介護業界の就職・転職事情

訪問介護の常勤・正社員のヘルパーとして働く事は可能なのか

更新日:

訪問介護のヘルパーとして働いている人の大半の人は、登録型の非常勤のヘルパーとして、空いた時間を活用して働いています。

 

登録型のヘルパーは、自分が働きたい時間帯に訪問介護の利用者がいれば、仕事を回して貰えるタイプになり、時給も比較的に高い傾向があります。

 

そのため、介護職員初任者研修や介護福祉士といった資格を活かして、パートとして働きたい主婦の方にオススメと言えます。

 

一方で担当の利用者が他の事業所に変えてしまったりして、利用を辞めてしまったりすると、次の担当が決まるまで給料が落ちてしまうことも珍しくありません。

 

また、時給が高くても、訪問介護1件あたりに掛かる時間は、利用者によっても違いますし、他の利用者宅に行く場合の空き時間を持て余してしまうこともあります。

 

そのため、安定して稼ぎたい人の場合は、常勤や正社員として働きたいと思っている人もいらっしゃると思います。

訪問介護の事業所でパートの常勤・正社員として就職するのは難しいのか

訪問介護の事業所が、正社員やパートの常勤をあまり雇わない理由としては、やはり空き時間が発生する点と言えます。

 

空き時間が発生すれば、当然ですが、その時間帯の利益は下がります。

 

非常勤の方の場合になると、空いた時間は時給が発生せしませんが、常勤のパートや正社員となると話は別です。

 

そのため、正社員の訪問介護のヘルパーの場合は、非常勤のヘルパーさんが避けたいような要介護度が重い方や気難しい利用者の担当になったり、登録型のヘルパーの方の都合がつかない時間帯の穴埋めなど、柔軟に働く事が求められます。

 

訪問先が無い場合は、事業所内で事務処理の仕事を担当する事が一般的になります。

 

また、事業所が開く勉強会や研修会を任せられるようになることもでてくるので、あなた自身が人に教えられるように介護の勉強をすることも求められます。

 

そのため、勉強会や研修会の準備のために残業が発生したりすることも珍しくありません。

 

登録型のヘルパーという仕組みは、非常勤の方にとっては働きやすい仕組みですが、その穴埋めや、登録型のヘルパーさんが働きやすいように裏方の事務作業をするのが正社員の役割と言えるかもしれません。

サービス提供責任者として働く

訪問介護を運営する上で、サービス提供責任者を配置することが義務付けられています。

 

役割としては、ケアマネージャーが計画したケアプラン通りに、サービスが提供されているのか業務全般に関わる立ち位置になります。

 

サービス提供責任者の配置数は、利用者の数によって変わりますが、それ程多くを採用はしません。一方で必要な人員を下回ることは許されないので、待遇は良く、訪問介護の正社員として働くなら目指す事をオススメします。

 

なお、サービス提供責任として働くには、かきのいずれかの条件を満たすことが義務付けられています。

 

・介護福祉士の資格を取得している・

・実務者研修修了者

・介護職員初任者研修修了者かつ、3年以上の介護等の業務に従事した経験がある

・介護職員基礎研修課程修了者

・ホームヘルパー1級課程修了者

・ホームヘルパー2級課程修了者かつ、3年以上介護等の業務に従事した経験をがある

 

これらの内に一つの要件を満たしていれば、サービス提供責任者として働く事ができます。ただし、条件面は変わることがもあるので、あくまでも私が調べた現時点になるので注意してください。

 

もし、訪問介護の事業所で常勤のパート、正社員を目指すなら検討してみてもよいと思いますよ。

 

採用枠の数が少ない事が多いので、競争率は高くなりやすいですが、就職できれば安定して働く事ができる傾向があるので、介護士として働く上では、一つの目標としてもいいと思いますよ。

 

