介護業界の就職・転職事情

既卒・第二新卒の就職活動で介護職を選ぶべきか

投稿日:

既卒や第二新卒の就職活動で、介護業界を選び、介護職として働く事を検討している若者もいらっしゃると思います。

 

しかし、ブラックなイメージである、

 

・給料が低い

・休日数が少ない

・残業や夜勤が多くて長時間労働になりやすい

・定年まで働き続けられるか不安

 

といった、項目を想像して二の足を踏んでいる人もいらっしゃると思います。

 

また、介護の仕事そのものが向かなかったらどうしようと不安を抱えている人もいるかもしれません。

 

このような不安を抱えて、介護職の仕事に就職・転職することを躊躇うことは、決して間違っていませんし、むしろ安易に就職・転職するよりも社会人として正しいと言えます。

 

就職すれば職歴になります。そして、既卒の方の場合も、第二新卒の方も、せっかく就職・転職したのに、また短期退職の職歴を作るのは避けたいと思うはずです。

 

そのため、介護業界で働くなら、しっかりと事前調査や自分の向き不向きをしっかりと検討した上で結論を出すべきです。

 

間違っても、就職・転職しやすいからといった理由で選ぶことのないようしましょう。また、本当に介護の仕事をやりたいと思っていても、待遇面や仕事内容面で就職後にギャップが発生する可能性はありますし、実際に就職後のギャップで辞める人も珍しくありません。

 

このページで、介護職について少しでも理解を深めて頂ければと思います。

給料・休日・福利厚生はブラックなのか

就職・転職する上で一番気になるのが、待遇面の条件になると思います。

 

介護業界が先ほど述べたような、ブラックなイメージ通りの待遇かと言われたら、「おそらく」は違います。この、「おそらく」とは、個々によってイメージが異なるからです。私が思う「給料が低い」基準ラインと、読み手である、あなたがイメージする「給料の低い」基準のラインが異なっている可能性があるからです。

 

まず介護職だと、どれくらいの年収を目指せるかと言われたら、将来的に介護主任や施設長になることを前提にするなら、20代半ば程から働き始めれば、30代後半~40代前半で年収500~600万円程は十分目指せます。

 

そのため、サラリーマンの平均年収くらいなら十分目指せる範囲内と言えます。

 

注意点としては、就職した時点では基本給が低い傾向があり、夜勤や残業ができるかどうかでも給料は大幅に変わります。

 

残業や夜勤があまりないと聞くとホワイト企業と思うかもしれませんが、一方で残業代や夜勤で稼げず、給料が低くなることもあります。

 

そのため、ある程度仕事が忙しい種類の介護施設に就職・転職するのも一つの選択肢です。

 

休日や福利厚生に関しても、大手のグループ会社を選んだ理、規模の大きい施設を中心に運営している福祉法人に就職すれば、休日数や福利厚生面で不満を感じることはないと思います。

 

年間休日数が120日前後の職場も探せばあります。

ブラックな介護施設も沢山ある

ホワイトな側面の話ばかりしましたが、全体を見ればブラックな介護施設は沢山あります。残業代や夜勤手当が禄に出ない職場。

 

出世しても責任だけ増えて、給料が全く増えない職場。人手不足で、月の休日数が5日以内の職場。

 

このようなブラック過ぎる職場も沢山あるのが介護業界になります。

 

特に高齢化の影響で、需要がどんどん増えて行ることから、簡単に利益を上げられるだろうと楽観的に参入するような、個人や中小企業も増えているので、ブラックな介護施設も大量に生産されています。

 

既卒・第二新卒として就職活動しているの中にも、「介護業界はこれから成長していく業界だ!」と思って、ブラック色が濃い中で、安易に就職・転職先を決めしまう人もいらっしゃいます。

 

確かに高齢化が進んでいるので、介護業界は成長していると言えますが、一方で税金を中心に支えられている業界でもあります。

 

そして、少子高齢化によって、税金の確保が難しくなっています。そう考えると、税金に支えられている介護業界は決して将来性があるとは言えません。

 

ただし、その兆候を察してか、混合介護といった、介護保険によるサービスだけではなく、入居者の全額自己負担によるサービスの提供も整え始めている施設もあります。

 

問題なのは、それだけ入居者に希望に沿えるサービスができる体力がある介護施設だけが生き残っていける業界になって行くとも言えます。

 

