介護業界の就職・転職事情

介護職・ホームヘルパーの仕事は家庭の仕事と両立できる

投稿日:

子供が幼稚園・保育園、または学校に通っている間に、自分も外で働きたい。

 

空いた時間がぽっかりとできるようになった主婦の方の中には、社会に関わるために、少しでも将来のために貯蓄を増やすために働き始めたいと思っている人も決して少なくないです。

 

その際に、社会貢献をしながら働きたい、資格などがある……といった理由で介護職員を候補に考える人もいらっしゃると思いますし、このページを見ている方は、そのような方になると思います。

 

そのような主婦の方の不安としては、家庭の仕事と介護職の仕事を両立することができるのか、ブラック色が濃い問われているが本当なのか? といった点になると思います。

シフト柔軟に対応するのが難しいなら登録型の訪問介護がオススメ

施設介護になると、どうしても他の介護職員との人間関係を考える必要があるので、シフトに入る曜日などをすり合わせる必要があり、プライベートに縛りが発生します。

 

ある程度柔軟に対応できる方でしたら良いのですが、空き時間が限られているのでしたら、他の介護職員との間で摩擦が発生しやすくなります。

 

事前に面接で伝えた上でなら大丈夫でないのかと思っていても、施設長が良くても、現場の他のスタッフが同じように思ってくれるかは分かりません。

 

一方で登録型の訪問介護のホームヘルパーの場合でしたら、希望する時間を伝えて、その時間帯にある仕事を割り振って貰えるので、送り迎えの時間などが決まっている、育児がまだ一段落していない主婦の方にもオススメです。

 

そのため、ホームヘルパーは家庭の仕事と介護の仕事を両立したい方にオススメと言えます。

 

一方で施設介護と違って、介護職員初任者研修の資格を取得しておかないといけません。未経験者の方でも取得できる資格なのですが、未経験者・無資格でも応募できる施設介護の介護職員よりも手間はかかると言えます。

 

また、訪問介護のホームヘルパーは1人で職務に就くことになります。最初の内は先輩スタッフとの同行や研修などで仕事を覚えることになると思いますが、慣れない介護の仕事で四苦八苦することになるケースも高いです。

介護施設の介護職員として働く場合

前述した要に、他の介護職員と連携して働く事になるので、休みや、早番、日勤、遅番などの希望が思ったようにならないこともあります。

 

事前にシフトに入る曜日や時間帯が決まっていても、シフトの穴に入って欲しいと言われるケースもあります。

 

パートの方でしたら断り続けることも可能です。

 

一方で、職場は支え合いでもあるので、あなただけが断り続けて、他の介護職員の方同士はシフト面で融通し合っていたりすると、働きづらくなる可能性は十分あります。

 

また、あなた自身が本来はいるはずのシフトに入れない日が生じると、周りが不満を感じることになるかもしれません。

 

一方で、周りに同僚がいるからこそ、仕事で困った時などは、助けて貰えるとも言えます。

 

また、訪問介護と違って、シフトに入る時間が長いので、ホームヘルパーの方が時給が高くても、勤務時間から施設の介護職員の方が稼げることも珍しくありません。

 

ただし、残業などを頼まれるケースもあるので、夕飯の準備や子供の迎えなどがある人は、事前に残業はできないと確約しておくようにしましょう。

 

しかし、それで他のパートの介護職員に残業のシワ寄せが行くと……やっぱり、気まずくなるケースはあります。

 

もちろん、気にしない介護職員の方もいるのですが、こればっかりとは職場次第としか言えません。

 

介護施設の介護職員でも、家庭の仕事と介護の仕事を両立は十分できますが、家庭を優先し過ぎて、周りに負担を与える程に人間関係が上手く行かなくなるリスクもあるので、その点は覚悟するようにしましょう。

夜勤は断ることができるのでしょうか?

登録型のホームヘルパーは、自分の希望する時間のみになるので夜勤を避けることができますが、施設介護だと絶対に回避することは難しいです。

 

ただし、パートとして働くなら、無理強いされることはあまりないと思います。

 

雇用契約書で、夜勤のシフトが記載されていないのでしたら断ることができますが、就業規則次第では、雇用契約書に記載されていなくても夜勤を命令することを事業主側はできます……が余程追い詰められているブラック企業ではなかったら、面接の段階で夜勤は出れないと言っていた介護職員に夜勤を頼むことはあっても、断られたかといって就業規則違反で解雇することも、無理強いさせようとすることも少ないです。

 

なぜなら、辞められたら元も子もないからです。

 

主婦の方からしたら、介護の仕事でお金稼ぐ事と、家庭なら家庭を優先することくらい施設長も分かります。

 

