給料・年収の悩み解決策

介護福祉士になっても給料が上がらない!?

更新日:

給料

介護福祉士の資格取得という、介護士の能力を反映させてくれる資格を取得したにも関わらず、給与が全く上がらず、

 

女性介護職員

資格を取得しても給料なんて上がらない

 

と資格取得が無意味だったと思ってしまっている人もいるからもしれません。

 

そんなことはありません。

 

介護福祉士は、介護士の目指す到達点の一つになります。

 

介護職員初任者研修の資格と違い、応募条件にも経験年数がなどが定められていますし、試験の難易度も受からせる試験ではなく、落とすための試験となっています。

 

試験自体は、難しいとまでは行きませんが、「働きながら取得する」と言う事を考えると容易に取得できるタイプの資格ではないのです。

 

そして、介護福祉士の資格は、介護士に一定の能力があることを証明する資格になります。

 

そのため、資格手当も1万~1万5千円ほど支払われることも珍しくありません(非正規雇用の場合は時給に100円前後加算されることが多いです)。

 

もし、上記のような加算がないのでしたら、ブラック寄りの介護施設だと思った方がいいです。

介護福祉士になっても大幅に給料は上がらない

介護職として介護福祉士になったとしても、前述した介護福祉士の資格に手当が加算されるだけが一般的になり、加算され場合は……あなたが働いている介護施設に問題があると思った方がいいです。

 

注意点としては、1年ごとの昇給額に介護福祉士ということで金額に上乗せされるといったことは残念ながらないと思った方がいいです。

 

それでも、資格手当がしっかりと支払われる職場で働けば、年に12~18万円ほど年収に上乗せすることができます。

 

そのため、長期的に働くとなると、資格の有無で収入差が大きくなって行きます。また、同じ仕事をしているにも関わらず、資格手当の有無だけで他の介護職員と毎月1万円以上の給料差が発生する可能性もあります。

 

介護技術があるのに、資格手当がないことで、自分よりも経験年数が少なく、介護技術がまだまだ未熟のように見える介護職員なのに、資格の有無だけで自分よりも時給がいい……なんてことも起こるということです。

 

しかも、今後は介護福祉士を取得しているかどうかで、国から支払われる処遇改善である8万円相当が支給されるかどうかを左右される可能性が高くなっています(後で詳しく説明します)。

 

注意点としては、資格取得後すぐに辞めてしまうとなると、あまりメリットを感じられないことになる可能性があるので注意してください。

 

専門学校で勉強していたりする場合は、取得後すぐに辞めるとなると、専門学校に通うために支払った出費によって、マイナスになる可能性もあるでの注意してください。

将来的な出世に影響を与える可能性はある

介護福祉士なったからといってすぐに給料が大幅に上がることはありません。

 

ただし、将来的に出世などに大きな影響を与えることはあります。

 

介護副主任や介護主任、そして施設長などに出世させる際に、介護福祉士の資格の有無を考慮するようなケースもあります。

 

資格の有無が、仕事の能力を決定づける訳ではないですし、介護福祉士の資格が必須と言う訳でもないです。

 

しかし、人の上に立って指揮を執る人が、介護福祉士の資格を持たず、その人の指揮に従って働く介護士側が介護福祉士の資格を持っているとなると……体裁上少し考えてしまう上司もいます。

出世して行けば給料は上がるのか

ブラックな介護施設ではなく、優良な企業が運営している介護施設を選べば、出世によって昇給額も増えて行きますし、役職手当も加算されます。

 

大幅に上がると言いませんが、伸びしろは役職のない介護職員よりもあるので、年数を重ねる程に役職の有無が資格手当以上に収入差を広げていくと思った方がいいです。

 

特に基本給の上がり幅が違うと、賞与の○ヶ月分に大きな影響を与えます。

 

年収500万円以上を目指すなら、優良企業の介護施設に就職して、出世していくことは必須と言えるので、長期的に介護業界で働くつもりなら、介護福祉士になって、出世しやすいようにしておいて損はないと思います。

介護福祉士が10年働けば8万円相当の処遇改善が受け取れる!?

閣議決定されている提案では、2019年の10月から介護福祉士として10年以上働いている方に月額8万円相当の処遇改善が支払われる予定になっています。

 

まだ、決定事項ではありませんし、制度は詳細はまだ決められていないですが、国が介護士の離職を防ぐために本気で考えていることが伺えます。

 

勤続10年以上であり、介護福祉士である事を考えると、ハードルは低くありませんが、一方で年ではなく、月に8万円相当の処遇改善がなされるとなると、介護福祉士の有無によって、他の介護士と大きな収入差がつくことになります。

 

また、勤続10年以上になっていれば、施設長や介護主任として、年収も500~600万円前後になっている可能性もあるので、処遇改善の制度が適用されたら、年収600~700万円ほどに届きやすくもなります。

 

