給料・年収の悩み解決策

介護士の給料・年収を上げることができるか否かの明暗を分けるもの

更新日:

介護士として働いている人が抱える不満として、多いのが給料の安さになります。

 

こんなに大変な仕事をしているのに、何でこんなに給料が安いの!?と不満を抱えている人は少なくないと思います。

 

結婚を考えている男性によっては、介護の仕事は好きだけど、給料が安いから、寿退職して、他業界に転職する道を選ぶ人もいる程です。

 

しかし、そのような不満が多い中で、「真面目にコツコツと10年以上働いているけど、年収も500万円を超えた」「介護職に就職したばかりだけど、夜勤も含めて月収が30万円を超えた」といった、本当に同じ介護士なのかと思えてしまうような給料を貰えている人の声を聞くこともあると思います。

 

そのような声は、ネットなどでは少ないので、嘘だと思たり、稀な人と思うかもしれませんが、そもそも、不満を感じてない人は、わざわざネットで自分の職場や待遇の自慢をしないです

 

そのため、待遇の良い職場で働けている人の介護職の声は、少なくなりがちと言えます。もちろん、介護業界はブラック寄りなので、優良企業が運営している職場は少なくなりがちですが……就職することが難しい訳ではありません。

 

そして、ブラックではない職場で、給料・年収を上げて行く姿勢で働けば、あなたの給料に対する不満を解消出来る可能性は十分あります。

年収・給料を上げるために大切なチェック項目

具体的な職場選びをする際の条件と働き方をこれから述べて行きたいと思いますので、確認してみてください。

 

最初に述べる項目程に重要度の高いものになります。特に介護処遇改善加算や資格手当に関しては、必須だと思ってください。

 

介護処遇改善加算が適切に支払われている職場で働く

介護処遇改善加算の申請をしている事業所は、全体の約9割とされています。この点を考えると、1割の事業所を引いてしまったらブラックだと言えるかもしれません。

 

問題としては、介護処遇改善加算を満額貰えるような職場となると、一気に数が少なくなる事です。

 

介護保険制度の改正によって、介護処遇改善加算の拡充されたのですが、その拡充されら分の介護処遇改善加算の申請となると、実は全体の6割程しか満たすことができていないとされています。

 

理由としては、事務作業の量が非常に大きく、複雑になっていることが挙げられます。要は、ややこしくて、手間がかかるという事です。

 

そのため、拡充された分の介護処遇改善加算を一切貰う事ができていない介護職員もいるはずです。

 

介護処遇改善加算は、現段階でもしっかりと支払われたら1万円程給料が上乗せされます(社会保険などが引かれるので実際は1万円よりも下がりますが)。

 

しかし、実際に1万円貰えている人は少ない傾向があります。

 

しかも、配分のルールがないので、毎月支払う事業所もあれば、ボーナスに含める事業所もあります。

 

これはまだいいのですが、昇給額の補填にしたり、常勤のみに配分したり、経験年数などによって配分額を変える施設もあります。

 

立場によっては、明らかに損をさせられるケースもあると言えます。

 

介護士の給料を上げて、人手不足を防ぐために、国がこれからも介護処遇改善加算といった形で更に介護士の給料を増やそうとするか、または別の形で税金を投入するは分かりませんが、おそらくは国の支援は続くと見込めます。

 

だからこそ、働く介護施設を決める際は、手間が掛かったとしても、国からの支援を受けられるようにしっかりと、手続きをする職場で働くようにするべきですし、その補助金が介護職員に還元される職場で働くべきです。

 

就職する前に知る事は難しいですが、介護処遇改善加算がしっかりと支払われていないような職場からは、今後の事を考えて転職した方がいいかもしれません。

 

リスクを避けるのでしたら、やはり運営している法人が大きい施設で働くべきです。小規模な事業所ですと、事務手続きをする余力がない事が多いからです。

 

逆に知名度の高い法人ですと、社会的責任としての注目度が高いので、事務手続きが煩雑という理由で避けることは難しいです。

 

また、職員の数が多いなら、介護処遇改善加算を貰って、給料を上乗せ出来た方が結局はメリットが大きいのです。

 