そのため、私達労働者は、介護業界に将来性云々よりも、将来のある介護施設で働けるように就職・転職活動して行く必要があるのです。

一つの職場でずっと働きたい既卒・第二新卒の方にオススメできない

介護業界に就職したら、その後に再度転職する事は覚悟した方がいいです。

 

それは、最初に就職できる職場でホワイト寄りの施設に入社できないリスクも考えるべきだからです。

 

未経験者でもホワイト企業の介護施設に就職・転職できる!といいたい所ですが、残念ながら未経験者の方ですと、応募できる求人は制限されます。

 

理由としては、ホワイト寄りの介護施設は人手不足になりにくいです。だからこそ、応募者を経験者と条件にすることも珍しくないのです。

 

そのため、必要に応じて、最初の就職先で資格を取得し、経験を積んだ上で、改めて条件の良い介護施設に転職するといった方法を取らざるを得ないケースもあることを覚悟しましょう。

 

唯一の救いとしては、既卒・第二新卒なら大手のグループ会社が運営している介護施設などに応募出来る可能性がある点です。

 

優良企業程に、退職しにくい環境を作った上で、若い人を育てて、人手不足に悩まされないようにしている事が多いです。

 

待遇が良いので競争率がも高くなりますが、一方で新卒者だけで全てカバーできる程に、介護業界のブラックなイメージや生ぬるくありません。

 

そのため、既卒・第二新卒で介護職として働くなら、既卒・第二新卒だから受けられる大手の介護施設を選ぶと良いかもしれません。

 

逆にハローワークなどで、規模の小さい施設などは選ぶようなことはオススメしません。

結局のところ既卒・第二新卒にとって介護職はどうなのか

人によって答えは違うと思いますが、本当に介護の仕事がやりたいという気持ちがないのでしたら、オススメはしません。

 

就職した後に、介護の仕事にやりがいを感じられるようになる人もいますし、介護の仕事に適性があると思えて、何やかやで続けられる人もいますし、私の場合は後者のタイプになります。

 

待遇に関しても、私は年収500万円前後稼げる環境に十分満足しながら、働けています。

 

一方で、他の業界でも年収500万円以上を目指すことは十分可能です。そのため、他の仕事にも興味があるのでしたら、わざわざ介護職を選ぶ必要はないと思います。

 

夜勤の仕事もあるので、健康面で言えば、どうしても日中だけ働いている人達と比べると不健康になりやすいといったデメリットもありますしね。

 

既卒・第二新卒の転職エージェントなどもあるので、そちらを利用しながら、待遇面や仕事内容などを比較しながら、幅広い業界・職種を対象に求人を探してみてもよいと思います。

 

⇒介護業界から他業界に踏み出すのにオススメの20代限定の転職エージェント

 

どの業界にもブラック企業はありますが、一部の例外を除けば、ホワイト寄りの企業も見つけることができるはずです。

 

若さは武器です。20代の既卒・第二新卒なら、いくらでも挑戦できることを忘れないでください。

 

介護業界は将来性がある、ブラックなイメージも払拭されていくといった言葉に自分の意思を左右されるのではなく、「自分が介護の仕事に挑戦したいのか」考えてみて下さい。

 

その上で、介護業界で働いて行きと思ったのでしたら、慎重に就職・転職活動を進めて、ブラック企業を回避するようにしてください。

 

介護業界に特化した転職エージェントの中にも、未経験者・無資格の方が利用できるものがあるので、本気で介護業界に挑戦するなら利用するようにしましょう!

 

⇒未経験者・無資格の方でも利用できるオススメの介護業界に特化した転職エージェント

介護士の転職を成功させる方法

介護士のための紹介会社

1

クリックジョブ介護 評価 対応エリア 全国 ⇒クリックジョブ介護   介護士の転職を成功させて、待遇の良い職場で働いているような人は、どのような転職活動をしたのでしょうか?   結 ...

2

ハートフル介護士 評価 対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉など もし、あなたが「ホワイト企業が運営している介護施設に転職したい!」と思っているのでしたら、ハートフル介護士で転職活動しましょう。 &n ...

-介護業界の就職・転職事情

Copyright© 介護職員の人生設計-さようなら!ブラック介護施設 , 2019 All Rights Reserved.