また、地域にもよりますが、パート先が他にも多数あるのでしたら、パートの方が無理に夜勤に入ってまで続ける可能性の方が低いと推測できます。

 

そのため、頼まれても断れる事の方が多いと思います。そして、夜勤に関して言えば、パートの方はお金を稼ぎたい人を除けば、基本的に敬遠しますし、流石に融通できる範囲外と考える人が多いです。

 

そのため、正社員の方が穴埋めする事が一般的なので、夜勤を断ることに関しては、あまり人間関係が悪くなることは少ないと思います。

仕事のやりがいよりもお金優先なら他の仕事がオススメ

経験年数を重ねて、介護福祉士やケアマネの資格を取得していくなら、時給もかなり高くなって行きますが、一方で未経験者で入社した時点の時給は、それ程高くありません。

 

それこそ、スーパーやコンビニのレジ打ちと時給は同じくらいのはずです。

 

レジ打ちが簡単とは言いませんが……やはり、仕事を覚えるという点や、慣れるまでの期間を考えると介護職やホームヘルパーの方が効率が悪いと言えますし、ストレスの負担も重いと思います。

 

そのため、介護職に対するやりがいよりも、家庭のためにお金を稼ぎたいと思っていたり、社会にもう一度でて働くことを考えているのでしたら、他の仕事に就くことも、もっと検討するべきだと思います。

 

一般事務のパートの仕事も決して少なくないです。むしろ、事務に関しては正社員よりも、パートの方が就きやすいです。

 

事務系は、正社員の競争率は非常に高いですが、それは企業が事務には非正規雇用者を中心にしたがっていることが挙げられます(正社員よりも解雇しやすく、人件費も抑えらるため)。

 

パートとして働く選択肢は沢山あるので、その中で介護職を選ぶべきかどうかをしっかりと考えるようにしましょう。

 

介護職を選ぶメリットとしては、やはり人手不足な業界なことから、経験と資格があれば、職に困りにくく、正社員にもなりやすい点と言えます。

 

将来的に、子供が手元が離れて言った際に、正社員になりたいと思っている人には、メリットが大きいかもしれません。

 

また、前述したように、成長して行けば、資格による時給加算などによって、高時給で働ける可能性もある点です。

 

その代わりに、仕事量も増えて、後輩の育成なども任せられますが、時給が高くなるのは魅力的と言えます。

 

ただし、扶養控除の範囲内で働くとなると、時給が高くでも魅力は落ちるので、働き方も考えるようにしてくださいね。

 

ブラック企業が経営している介護施設に入社しないようにする

人間関係が最悪で、施設長の人柄も悪く、無理やり都合の悪い日でもシフトを入れてきたリ、サービス残業を強制してくるブラック企業もあります。

 

ブラックな介護施設に入社しない方法としては、

 

⇒転職の失敗を防ぐホワイト介護施設とブラック介護施設の判別方法!!

 

で詳しく述べているので参考にしてみてください。

 

自分でブラック企業が運営しているかどうかの介護施設かどうか判断することも、事前に職場の雰囲気や施設長の人柄を知る事も難しいです。

 

求人に関しても、嘘を記載されてはお手上げです。

 

そのため、オススメの方法としては、介護業界に特化した転職エージェントを利用して、求人を紹介して貰う方法になります。

 

未経験者・無資格の方でも利用できる転職エージェントもありますし、資格取得のためのサポートをしくれる転職エージェントもあり、上手く活用すれば、資格取得のための費用負担を抑える事も出来ます。

 

また、転職エージェントは、スタッフが事前に職場に足を運び、職場の雰囲気や施設長の人柄といった情報も収集してくれていることがあり、求人に掲載されていない譲歩をしることもできます。

 

そのため、ブラックな介護施設に就職したくない人は、介護業界に特化した転職エージェントを利用して、就職活動するようにしましょう!

 

⇒未経験者・無資格の方でも利用できるオススメの介護業界に特化した転職エージェント

介護士の転職を成功させる方法

介護士のための紹介会社

1

クリックジョブ介護 評価 対応エリア 全国 ⇒クリックジョブ介護   介護士の転職を成功させて、待遇の良い職場で働いているような人は、どのような転職活動をしたのでしょうか?   結 ...

2

ハートフル介護士 評価 対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉など もし、あなたが「ホワイト企業が運営している介護施設に転職したい!」と思っているのでしたら、ハートフル介護士で転職活動しましょう。 &n ...

-介護業界の就職・転職事情

Copyright© 介護職員の人生設計-さようなら!ブラック介護施設 , 2019 All Rights Reserved.