介護職員の労働環境と待遇

介護職員は休憩時間の1時間さえ取れないのか!?

更新日:

フルタイム・正社員として毎日8時間以上働いているのに、休憩時間をほとんど取れず働いている人もいらっしゃると思います。

 

介護職員として働くなら、休憩時間10分~15分程度でも我慢して働かないとダメなのか……なんて思ってしまっている人もいるかもしれません。

 

まず、労働基準法第34条では、

 

・6時間以内の場合は休憩を付与する義務なし

・6時間を超える、8時間以下の場合は少なくとも45分の休憩時間を与えなければならない

・8時間を超える場合は、少なくとも1時間の休憩を与えなければならない、

 

上記のように規定されています。

 

そのため、忙しいからと言って、上記の労働基準法に規定された休憩時間が取れないなら職場側に問題があると思ってください。

 

その上で、休憩が禄にとれずに、酷使されている介護職員の方が少なからずいるので介護業界の実状と言えます。

緊急事態が起こらない限りはお互いにサポートするのが当たり前

介護職員全員が一度に休憩をとることはできません。当たり前ですが、利用者の方は活動しているのですから、何人かの介護職員は見守りをしながら、事故などが発生しないようにする必要があります。

 

一方で休憩時間は、基本的に利用者の昼食後の自由時間~レクリエーションになるので、それ程に人手が必要な時間帯ではありません。

 

そのため、交代で休憩を取りつつ、昼食を食べることになります。

 

また、休憩時間を取る条件を満たしていない時短勤務の非常勤の方などがいるのでしたら、あまり交代などを意識せずに休憩を取れることもできます。

 

もちろん、緊急時や外部からの突然の訪問などで忙しくなった場合などは、休憩を取っていても、サポートし合うことも大切ですが、その時間を休憩時間とカウントしないのが一般的と言えます。

 

更に言えば、本来は休憩時間のスタッフが電話や訪問対応もしなくていいようにしておくことが、会社に求められるのですが……なかなか難しいのが実状と言えるかもしれません。

 

どうしても、緊急時以外は対応したくないのでしたら、外でご飯を食べてしまうのも一つの手です。

 

それなら、電話掛かってくるような緊急時以外は対応しなくても大丈夫です。

 

実際に、私は休憩時間になったら、気分転換も兼ねて外で食べることも多いです。

 

問題なのは、そういった外出による昼食を許可されていなかったり、外で食べたりすると文句を言ってくるような施設長や介護職員がいる場合になります。

 

しかも、一部のお局様の派閥が休憩を悠々と休憩して、負担を周りに負わせるような職場だったりしたら、不満はたまっていくだけです。

 

しかし、このようなブラックな職場環境になってしまうと、定められている休憩時間をしっかりと取ることが難しいです(お局様と言った人達からしたらブラックではないかもしれませんが)。

 

そして、残念ながら1人の力で職場環境や独自のルールを変えたり、派閥をどうにかすることは、ほとんどできません。

ブラック企業の考えに染まらないようにする

『介護職は利用者の安全を考慮しながら働く必要があるから、休憩時間なんてほとんど取れなくて当然』

 

『新人なんだから、ベテランに迷惑を掛けている分働くべき』

 

不満を抱えていても、仕事をして行く中で、上記のような言葉を投げかけられ続けて「そういうものなのかな?」と、ブラック企業が運営している職場の考え方に染まって行き、ブラック企業にとって都合の良い人材になってしまうケースもあります。

 

そうならないためにも、労働基準法違反をしているようなに長く働きつづけることのないようにしましょう。

不満はどこかで爆発する

仮にブラック企業の考え方に染まっても、不満が消えることはありませんし、そもそも休憩時間がない程に忙しいのですから、普段の仕事も介護職員一人以上の仕事が割り振られている可能性もあると思います。

 

休憩時間が少なく、仕事量も1人分以上……どこかで不満は爆発してしまいます。その際に、関係ない利用者の介護に影響を与えてしまうと、事故の原因にもなってしまいます。

 

他にも、体調面や精神面に悪影響を与えて、体や心を壊す結果に繋がることもあります。

休憩時間の労働基準法も守れない職場で働かない

労働者に法律に則った休憩時間を与えるのは、介護業界も含めて当たり前です。

 

介護業界だけ、休憩時間がしっかりと取れないなんてことはありません。

 

正社員やフルタイムで働いている介護職員で、休憩時間を1時間しっかりと取れない介護職員の方が少数派になります。

 

もし、8時間労働で休憩時間が10~20分しか取れないようなら、今の職場が異常だと思いましょう。

 

加えて、他にもブラックな環境が沢山あるのではないでしょうか?

 

例えば、役職がない介護職員なのに、2~3時間の残業が当たり前になっていたり、休日出勤がある、年間休日が100日を下回っている、資格手当が支払われない、サービス残業まである……思い当たる節はないのでしょうか?

 

「介護職ならそんなものではないか?」

 

と思ってしまっているなら、あなたはブラック企業が運営している介護施設に染まってしまっていると危機感を持つようにしましょう。

 

残業に関しても、役職の無い一般介護職員なら、大半の方は残業なしで帰れています。現場で働く一般の介護職員の残業が当たり前になっている職場の方が異常なのです。

ブラックな職場で働く意味はない

将来的に日本が発展途上国に抜かれて行って、どんどん景気が悪くなり、働ける場所を探すことが難しくなっていて、職場を選んでいられない……なんて状況になっているなら別ですが、今の日本はむしろ人手不足で、労働者が足りていない状況です。

 

介護業界に関しては、深刻な人手不足で、どうにかして人を集めようと必死になっています。

 

業績が悪いような介護施設は、介護職員の待遇を上げる余力はありませんが、堅実な運営ができている施設は、人手不足を防ぐために、待遇面や労働環境を充実させています。

 

実際に、時短勤務、残業時間を抑制、キャリアパスの明確化、有給休暇の使いやすさ、時給や給料の上昇といった面に力を入れて、他の介護企業に人を奪われないように、企業努力をしている介護企業は増えています。

 

そのため、わざわざブラックな労働環境と待遇しか用意できない介護施設で働く意味はありません。

 

今の介護施設が、介護業界の基準等と考えずに、転職活動を通して、他の職場と比較してみてはどうでしょうか?

 

自覚が無くても、ブラック企業に言いように使われているかもしれませんよ?

休憩時間くらいゆっくりと過ごせる職場で働こう

色々と言いましたが……休憩時間がとれる労働時間なら、ゆっくりと休める職場で働きましょう(笑)

 

休憩時間中に他の介護職員と談笑したり、時には施設の近くのカフェや定食者、チェーン店に足を運んで昼食を取る……こういった普通に休める時間を提供してくれる職場で働くのが当たり前です。

 

緊急時でもないのに、碌に休憩を取れない職場の方がおかしいだけと思いましょう。

 

⇒ホワイト企業の介護施設に転職する方法

介護士の転職を成功させる方法

介護士のための紹介会社

1

クリックジョブ介護 評価 対応エリア 全国 ⇒クリックジョブ介護   介護士の転職を成功させて、待遇の良い職場で働いているような人は、どのような転職活動をしたのでしょうか?   結 ...

2

ハートフル介護士 評価 対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉など もし、あなたが「ホワイト企業が運営している介護施設に転職したい!」と思っているのでしたら、ハートフル介護士で転職活動しましょう。 &n ...

-介護職員の労働環境と待遇

Copyright© 介護職員の人生設計-さようなら!ブラック介護施設 , 2019 All Rights Reserved.