月額8万円相当という単語が少し気になりますが、介護福祉士の資格の重要性は、より高まって行くと思った方がいいかもしれません。

 

詳しくは(不安な点も含めた)、介護士の給料・年収を上げることができるか否かの明暗を分けるもので述べているので興味がありましたが参考にしてみてください。

 

優良企業の介護施設に転職しやすくなる

介護施設によって待遇が大きく違うのは知っていると思います。

 

基本的には、複数の施設を経営しているような福祉法人だったり、知名度の高い企業のグループ会社が運営しているような特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、グループホームで働いた方が、給料も高いですし、休日や福利厚生も高い水準が用意されていることが多いはずです。

 

逆に中小企業が運営していたり、家族経営しているような介護施設だと、あまり待遇は良くない傾向がありますし、出世先もあまりないことが多いです。

 

しかし、既にブラック寄りの介護施設に就職して、働いてしまっている人もいらっしゃると思います。

 

もし、今働いている職場の待遇に不満を感じているのでしたら、介護福祉士の資格を活かして、もっと働きやすい介護施設に転職してもいいと思います。

介護福祉士のみを募集している求人も少なくない

介護職員を募集している求人に記載されている、募集している職種の欄には「介護職員」と記載されていること多いですが、「介護福祉士」と明示されていることもあります。

 

その場合は、能力の高い介護士のみを採用したいという意図を表していると言えます。

 

また、応募条件に介護福祉士の資格を条件にしているケースもあります。

 

待遇の良い介護施設程に人手不足になりにくいので、新卒・第二新卒以外で未経験者を雇う必要性が少ないのです。

 

そのため、施設側としては、経験者の穴埋めをするなら、介護福祉士の方だけに条件を絞ってしまった方がいいのです。

 

また、介護主任や施設長といった役職の求人に関しても、経験年数と仕事経験の有無、そして介護福祉士の資格があるかどうかを応募条件にすることも珍しくありません。

 

介護福祉士無くても優良企業の介護施設に転職できないわけではありませんが、介護福祉士の資格を持っていた方が、離職率が低い条件の良い介護施設に応募しやすいのです。

評価してくる介護施設で働く

介護福祉士になっても給料が上がらず、低いままということは、結局は実力を評価してくれない介護施設で働いていると言えます。

 

単純にブラック企業の介護施設なケースもありますし、ブラックではなくても実力による給与の伸び率を重視していないような施設の可能性もあります。

 

後者の場合ですと、仮に初任給が高くても、昇給額が低く、出世してもあまり昇給額に変化がありません。そうなると、賞与もあまり増えて行かないのです。

 

そして、実際に介護福祉士の資格を取得したにも関わらずに、恩恵を一切感じられずに、愚痴を零しながら働いている介護職員の方は少なくありません。

 

加えて、今働いている介護施設がブラックだったり、業績の悪化で手当が貰えていないといった問題を自覚できず、「介護業界はこんなもの」と諦めてしまって転職を選択肢に入れない人も多いです。

 

もし、このページを見たことで自覚きたのでしたら、転職活動をしてみて、今の職場の待遇と介護業界に特化した紹介会社などで紹介して貰えた求人を比較してみて下さい。

 

厳しことを言えば、不満があるのに転職どころから、転職活動をして、他にもっと好条件で迎え入れてくれる職場がないのかを探すこともしないのは、労働者本人である介護士にも問題がありますし、怠惰と言えます。

 

初任給が少し見劣りしても、実力と経験年数、そして資格を評価してくれて、出世によって昇給額も増えて行くような施設で働ければ、給料を上げて行くことができます。

 

また、昇給で基本給も上がれば、賞与も増えて行き、年収を上げて行ってくれます。

 

介護福祉士にまでなった、または目指すことを考えているということは、介護の仕事に本気で取り組んでいる人になると思います。

 

だったら、働く職場も本気で選ぶようにしましょう。

 

ブラック寄りの介護施設に給料を上げるように訴えても意味がないので、せっかく取得した介護福祉士の資格と今まで積み上げてきたスキルを武器に、もっと待遇が良く、自分を正当に評価してくれる介護施設に働けるように転職してはどうでしょうか?

⇒給料・休日数を増やしたい!人間関係の良い職場で働きたい!その希望を叶える介護施設の探し方!

介護士の転職を成功させる方法

介護士のための紹介会社

1

クリックジョブ介護 評価 対応エリア 全国 ⇒クリックジョブ介護   介護士の転職を成功させて、待遇の良い職場で働いているような人は、どのような転職活動をしたのでしょうか?   結 ...

2

ハートフル介護士 評価 対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉など もし、あなたが「ホワイト企業が運営している介護施設に転職したい!」と思っているのでしたら、ハートフル介護士で転職活動しましょう。 &n ...

-給料・年収の悩み解決策

Copyright© 介護職員の人生設計-さようなら!ブラック介護施設 , 2019 All Rights Reserved.