国の制度に柔軟に対応して、介護士の待遇を上げて行けるような職場で働きましょう。

 

将来的に、拡充される介護処遇改善加算をしっかりと支払われる職場かどうかで、どんどん介護士同士の給料の差が広がる危険性もあると思いましょう。

資格の取得と手当が支払われる職場で働く

介護士として働く上で、資格手当の対象になるのが、介護職員初任者研修と介護福祉士の資格になります。

 

職種によっては、ケアマネージャーや実務者研修にも資格手当が支払われる事がありますが、基本的に現場の介護職として働くなら介護職員初任者研修と介護福祉士になります。

 

パートの方の場合ですと、介護職員初任者研修で+50円、介護福祉士で+100円程になります(両方持っている場合は片方が適用されるだけのことがほとんどです)。

 

金額が少ないと思うかもしれませんが、介護福祉士の資格を取得して、フルタイムで働く場合は、8時間×100円×20日=16000円になります。

 

介護職員初任者研修でも8000円程になります。正社員の場合ですと、時給をフルタイムで計算したのと同じくらいになることが多いと思います。

 

施設によっても金額は異なってきますが、長期的に働くほどに所得に影響を与えて行きます。

 

しかも、資格を取得しているからといって、現場で働く分には仕事内容には差が発生しない事の方が多いです。

 

そのため、資格を取得しておかないと、仕事内容が同じ、または少し自分よりも劣る気がするのに、資格手当の差で給料は自分の方が低いということになることもあります。

 

なお、資格手当の金額が明らかに低かったり、そもそも支払われないような職場で働くことはオススメしません。

 

介護職員の努力に対してしっかりと評価してくれる職場で働くようにしましょう。

夜勤手当で稼ぐ

すぐに給料を上げたい人にオススメなのは、やはり夜勤手当で稼ぐことです(夜勤手当が禄に支払われない。割増賃金が支払われないといった法律に違反している職場は別です)。

 

夜勤の仕事をする場合は、明け休みがあるような職場で働くようにして、体調面に支障を出さない程度に抑えることも忘れないでください。

 

人は日中活動して、夜は休むサイクルが根付いているので、夜勤そのものは健康に悪いです。

 

体を壊して働けなくなったり、医療費がかかったら意味がないので、自分の体力を考えた上で、無理のない範囲内で夜勤に積極的に入るようにするとよいと思います。

基本給とボーナスの関係性

年収を考える上で大切なのは、ボーナスの算定方式になります。

 

一般的には、基本給を元に、数か月分のボーナスが支払われます。介護施設によって、何か月分にするか変りますし、算定時に基本給に役職手当を算入するか否か等も変わってきます。

 

また、基本給が基準になるので、基本給がどれだけ上がって行くかでもボーナスの金額が変わってくると言えます。

 

ボーナスの算定方法を事前に知る事は困難ですが、貰えている介護職員の方ですと、1年目といった例外は別として、1年間のボーナスの総支給が100万円前後になる人、40~70万円前後の人、20~30万円ほどの人、そして10万円を切ったり、そもそもボーナスが支払われない……等と非常に幅が大きいです。

 

ボーナスは法律で義務付けられている訳ではないので、介護施設側の運営がどれだけ上手くいっているかどうかが大切になります。

 

複数の大規模介護施設を安定し運営させていたり、どんどん施設を増やしているような大手の企業や福祉法人の方が、やはり売上が安定しているので、ボーナスの算定方法を明確にして、相応の支給をしていることが多いです。

 

逆に、小規模な介護施設程に、利用者の数や介護保険制の変更で利益が大きく変わるので、ボーナスが安定しません。

 

安定した収入を得て行く事を考えるなら、ボーナスの支給が安定している運営企業の介護施設で働く事をオススメします。

 

業績で大きく振り回されると、将来的に一戸建てなどを購入際に、ボーナスをローン返済の勘定に入れることが怖くなりますしね。

介護福祉士として10年以上働く覚悟を持つ

2019年の10月から、介護福祉士が勤続10年になったら、月額8万円相当の賃上げをする処遇改善の制度を国が実施する……予定になっています。

 

