働いている今の職場に不満を抱えているのでしたら、他の介護施設のユニットリーダーの待遇などを比較してみるのもよいと思います。

 

その上で、他の施設で、もっと自分を評価してくれる職場で、仕事の忙しさに見合った待遇を貰いながらユニットリーダーとして働く選択を考えてみてもいいと思いますよ。

 

もちろん、ユニットリーダーとしての仕事にウンザリしているのでしたら、普通の介護職員として少しでも待遇の良い職場に転職活動をしていくのもよいと思います。

 

⇒今の職場より、もっと待遇の良い介護施設に転職したい!

介護士の転職を成功させる方法

介護士のための紹介会社

1

クリックジョブ介護 評価 対応エリア 全国 ⇒クリックジョブ介護   介護士の転職を成功させて、待遇の良い職場で働いているような人は、どのような転職活動をしたのでしょうか?   結 ...

2

ハートフル介護士 評価 対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉など もし、あなたが「ホワイト企業が運営している介護施設に転職したい!」と思っているのでしたら、ハートフル介護士で転職活動しましょう。 &n ...

-介護職員が抱える仕事の悩み・不安

Copyright© 介護職員の人生設計-さようなら!ブラック介護施設 , 2019 All Rights Reserved.