介護職員が抱える仕事の悩み・不安

利用者に事故で怪我をさせてしまった介護職員は解雇?

投稿日:

介護職員として働いている人の中には、不注意によって利用者の方に怪我をさせてしまい、介護士としての自信を失ってしまったり、賠償責任や解雇といった処置に怯えている人もいらっしゃると思います。

 

介護職員として働く上で、利用者から目を離した際の転倒事故や介助中に怪我をさせてしまうことは絶対に防ぐつもりで働くことが大切にあります。

 

しかし、絶対に事故を起こさない……事故0を実現するのも、また不可能なのが介護の現場でもあります。

 

車いすからベッドに移乗させる際に、利用者の足がベッドの柵や脚に当たってしまってような事故が起こることもあります。

 

少しを目を離し隙に、座っていた利用者が移動を始めて、転倒していることもあります。

 

服薬介助の際に、用意する薬を他の利用者のものと間違える……なんてことも偶に聞きます。

 

ほとんど怪我無く終わる事故から、アザといった打撲、または骨折、そして最悪のケースとしては死亡事故に繋がることもあります。

 

小さい事故から大きな事故まで、反省するべきですし、施設全体で問題を共有して、同じように事故が発生しないように、全力で防ぐことが求められます。

 

ただし、介護職員よりも利用者がの方が多ければ、常に目を離さないのは現実的に不可能です。更に言えば、転倒しそうな際に常に介護職員が側にいる環境も難しいです。

 

移乗の際の事故に関して、常に完璧な介助ができるかと言われたら、やっぱり難しいです。服薬介助のミスなどはあり得ないと思うかもしれませんが、疲労・忙しさ、経験不足などかミスが絶対に発生内とまでは言えません。

 

反省は大切ですが、人間は機械ではありません。

 

上記の事故はあくまでも一例で、介護の現場でヒューマンエラーによる事故を0にすることなんて不可能なのです。

解雇や損害賠償の責任は発生するのか

介護施設側から、施設が利用者に支払った治療費や慰謝料などを請求されないかと怯えている人もいらっしゃると思います。

 

使用者側は労働者である介護職員を雇って利益を稼いでいるのですから、介護職員が起こす事故に関しても責任を負う必要があるので、余程大きな過失があったり、悪意による行為ではない限り、介護職員個人が金銭的な負担を負う事はありません。

 

そのため、事業主側があなたに対して治療費を払えといってきても、素直に従ってはいけません。

 

また、仮に重大な過失があっても、全額が個人の責任になることはなく、それでも事業主側の負担割合が大きい判決が出ることが多いです(重大な過失が無ければ、基本的に個人賠償自体がほぼ認められません)。

 

結論から言えば、会社が負った損害を、労働者に請求することは非常に難しいと思って頂ければ大丈夫です。

 

解雇に関しては、使用者側の判断、就業規則のルールにもよりますが……基本的には解雇という方針をとってくることは少ないと思います。

 

何度も言いますが、事故を0にすることはできません。ヒューマンエラーは発生します。

 

そのため、利用者が介護職員の不注意で怪我をしてしまったことを理由に解雇させてしまった、退職勧奨していると、介護職員がいなくなってしまいます。

 

また、損害賠償請求を介護職員にしたりしたら、働いている介護職員は明日は我が身と考えて、やっぱり転職して行きます。

 

介護職員も事故を防ごうという意識で働きますが、絶対に防ぐことはできないと思っているのですから、想定できる事故と、その事故による怪我を自分だけの責任で済ませようとしくる職場なんかで働きたくないのです。

 

そのため、例え死亡事故に繋がったとしても、普段の業務に問題なく、重大な過失と判断されなければ、解雇に繋がることは少ないと思います。

仕事をするのが怖くなってしまった方へ

事故を経験して、介護の仕事をすることが怖くなってしまった方もいらっしゃると思います。

 

目を離した際の事故の場合は、他の介護職員との連帯責任のケースもありますが、移乗介助といった自分が責任を負っている際に怪我をさせてしまうと、言い逃れはできない状態になってしまいます。

 

仮に大きな問題にならず、利用者家族からもクレームにならずに済んだとしても、「怪我をさせてしまった」という事実は変わりません。

 

ここで反省しないのは介護職員として失格と言えます。しっかりと、反省して働くべきです。

 

ただし、引きずり過ぎて、仕事をすることが怖くなっては、仕事をして行く事ができません。

 

おそらく、周りも切り替えて働く事を勧めてくれるはずです。

 

しかし、それでもどうしても働き続けることが難しくて、続けることがストレスなら他業界に転職するのも一つの手です。

 

頑張って乗り越えていくべきと言いたいですが、無理をしてうつ病などになっては、取り返しがつかないのも事実です。

 

介護事故による介護職員のショックの大きさは人によっても変わってきます。

 

仕事を続けて行く中で、罪悪感や恐怖が薄まらず、むしろ仕事に悪影響を与えてい、「もう転職したい」と思ってしまうなら、他業界に転職することも検討していいと思います。

事故後の人間関係がギクシャくして働きにくい

介護事故によって、周りの介護職員の視線が辛かったり、他の利用者からも信頼されていないような気がして、気まずさを感じてしまう人もいらっしゃると思います。

 

事故の原因にもよりますが、経験不足によって起こるような事故だったりすると、先輩介護職員が厳しくなったり、嫌味を言ってくるようなケースもあるかもしれません。

 

失った信頼に関しては、日々の仕事の中で取り返していく必要があります。そうすれば、時間と共に事故による人間関係のギクシャクは改善して行くと思います。

 

後は他の介護施設に逃げるといった選択肢もなくはないです。

 

この考え方は人によっても、良し悪しの判断は変わると思います。職場と利用者に迷惑を掛けて逃げるのか?と思われることは覚悟する必要があります。

 

一方で、耐えられずに潰れてしまいそうなら、自分を優先して逃げるのも一つの選択肢ですし、出世を狙っているなら、自分の評価の低下が著しくて将来性がないなら転職を考えた方がいいかもしれません。

 

信頼を回復しながら働くか、それとも新天地で再チャレンジするか……状況によってもメリットとデメリットは変わりますし、モラルや責任の考え方によっても考えた方は変わりますが……個人的な意見を言えば、介護士は労働者なのですから、実利を優先することも大切だと思います。

 

自分の介護士としての働き方と実利の両方を考えた上で、今の職場で働き続けるか、他の職場で働くかを考えるようにしましょう。

 

正しいかどうか、間違っているかどうかは、本人次第なので、あまり周りの意見に振り回されずに決断するようにしましょう。

 

あくまでも個人的な意見ですが、仕事を通しての事故については反省するべきですし、介護士として気を引き締めなおすべきですが、責任や恐怖に縛られ過ぎてはいけないと思っています。

 

どこかで仕事と割り切ることも介護士として働く上で大切だと思いますよ。

介護士の転職を成功させる方法

介護士のための紹介会社

1

クリックジョブ介護 評価 対応エリア 全国 ⇒クリックジョブ介護   介護士の転職を成功させて、待遇の良い職場で働いているような人は、どのような転職活動をしたのでしょうか?   結 ...

2

ハートフル介護士 評価 対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉など もし、あなたが「ホワイト企業が運営している介護施設に転職したい!」と思っているのでしたら、ハートフル介護士で転職活動しましょう。 &n ...

-介護職員が抱える仕事の悩み・不安

Copyright© 介護職員の人生設計-さようなら!ブラック介護施設 , 2019 All Rights Reserved.