介護業界の就職・転職事情

家族の介護の経験を活かして介護職員になりたいと思っている方へ

投稿日:

家族である両親や祖母、祖父の自宅介護を終えた人が、介護職を目指すことは決して少なくない訳ではありません。

 

「母のように介護を必要としている人に役立ちたい」

 

「介護の経験を仕事に活かすことはできないだろうか」

 

介護を終えて、再び社会で仕事をする事を考えると、やはり介護の経験を自分の生活を支えるための収入を稼ぐために、そして仕事を通して社会に役立てていけないのかと真剣に考えた上で、介護職に就職することを検討している人もいらっしゃると思います。

 

一方で、実際に介護職として働いた経験がないとなると、両親、義両親または祖父、祖母の自宅介護の経験を活かすことができるのか、または自分思っている介護とギャップが発生したりしないかと不安に感じると思います。

親の介護と仕事としての他人介護は別物

家族の介護という経験を通して、介護職の世界に飛び込むことは決して安易な決断ではないと思いますし、あなたにとって介護職の仕事を続ける上でモチベーションの支えになると思います。

 

一方で、当たり前ですが、介護する高齢者の方は人によって性格も、要介護度も違いますし、そして働く環境も仕事内容も様々です。

 

介護の仕事だけではなく、人間関係で悩まされるケースもあります。

 

訪問介護のヘルパーとして働けば、職場の人間関係で悩まされる可能性は下がりますが、一方でヘルパーとして働くには介護職員初任者研修などの資格取得が必要になりますし、利用者の介護を1人で受け持つことになるので責任も増えます。

 

また、家族という関係ではなく、お客様とサービスを提供する側という関係になるので、どうしても介護する側である私達の方が立場的に弱くなりやすく、利用者によってはお金を払っている側として、横暴な態度をとってくる人もいます。

 

介護をしていたご家族が、優しい人で、自分の介護に対して感謝してくれたことから、介護職を目指したいと思っている程に、お金を払っているから当たり前だというた態度を取られたりするとショックを受けることになるかもしれません。

 

そういったケースも想定した上で、介護職員として働く事を検討するようにしましょう。

 

もちろん、介護職員の方にしっかりと感謝してくれる利用者の方や、利用者家族の方も多いです。

 

ただし、仕事をする中で、どうしても仕事と割り切らないと、介護に対して身が入らないような利用者も……います。

 

優しい人ばかりではないことは覚悟してください。

 

あなたが思っているような介護ができないこともある

介護施設の介護は、あまり時間的な余裕がないです。

 

特に運営が上手く行っている介護施設程に、利用者も多く、仕事量も多いので、効率的に介護の仕事をこなしていく必要があります。

 

効率だけを重視して、利用者の気持ちを後回しにした介護は事故の原因にもなりますし、利用者にとって嬉しいものではありませんが、一方で効率を度外視すれば、必要な介護を全員に行き届かせることができません。

 

そのため、利用者とのコミュニケーションが大切と思いながらも、仕事のスケジュールや周りの介護職員の忙しさを加味しながら、ある程度で抑える必要もあります。

 

そのため、1人の利用者に時間をかけて介護できる……とは思わない方がいいかもしれません。

 

自宅でご家族のために時間をかけて……いえ、ご家族の介護でも在宅の仕事や家事などがあるので、ゆっくりとは言えないかもしれませんが、やはりそれ以上に仕事となると、親身に介護することが難しくなり、思っていた介護とのギャップが発生するかもしれません。

 

ヘルパーの場合でしたら、1人の利用者に介護を専念することができますが、やはり時間的な制限があるので、ケアマネが作成したケアプランに求められる介護を全部するだけで精一杯ということで、あまり会話ができないことも珍しくありません。

 

お金が発生しており、介護施設や事業者の報酬は、介護報酬という税金になるので、どうしても効率が優先されがちになることは覚悟しておきましょう。

家族の介護の経験を活かすことはできるのか

仕事ではなくても、家族のために費やした介護の時間は決して無駄にはなりません。

 

食事介助、身体介助、排泄介助、入浴介助……ヘルパーの方に頼りながらかもしれませんが、それでも自宅で介護した経験は活かされます。

 

