介護職員が抱える仕事の悩み・不安

介護福祉士の受験資格と取得後のメリット

更新日:

介護福祉士は、国家資格の一つであり、介護士が取得する資格の中では目指すべき到達点の一つと言えます。

 

介護福祉士の資格を持っていることは、一定の介護技術を持っていることを証明しているとも言えます。

 

詳しく記事の後半で述べますが、資格手当、転職時の応募条件、2019年10月から始まる8万円相当の処遇改善のための条件(予定)といったメリットを見込む事ができます。

 

そのため、受験資格として一定の経験年数と資格が義務付けられていますし、試験内容も難しいとまでは言いませんが、仕事しながらという前提を考えると楽ではありません。

 

しかし、介護士として長期的に働いて行くつもりなら、受験資格を満たしたのでしたら必ず取得しておくことをオススメする資格になります。

受験資格

受験資格としては、実務経験ルート、福祉系高校ルート、養成施設ルートの3つがありますが、ここでは学生として学校に通って条件を満たしている人は少ないと思うので、現在介護職員として働きながら資格取得を目指している人に向けた実務経験ルートのみを説明したいと思います。

 

実務経験ルートは学校に通う必要がないので、学生のように長期的に学校に通う必要がないです。

 

一方で、従事日数と求められる資格が出てきます。

 

具体的には、

 

従業期間が3年(1095日)以上かつ従事日数が540日以上、そして実務者研修の資格を取得していることが受験資格になります。

 

従業期間は、介護業務の経験を積むことになった施設及び職種の在職期間を指します。

 

従事日数とは、実際に介護業務の経験を積んだ日数を指します。そのため、従事日数には有給休暇といった仕事を休んだ日はカウントされません。

 

また、休んでいなくても従事日数には、介護業務をせずに、他の職種の仕事だけをしていた日数も含まれません(出張や研修で介護業務などをしていなく日も従事日数は含まれません)。

 

注意点としては、生活相談員や、事務員、支援相談員、看護師が介護職を兼務している場合になりますが、この場合は従事日数に含まれません。

 

ただし、主たる仕事が介護業務の場合でしたら、他の職種を兼務している場合でも、従事日数として認められます。

 

そのため、雇用契約などで介護の仕事を明確にしているか、シフトでも介護の仕事を従事していることが明確になっているか……といった点が大切になってきます。

 

不安な方は、現在勤めている介護施設に相談するようにしましょう(どちらにしても実務経験証明書を施設に記入して貰う必要があります)。

 

あくまでも、主たる業務が介護等の業務であることは忘れないでくださいね。

 

なお、施設長や事業所の長が、介護等の業務を兼務している場合は、従事した日数に限り対象となると規定されています。

介護福祉士の試験は難しいのか

平成29年(2018年1月28日)の合格率は、70.8%という数字になっており、決して難関とは言えない資格と言えます。

 

そのため、しっかりと勉強しておけば合格する事ができる資格と言えます。

 

勉強方法としては、セオリー通りですが、過去問をひたすら繰り返して、傾向を掴むことが大切になります。

 

通信講座などを受けて勉強する方法もありますが、やはり独学で勉強するよりもお金は掛かります。

 

最近は、市販で売っている参考書や問題集の解説もかなり丁寧になっているので、個人的な意見としては無理に通信などを利用する必要ないと思います。

 

ただし、介護福祉士の試験は1年に1回になるので、失敗すると金銭面の出費以上に更に1年待つというデメリットを負う事になります。

 

参考書選び、問題集選び、そして自分でスケジュールを組んだ勉強が苦手なら、通信などを利用する事を考えてもいいと思います。

 

自分に最適な勉強方法を考えて下さい。

 

なお、実技に関しては、実務者研修の資格が受験資格になったので、実務経験ルートで試験を受けるなら実技はありませんので安心してください。

 

介護・医療・福祉の資格をとるならケア資格ナビで!

ココがポイント

意外にテキスト代や問題集の値段が高く、スクールの通信講座を受けるのと大差ないということもあるので、とりあえず価格を確認してみてもいいと思いますよ。

介護福祉士の資格を取得するメリット

・時給の加算、手当の支給

・転職で有利になる

・2019年10月からの処遇改善の8万相当の取得条件に必要(予定)

 

上記の3点が主に挙げられます。

 

時給に関しては、無資格と比較する+100円程が一般的になります。

 

フルタイムで、1日8時間、週5日勤務の月20日勤務なら、給料に16000円を加えることができます。手当の金額も、フルタイムで働いた場合の金額と同じくらいの手当になる事が多いと思います。

 

転職に有利な理由としては、条件が良い施設は、即戦力を求めているので、介護福祉士を応募条件していることも珍しくありません。

 

正社員の介護職として、キャリアップしながら給料を上げて行く事を考えているのでしたら、取得しておくべきです。

 

処遇改善に関しては、

 

⇒介護士の給料・年収を上げることができるか否かの明暗を分けるもの

 

で詳しく述べていますが、予定では2019年10月から、勤続年数が10年以上の介護福祉士に対して、8万円相当の処遇改善が支給されるとされています。

 

まだ、制度の内容が正確に決まっている訳ではありませんが、8万円相当となる事を考えると、条件を満たしたどうかで、介護士同士の収入に大きな差が発生することが予測できます。

 

介護福祉士の資格の有無で、同じ仕事をしている介護士との間で収入差が広がることを防ぐなら、やはり取得しておいて損はないと思いますよ。

介護士の転職を成功させる方法

介護士のための紹介会社

1

クリックジョブ介護 評価 対応エリア 全国 ⇒クリックジョブ介護   介護士の転職を成功させて、待遇の良い職場で働いているような人は、どのような転職活動をしたのでしょうか?   結 ...

2

ハートフル介護士 評価 対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉など もし、あなたが「ホワイト企業が運営している介護施設に転職したい!」と思っているのでしたら、ハートフル介護士で転職活動しましょう。 &n ...

-介護職員が抱える仕事の悩み・不安

Copyright© 介護職員の人生設計-さようなら!ブラック介護施設 , 2019 All Rights Reserved.