介護業界の就職・転職事情

新人介護職員だけど先輩に仕事を教えて貰えません。どうすれば?

更新日:

 

新人介護職員の方に辞めたいと思ってしまう理由、または入社してすぐに辞めてしまった理由を聞くと、

 

「先輩から介護の仕事を教えて貰えなかった」

 

という話を聞く事がよくあります。

 

新人介護職員にとって、入社して間もない頃は、分からないことだらけな上に、事務処理と違って介護をする相手である利用者は、今すぐ介助を必要としています。

 

特にトイレ介助などは、新人介護職員にとっても、利用者にとっても素早く先輩介護職員にフォローして欲しい案件と言えます。

 

問題なのは、教える側の先輩介護職員が忙しくて、初日からマンツーマンで教えることができないような場合になります。

 

そうなると、新人は分からないことが起こるたびに、忙しく動いている先輩介護職員に質問、または手助けを頼むことになります。

 

その時に断られたり、放置なんてされたりしていたら……辞めてやる!! と思いたくなっても仕方がないかもしれません。

 

誰でも始めから仕事は教わりながら身に着けて行きます。それをさせてくれない時点で、自分に興味がないのでは? こんな介護施設で働いて行けるのか? と思ってしまうと思います。

 

施設長に相談する

教えて貰えないことを放置するのではなく、施設長にまず相談しましょう。

 

見て覚えることも大切と述べる人もいますが、入社して右も左も分からない完全な未経験者にそれを言うのは職場の怠惰としか言えません。

 

そもそも、介護職員は利用者の命を預かっているのですから、介助のやり方を見て覚えるだけで済ませたりしていたら大きな事故に繋がりかねません。

 

介助方法の基本は施設側が教育するべきと言えます。

 

そのため、もし施設長に相談しても、放置されるようでしたら、事故を起こす前に辞めてしまうのもいいかもしれません。

 

入社当日にどのように対応されるのかをしっかりと見極めることも大切です。

 

入社当日に放置されて、どうやって働いて行けばいいのかと思うようでしたら、「ここは駄目そうだと」と判断するのも一つの選択です。

 

健康保険証や年金の支払いをしていないのでしたら、職歴になることもないので、この辺りは迅速に決断することも大切だと思います。

 

そして、間違った介護施設に入社しそうになった失敗の経験を活かして、もっと働きやすい介護施設を今度は慎重に探してください。

躊躇わずに聞いて行く

介護士は、利用者の命を預かっています。

 

だからこそ、分からない事があれば周りの介護士に協力して貰う必要がありますし、先輩介護士も後輩を助けて、育てることで職場の負担を将来的に軽くすることが求められます。

 

忙しい時に質問しに行くのに躊躇いを感じてしまうこともあると思います。また、サポートして貰えても、嫌そうな顔をされたり、きつい言葉を言われることもあるかもしれません。

 

理想なのは、にっこりと微笑まれて、「気にしなくていいのよ」と手伝ってくれる事だと思いますが、やはり手一杯の状態ですと、余裕がなくてつい厳しい言葉を使ってしまう介護士の方もいらっしゃいます。

 

見放すのは論外ですが、手伝って貰えたり、厳しくても教えて貰えるのでしたら、その点には不満を持つのではなく、忙しい中でも教えて貰えることに感謝しましょう。

 

先輩たちも余裕がなかっただけで、忙しい時間帯が過ぎた後に再度お礼を言えば、気にしていないことがほとんどです。

 

同じことを繰り返さないようにしながら、先輩介護士に頼りながら仕事を学んでいきましょう。

 

ただし、何度も言うように放置され、施設長に相談しても何も解決しそうにないのでしたら、施設側が未経験者の介護職を雇う余裕がない職場だと判断して、迅速に退職することも大切と言えるかもしれません。

 

だったら、未経験者を採用するなよ!

 

と思うかもしれませんが、ブラック企業程にとりあえず採用しようとするケースが珍しくありません。

 

また、現場にいない使用者が、現場のことを分からずに求人を出して、現場の管理者に「採用しておけ」と命令していることもあるのです。

 

私達介護士にできるのは、このようなブラックな職場に就職・転職しないように、慎重に職場を選ぶことなのです。

 

教育制度が整っている介護施設を見極めるには

マニュアルが整備されているのは、大手の企業になりますが、マニュアルだけ見て仕事がスムーズできる程介護の仕事は甘くありません。

 

そして、大手企業だから教育制度が整っているのではと思っても、研修やマニュアルが整っているだけで、現場の介護職員達が教える余裕がなかったり、人柄に問題があるケースも決して珍しくありません。

 

資格を取得するためのサポートだったり、勉強会に参加して行くといった面では大手企業の方が良いかもしれませんが、新人研修という点に関しては、運営している企業の大きさはあまり関係ないかもしれません。

 

大切なのは、就職する介護職員が過度な人手不足になっていないか、施設長や教育係になる介護職員はは仕事ができ、人柄がいいのか……が重要になると言えるかもしれません。

 

後は、新人介護職員の定着率や離職率なども事前に確認しておくべきです。

 

そんなの自分で調べられないという人は、介護職に特化した転職エージェントを利用して、担当のアドバイザーなどに調べて貰った上で応募するとよいと思います。

 

待遇の良い介護施設で、長期的に働いて行くなら、自分で求人を探すのではなく、信頼できる介護職に特化した転職エージェントを利用して、希望に合った求人を厳選して紹介して貰った方が効率的ですし、安心ですよ。

 

⇒あなたの希望条件に近い介護施設を紹介してくれるオススメ転職エージェント

 

自分から事は自分がどんどん聞いて行こう

新人の頃は、不安なことはどんどん聞いて行くようにしましょう。

 

怒られることもあるかもしれませんが、利用者に負担を押し付けたり、最悪事故になる可能性を考慮するなら、怒られる程度で済めばいいと開き直るのも一つの考え方です。

 

自分で考えるのも大切ですが、利用者がいることを考えると、考える時間もほとんど残されていないことケースがほとんどです。

 

スムーズに介護の仕事ができるよういなるまでは、周りに頼ることも大切です(もちろん、頼った後は感謝の言葉を忘れないでくださいね)。

 

利用者と先輩に挟まれてストレスが溜まると思いますが、仕事の中で少しずつ成長して行きましょう。

 

そして、仮に新人を放置してくるような職場だったりしたら、必要に応じて転職することも考えましょう。

 

ただし、職歴になるまで働いてしまっていて、短期退職が気になるなら、何とか1年はとりあえず頑張ってみるのもよいと思います。すぐに辞めてしまっても転職先を見つけることはできるのですが、やはり多少転職活動のハードルは高くなります。

 

そのため、働きながら転職活動をした方が安心できるかもしれません。

 

⇒人間関係が良好な介護施設に転職する方法

 

介護士の転職を成功させる方法

介護士のための紹介会社

1

クリックジョブ介護 評価 対応エリア 全国 ⇒クリックジョブ介護   介護士の転職を成功させて、待遇の良い職場で働いているような人は、どのような転職活動をしたのでしょうか?   結 ...

2

ハートフル介護士 評価 対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉など もし、あなたが「ホワイト企業が運営している介護施設に転職したい!」と思っているのでしたら、ハートフル介護士で転職活動しましょう。 &n ...

-介護業界の就職・転職事情

Copyright© 介護職員の人生設計-さようなら!ブラック介護施設 , 2019 All Rights Reserved.