介護士の人間関係の悩み

老健・病院で介護職として働きたいが看護師と一緒に働くのに不安です

更新日:

介護施設は、基本的に看護師の配置基準を満たす必要があるので、介護士は看護師と上手く付き合いながら仕事をして行く事が求められます。

 

その中でも老健に関しては、他の介護施設よりも看護師の数が多いですし、病院も同様です。

 

そして、看護師の人と一緒に仕事をする機会が増えるのですが、上手く一緒に仕事ができるのか、または既に働いている人の中には看護師との人間関係に悩みや不安を抱えてしまっている人もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

看護師との間に上下関係があるのではないか

命令口調で指示されるのではないか

嫌味や悪口をどこかで言われているのではないか

 

上記のようななことを考えてしまったり、実際に受けてしまっている人もいらっしゃるかもしれません。

看護師と介護士の間に上下関係はあるのか

上下関係なんてな!!と言いたい所ですが、職場によっては、または個人単位で介護士よりも看護師の方が立場が上といった態度をとる看護師や職場の雰囲気が存在していることがあります。

 

理由としては、介護士が看護師の仕事をすることはできませんが、看護師の方の中には介護士の仕事を理解し、できる人も少なくない点が挙げられるかもしれません。

 

また、資格の取得の難しさと手間、待遇面の違いもあるからもしれません。

 

普通の看護師は、同じ職場で働く介護士に対して、上から目線で偉そうに指示したりすれば人間関係が悪くなって、働きにくくなることを理解していますし、そもそも先輩・後輩という上下関係は意識することはあっても、仕事という面で上下関係があるとは思っていないはずです。

 

しかし、職場も人間も色々なので例外的な人もいます。介護士と看護師の間に上限関係が出来上がってしまっていたり、介護士が看護師よりも下だと思っているような看護師も残念ながらいます。

 

問題のある職場や人は少なからずいる事は覚悟する必要がありますし、どうしても耐えられないなら転職する必要もあります。

 

これに関しては、看護師との人間関係に限らず、介護士同士でも同様です。

 

仕事をして行く上で、どうしても性格が合わなかったり、どうしようもない性格の人や職場の慣習が存在していることもあります。

 

私達労働者は、自分で解決できるのか、または我慢する程度なのか、それとも逃げ出すべきなのかを考える必要があるのです。

 

もちろん、一番いいのは問題のある職場や、問題のある人がいない職場かどうか確認した上で入社することです。

 

⇒人間関係で悩まされない介護施設で働きたい

 

人間関係で悩まされない職場で

常勤の看護師が多い職場で働くメリット

病院や老健といった看護師や医師がいる職場で働くメリットとしては、やはり患者の体調が急に悪くなったり、怪我をすることになっても、看護師や医師に任せることができる点と言えます。

 

介護施設だと、看護師が日勤しかいないことも珍しくないので、何かあっても介護士としては救急車を呼ぶ以外の対応ができません。

 

また、救急車を呼ぶにしても、呼ぶべき状態のなのかといった対応も素早くとる必要があります。

 

看護師の方と働く事ができれば、そのような責任面の負担が少なくなるので、介護士側としては大きなメリットと言えます。

 

最近は介護付き有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅などでも、24時間体制で看護師をシフトの配置に入れているような職場も増えています。

 

富裕層向けの施設である傾向が強いですが、看護師がいることの安心感に関しては、必ずしも病院、老健だけのメリットというわけではないと言えるかもしれません。

指示されることが苦手な人にはオススメしにくい

介護士側としては、どういしても医療面のケアがある老健や病院となると、自分達では処置できないことが多いです。

 

そのため、看護師や医師側の指示に従いながら仕事をする事が求められます。

 

上下関係というよりも、仕事の役割を考えた上で仕方がない部分と言えます。

 

介護士側として問題なのは、その際の看護師側の指示の方法や態度になりますが、忙しい時だと多少言葉が荒くなります。

 

介護士同士の先輩後輩の関係だったりすれば耐えられるけど、どれだけ口調に気を配られていても、自分よりも若い看護師に指示されたりするのが耐えられないというなら、老健や病院で働く事はオススメしません。