もちろん、就職した後は、その施設のマニュアルに沿った介護を学び直すことになりますが、そこでも活かされるはずです。

 

また、排泄介助などの、いわゆる汚い仕事に関しては、慣れが非常に大切になるので、全くの未経験者の方よりも慣れる速度も速いと思います。

 

訪問介護の場合は、未経験者の方に勉強会があるので、それ程心配する必要はないと思います。

どのような介護をして行きたいのかで職場を選ぶ

介護の仕事の内容は、施設の種類や事業所によっても変わってきます。

 

具体的な例としては、特別養護老人ホームとグループホームが挙げられます。

 

特別養護老人ホームは、要介護度が高い方が多く、入居者も多い介護施設になります。入居している人の中には他者に介護をして貰わないと生活が困難な人が多く、身体介助などの比重が重い施設になります。

 

そのため、介護の技術を磨く上で最適な場所ですし、高齢者の方にとっては終の棲家でもあるので、責任が重い一方で寄り添うこともできます。ただし、仕事量が多いので激務になりやすいです。

 

グループホームの場合は、ある程度自立して生活ができる人が集団生活をする施設になります。

 

そのため、介護職員の仕事も生活のサポートが中心となり、身体介助も特別養護老人ホームなどと比べて少なくなります。

 

一方で自立して動ける方が多いからこそ、レクリエーションなどには力を入れる必要がありますし、利用者同士が快適に暮らせるようにケンカなどが発生しないように気を配る必要もあります。

 

そのため、介護や生活支援のスキルも大切ですが、レクリエーションといった高齢者の方を楽しませるスキルも大切になります。

 

デメリットとしては、特別養護老人ホームなどよりも、時給が低くなる傾向があります。

 

そして、施設介護ではない訪問介護の場合は、前述したように1人で利用者宅に行き、ケアプランにある身体介助や部屋の掃除や買い出し、料理といった生活支援が求められます。

 

そのため、周りからのサポートが期待できないので、責任は重くなります。また、食事作りなども栄養面は勿論ですが、利用者が食べやすいものを手早く作ることも求められるので、ある程度の家事スキルも必要になると言えるかもしれません。

 

1対1の介護になるので、信頼関係を構築しやすく、感謝もして貰いやすいです。また、登録型のヘルパーは、自分の空いている時間仕事を入れてもらうことができるんで、柔軟に働きやすいといったメリットもあります。

 

そのため、個人的には自宅介護の経験を活かしたいのでしたら、ヘルパーとして働いてみることをオススメします。

 

ただし、介護職員初任者研修の資格以上が必要になるので、無資格では始められないことは注意しましょう。

ギャップの発生は覚悟する

思っていた仕事と違う…といったギャップは、多少覚悟した方がいいです。

 

やはり仕事としての介護と、身内の介護は違ってきます。

 

そのため、思ったような介護の仕事ができないこともあると思います。また、介護職員同士の人間関係で悩まされる可能性もあります。

 

介護の仕事だけではなく、仕事をする中で悩まされるであろう、人間関係の悩み、就職先を間違ってブラック企業に就職するリスク、シフトの擦り合わせさ、賃金の不満……そういった就職後の不満を少しでも減らすために、転職エージェント等利用して、少しでもあなたの希望にあった就職先で、介護の仕事ができるようにしましょう。

 

⇒あなたの希望条件に近い介護施設を紹介してくれるオススメ転職エージェント

介護士の転職を成功させる方法

介護士のための紹介会社

1

クリックジョブ介護 評価 対応エリア 全国 ⇒クリックジョブ介護   介護士の転職を成功させて、待遇の良い職場で働いているような人は、どのような転職活動をしたのでしょうか?   結 ...

2

ハートフル介護士 評価 対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉など もし、あなたが「ホワイト企業が運営している介護施設に転職したい!」と思っているのでしたら、ハートフル介護士で転職活動しましょう。 &n ...

-介護業界の就職・転職事情

Copyright© 介護職員の人生設計-さようなら!ブラック介護施設 , 2019 All Rights Reserved.