特に施設介護と違って、訪問介護の事業所の場合は役職が少ないので、訪問介護の事業所に拘るなら出世を目指すならサービス提供責任者を目指すしかないと言えます。

待遇面にも注意を払う

訪問介護の事業所で常勤のパート、正社員で働こうとすると、求人も少なく、そのことから競争率も高くなるので、安易に求人に応募しやすくなります。

 

そうなると、ブラック企業に就職するリスクもあがります。

 

そうならないようにするために、介護業界に特化したような転職エージェントを利用しましょう。

 

転職エージェントでしたら、幅広い職場の求人を扱っていますし、優良企業も多いので、ブラックな事業所に就職するリスクを下げることができます。

 

自分で求人を探すよりも効率良く探すことができるので、訪問介護の事業所に関わらず、介護業界内で転職するなら、信用できる転職エージェントを利用するようにしましょう。

 

⇒ずっと働きたくなるホワイト企業が運営している介護施設を探す方法

 

ブラックな訪問介護の事業所ってどんな条件なのか?

ブラックと聞くと給料が低いのは何となくわかると思います。

 

訪問介護の場合となると、待遇が悪いのに加えて、企業側がヘルパーを守ってくれないことが目立ちます。

 

訪問介護は利用者と1対1になります。

 

そのため、利用者側からのセクハラや暴力・暴言をされることもあります。そのようなトラブルの際に、利益ではなくヘルパーを守るために、利用者との契約を破棄したり、利用者側の担当のケアマネージャーとの話し合いで先輩が一緒に参加してくれるかどうか。

 

普通の訪問介護の事業所なら、働くヘルパーを守るために対応してくれますが、ブラックだと、そういったトラブルも担当のヘルパーに丸投げするようなこともあります。

 

そのようなブラックは職場を選ばないようにするためにも、安易な就職・転職は避けるようにしましょう!

 

ただし、正社員の場合となると、登録型のヘルパーの方のトラブルを助ける側に回ることになるケースもあります。

 

そのため、正社員として働くなら、非常勤として働いているヘルパーの方が安心して働いて貰えるように働く姿勢と覚悟が必要になる点も忘れないでください。

正社員として働く場合は登録型のヘルパーとして働く際に得られるメリットが減る点も理解しておくこと(まとめ)

ここまで、訪問介護の事業所で常勤・正社員になる方法と仕事内容について述べてきましたが、ミスマッチを起こさないためにも、まとめておきたいと思います。

 

非常勤の登録型として働く場合は、ヘルパーが空いている時間を申告した上で、事業所側が訪問先を紹介する形になります。

 

そのため、最初に述べたように、時間帯が合わなければ働く事ができないこともあるので、正社員のように安定して働く事はできません。

 

一方で、正社員として働くということは、自分の空き時間に働けるというメリットを失うとも言えます。

 

また、正社員いなることで人間関係も施設介護同様に悩まされる事が増えます。非常勤としてなら、基本的に一人で仕事をすることになるので、利用者との関係に限定されます。

 

しかし、正社員として働くとなると、前述した研修や勉強会、登録型の派遣社員と利用者との間でトラブルがあった際の対応、ケアマネージャーとの打ち合わせなど人間関係は一気に広がります。

 

そのため、正社員として働く事に固執するのでしたら、訪問介護だけではなく、施設介護として働く事も考えながら選んでみてもよいと思います。

介護士の転職を成功させる方法

介護士のための紹介会社

1

クリックジョブ介護 評価 対応エリア 全国 ⇒クリックジョブ介護   介護士の転職を成功させて、待遇の良い職場で働いているような人は、どのような転職活動をしたのでしょうか?   結 ...

2

ハートフル介護士 評価 対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉など もし、あなたが「ホワイト企業が運営している介護施設に転職したい!」と思っているのでしたら、ハートフル介護士で転職活動しましょう。 &n ...

-介護業界の就職・転職事情

Copyright© 介護職員の人生設計-さようなら!ブラック介護施設 , 2019 All Rights Reserved.