出世を目指すなら老健や病院で働くのはオススメしない

老健や病院の場合ですと、介護士が主軸の介護施設ではないので、出世先がほとんどないことが多いです。

 

病院だと福利厚生や入社時の給与の水準が高いこともありますが、役職に就ける出世先ほとんどないことから、給与の伸び率が低いことも覚悟すべきと言えます。

 

そのため、出世して給料を上げて行くのでしたら、病院や老健で経験を積んだ後に、他の職場で働く事を考えてもいいと思います。

 

⇒介護施設の施設長になれば年収500万円以上になるのか

 

あまり気にし過ぎない

ブラックな職場を除けば、基本的には淡々と働ける環境だと思います。

 

看護師や医師の方もいるということは、役割分担をしながら、あなたは介護の仕事に集中して働けるとも言えますし、医療面の不安な点に関しては医師や看護師が気づいてくれますし、指示に従えばいいという楽な気持ちで働けます。

 

介護施設だと看護師の数が少ないので、どうすればいいのかとパニックになるような事態でも、看護師が多い老健や病院だと、そのような事態になりにくいのは、やはり精神的に楽と言えると思いますよ。

看護師との人間関係は介護職員として働く上では避け切ることは難しい

病院や老健は看護師の数が多いですが、一方でデイサービスや介護付き有料老人ホームといった介護施設にも看護師は働いています。

 

基本的には、配置基準を満たす時間のみになるので、シフトに入るのは1人で、2~3人の看護師で毎日のシフトを回していることが多いと思います。

 

そして、健康面のチェックに関しては、当然ですが看護師が担うことになりますし、施設によっては看護師の方が介護職員の仕事をサポートすることもあります。

 

一見すると看護師がいることは介護士にとっては仕事の負担が軽減してくる存在に見えますが、一方で看護師という立場から衛生面の指摘だったり、利用者の体調管理を考慮した介助方法の指摘などで、介護職員を「イラっ」とさせることもあります。

 

看護師と介護士の介護という仕事に対する価値観は違います。

 

介護の現場で働く看護師の方にお話を聞くと、やはり介護職員の衛生管理に対する意識の低さや、利用者の健康に対する「万が一の可能性」に対する意識にイライラすることが多いそうです。

 

一方で、現場で働く介護職員は、看護師の指摘は分かるけど、そこまで徹底することができないと述べたり、確かに看護師言う通り少し楽観的な考えをしていることも少なくありません。

 

この辺りの価値観のズレによる仕事の摩擦を上手く処理するのが施設長の役割にもなりますが、完璧に解消させて、良好な人間関係を構築させるのは非常に難しいです。

 

そのため、介護職員として働く上でも、看護師として働く上でも、お互いに仕事に対する価値観のズレや働き方に多少のズレがあることを理解した上で仕事をしていく意識も大切と言えます。

 

ただし、看護師の言葉を無視して、利用者の体調を悪化させたりしたら目も当てられないのですから、時折イラっとすることがあっても、利用者の健康に関わる点に関しては、善処するように取り組むことは忘れないようにしましょう。

 

衛生管理などは最近は厳しくなっているので、県や市の立ち入りなどの際にも厳しくみられることを忘れないようしてください。

 

また、どうしても看護師と同じ職場で働きたくないのでしたら、訪問介護のヘルパーとして働くことも選択肢に入れるとよいと思います。

 

⇒訪問介護の常勤・正社員のヘルパーとして働く事は可能なのか

介護士の転職を成功させる方法

介護士のための紹介会社

1

クリックジョブ介護 評価 対応エリア 全国 ⇒クリックジョブ介護   介護士の転職を成功させて、待遇の良い職場で働いているような人は、どのような転職活動をしたのでしょうか?   結 ...

2

ハートフル介護士 評価 対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉など もし、あなたが「ホワイト企業が運営している介護施設に転職したい!」と思っているのでしたら、ハートフル介護士で転職活動しましょう。 &n ...

-介護士の人間関係の悩み

Copyright© 介護職員の人生設計-さようなら!ブラック介護施設 , 2019 All Rights Reserved.