また、確定はされていませんが、提案自体は閣議決定されているので、実行に移される可能性は十分あると言えます。

 

月の給与が8万円相応アップとなると、社会保険料から引かれても、大幅に介護福祉士の年収が上がると言えます。

 

しかし、10年は長いです。そして、長いからこそ、月額8万円相当という高額を提示して、離職率を下げようと国も必死なのが伝わります。

 

ぶっちゃけ、介護福祉士の平均勤続年数は6年なので、どれだけの人が恩恵を受けられるのかは未知数と言えます。

 

ただし、正社員として出世していく事を考えるなら、勤続年数が10年以上で、施設長や介護主任になっていれば、今でも年収500万円~600万円ほども貰うことも可能な職場はあるので、真面目にコツコツと働き、キャリアを積む覚悟があるのでしたら、更に年収を上げることができる可能性があると言えます。

 

ただし、現段階では、介護福祉士の資格を持っていても、施設長といった管理職になっても支払われるのかどうか不透明なのが怖い所です。

 

介護処遇改善加算の枠組みになるなら、現場の介護職と兼任していて、介護福祉士の資格を持っているなら、問題ないと思いますが。

 

また、支払われる8万円相当の配分が施設に一任されたら、施設の赤字補填に使われて、本来貰える給料に使われるだけ……なんて悲惨なことになる事も考えられます。

 

そのため、どのような制度設計になるかは、よく注視して行く必要がるあと言えます。

 

どちらにしても、現段階の介護処遇改善加算を全てしっかりと手続きができるような介護施設ではたらくべきです。

 

支払う事ができていない施設で働いていると、後悔する結果になることは目に見えていると言えるかもしれません。

 

このページでも、どのように8万円相応の処遇改善加算が支払われるのか分かり次第、情報を発信して行きたいと思っています。

介護職からキャリアップを目指す

介護職からキャリアップ先の定番としては、介護主任、副主任、施設長などになります。

 

大手の介護企業なら、エリアマネージャーの役職を設置していることもあります。役職があり、能力をしっかりと評価してくれる職場なら、給料を上げて行く方法としては堅実な方法と言えます。

 

また、管理職側の経験は他の介護施設でも活かすことができ、貴重な人材と扱われるので、待遇の良い職場に転職しやすくなると思います。

 

他の選択肢としては、生活相談員やケアマネージャーといった職種になります。

 

生活相談員の場合は、施設の便利屋としての立ち回りになり、介護主任や施設長いなる上での通過地点としも扱われる事があります。

 

ただし、生活保護としてずっと働き続けることも可能ですし、施設長や介護主任になる上で生活相談員の経験が必須と言う訳でもありません。

 

給料に関しては、現場の介護職員よりも高い傾向が大幅に上がるということはないです。また、ケアマネージャーにも言えますが、現場の仕事をしない場合は、介護処遇改善加算が貰えなかったり、夜勤の仕事ができないなどで、下手したら介護職よりも給料が下がることもあるので注意してください。

 

ケアマネージャーの場合は、居宅ケアマネを選ぶと、現場の仕事を無くなりますが、1からケアマネージャーとして居宅介護支援事業所で働く事になるので、給料が下がるリスクはあります。

 

施設ケアマネの場合は、現場の介護職も兼任するなら、施設内での立場は介護職よりも上のような扱いになりますし、資格手当や役職手当が加算されるので、現場の介護職よりも給料が上がるはずです。

 

ケアマネの資格を持ちながら、施設長として働くような人も少なくありません。

 

キャリアップしても、基本的に完全に現場の仕事がなくなる事は少なく、むしろ完全に現場から離れると処遇改善加算と夜勤手当が無くなることから、給料が下がる可能性があることを注意してください。

まとめ:働き続ける職場が大切

介護の仕事

介護士として資格を取得し、キャリアップして行くこともで、給料・年収を上げて行く上で大切です。

 

ただし、結局は給料を支払う介護施設の運営会社が、あなたの希望に見合う年収になる程に賃金を支払う余力があるかどうかが重要になります。

 

資金力のない介護施設に就職して頑張って働いても、給料はあまり上がりません。能力、勤続年数、貢献度、役職といった面を正当に評価して、給料を上げてくれる職場は、それができる資金があるからです。

 

だからこそ、黒字経営を堅実にしていて、利益を上向きにしているような、福祉法人や民間企業が運営している介護施設で働く事をオススメします。

 

もし、今の職場がブラック寄りだったり、人間関係が良くても出世先がなかったり、利益があっても売上が少ないような小規模な介護施設で働いているのでしたら、おそらくは給料は安く、ボーナスもあまり支払われていないはずです。

 

転職することができる経験を積んでいるなら、もっと今よりも待遇の良い介護施設や事業所に転職することを検討してみてはどうでしょうか?

 

満足できる給料を稼げている介護士の多くは、資格を取得し、経験を積み、そして自分が長期的に働ける介護施設・事業所に転職できる努力をしています。

 

そして、何度も言うように、自分の能力を正しく評価して、報酬をくれる職場で働かないと、給料・年収を上げて行く事はできません。

 

転職活動が面倒と感じる人もいると思いますが、そこで行動していくことができるかどうかも、給料を上げて行ける介護士、不満だけを抱えながら働く介護士との大きな違いと言えるかもしれません。

 

あなたは、今の職場でずっと働き続けることができますか?

オススメの介護業界に特化した紹介会社

全国対応のクリックジョブ介護



 

業界最大手の介護業界に特化した紹介会社になります。

 

全国の求人を扱っており、求人数も30,000件以上になると、住まいの地域から、あなたの希望に近い求人を、担当のスタッフが厳選して紹介してくれます。

 

最大手の一つだからこそ、沢山の求人依頼がクリックジョブに依頼されますし、優秀な人材を獲得するために、好待遇で残業無しといった働きやすい環境を提示するような介護企業も少なくありません。

 

一般の求人サイトには公開されていない、レアな非公開求人も豊富ですし、全国に対応していることから利用しやすい紹介会社になるので、今の職場よりも働きやすい介護施設・事業所への転職を考えているなら、とりあえず登録して、相談してみることをオススメします!

 

なお、面接毎に交通費として1000円の支給があるので、お財布にも優しいです。

 

介護の転職なら『クリックジョブ介護』

 

ホワイト企業に特化したハートフル介護士



 

東京・山梨・埼玉・神奈川・千葉・長野と4つの地域の求人を扱っており、主に東京の求人を扱っている紹介会社になります。

 

エリアが限定されているので、人によって利用できない人もいらっしゃると思います。

 

ただし、ハートフル介護士は、ホワイト企業……要は、ほとんどの介護士が魅力的だと感じるような求人を扱うことに力を入れています。

 

具体的には、給料を上げたい人はもちろんですが、時間外労働を月5時間未満にしたい方、有給休暇を気兼ねなく取得できる雰囲気の職場で働きたい方、スタッフ同士が笑顔でコミュケーションが取れるような職場で働きたい……といった希望を満たせるような求人を扱ってくれています。

 

そのため、ハートフル介護士が紹介してくれる求人は、ハートフル介護士が設けた厳しい基準をクリアしたホワイト企業のみになっています。

 

注意点としては、前述した要にエリアが限定されていることと、派遣の求人を扱っていない点になります。

 

もし、対応エリアも雇用形態も問題なく、希望に近いホワイト企業で、長期的に働いて行きたのでしたら、ハートフル介護士から求人を紹介して貰ってみてはどうでしょうか?

 

【ハートフル介護士】介護職のためのホワイト企業への転職・就職サポート

介護士の転職を成功させる方法

介護士のための紹介会社

1

クリックジョブ介護 評価 対応エリア 全国 ⇒クリックジョブ介護   介護士の転職を成功させて、待遇の良い職場で働いているような人は、どのような転職活動をしたのでしょうか?   結 ...

2

ハートフル介護士 評価 対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉など もし、あなたが「ホワイト企業が運営している介護施設に転職したい!」と思っているのでしたら、ハートフル介護士で転職活動しましょう。 &n ...

-給料・年収の悩み解決策

Copyright© 介護職員の人生設計-さようなら!ブラック介護施設 , 2019 All Rights Reserved.