介護職員が抱える仕事の悩み・不安

ホームヘルパーと介護職員はどちらの方が時給が高く稼げるのか

投稿日:

訪問介護事業所でホームヘルパーとして働くか、それとも介護施設で介護職員として働くか悩んでいる人もいらっしゃると思います。

 

それぞれにメリットとデメリットがありますが、稼げる・稼げないという点を見るのでしたら、非常勤のパートとして働く事を前提にするなら、それ程大きな差は発生しないと思います。

 

正社員として働く場合でしたら、出世して行く事を前提にするなら、役職が多い施設介護になると思います。

 

ただし、ここでは、非常勤のパートとして働く場合の、ホームヘルパーと介護職員とで比較して行きたいと思います。

 

正社員の訪問介護として働き方は、

 

⇒訪問介護の常勤・正社員のヘルパーとして働く事は可能なのか

 

⇒訪問介護は男性が採用されにくいのか

 

を参考にしてみてください。

介護職員は安定・ホームヘルパーは希望の時間帯

介護職員もホームヘルパーのどちらが稼ぎやすいかという点で優劣をつけることはできませんが、安定して稼ぐとなると介護職員がオススメです。

 

一方で、自分の希望する時間帯に働きたいのでしたら、登録型のホームヘルパーとして働く事がオススメです。

 

介護職員として働く場合は、シフトを考慮して勤務することになるので、絶対に希望する曜日と時間帯に入れて貰えるわけではないです。雇用契約で結んだ、入れる曜日と時間帯、1週間に入るシフト数から、他の介護職員の状況を考慮してシフトに入れられます。

 

一方で、安定してシフトに入れてもらうことができるので、1ヶ月ごとの給料に大きな差が出ることは少ないです。

 

一方で訪問介護の場合は、自分が仕事をしたい時間帯に、仕事を入れてもらうことができるというメリットがあります。

 

そのため、育児や家事の仕事がある主婦の方は、空いた短い時間に入れてもらうこともできるので、施設で介護職員として働くよりも、都合がつけやすいと言えます。

 

ただし、希望する時間帯に仕事がなかったり、他のホームヘルパーに回されてしまったりすることもあるので、なかなか担当の利用者を任せて貰えないケースもあります。

 

また、利用者の方が亡くなってしまったり、入院・入所するケースもあります。その場合は、次の利用者を紹介して貰うのに、時間が空くこともあります。

 

そのため、毎月同じように給料を稼げる点に関しては、施設介護程に安定しないというデメリットがあります。

 

訪問介護の場合は、1日に数件の利用者宅にいくことになるので、逆に言えば担当の利用者が1人減るだけでも、収入に大きく響きます。逆に施設介護の場合は、1人の入居者が減っても、介護職員が休まされることがないです。

 

それぞれにメリットとデメリットがあるので、よく考えた上で結論を出すようにしましょう。

未経験者でもどちらでも働くことはできるのか

介護職員の場合は、未経験者でも仕事をすることはできますが、ホームヘルパーの場合は介護職員初任者研修の資格が必要です。

 

介護施設だと他の介護職員がサポートしてくれますが、ホームヘルパーは1人で利用者宅に行くので、無資格の未経験者の方に任せることができないのが理由になります。

 

ただし、資格取得のサポートと研修をしてくれるような訪問介護事業所も増えています。

 

そのため、未経験者でも採用してくれる訪問介護事業所も増えているので、介護業界で働いたことがないからといって、必ずしもホームヘルパーとして働けないわけではななくなっています。

 

この理由としては、やはり介護業界全体が人手不足である事と、資格の条件から新しいホームヘルパーを獲得しにくいという問題があるからと言えます。そのため、未経験者・無資格の人でも挑戦して貰えるように、事業所側が環境とサポートを整えようとしている言えるかもしれません。

 

しかし、注意点もあります。

 

資格取得のための費用を企業側に肩代わりして貰う場合は、一定期間の間働き続けることが条件になっていることがほとんどです。

 

条件の期間以前に退職しようとしたら、肩代わり分を請求されることになると思います。そのため、事前に契約内容はしっかりと確認しておきましょう。

 

なお、介護施設の場合でも、資格取得のための援助などをしてくれる職場も少なくないので、介護士としてキャリアップを目指すなら、やはり事前に求人や面接の時に確認をしておくようにしましょう。

 

施設や事業所によって待遇は大きく変わる

待遇面に関しては、ホームヘルパーと介護職員どちらがいいかという比較をするよりも、施設や事業所同士の比較をしっかりとした上で、待遇が良い職場を探した方がいいと思います。

 

介護施設、訪問介護事業所問わずに、ブラック企業が運営しているリスクがあります。また、小規模な施設・事業所よりも、大規模な施設・事業所の方が待遇も良く、経営も安定していることが多いです。

 

そのため、働き方という面でホームヘルパーと介護職員を比較して選ぶのはいいですが、時給といった待遇面で決めるのでしたら、どちらで働くか決めた後の、職場選びに慎重になるようにしましょう。

 

ブラック企業が経営している施設・事業所に就職してしまうと、低待遇で酷使されることになります。

 

介護業界に特化した転職エージェント等を利用して、優良企業の職場で働くようにしてください。

 

⇒優良企業が運営している訪問介護事業所・介護施設を探す

介護士の転職を成功させる方法

介護士のための紹介会社

1

クリックジョブ介護 評価 対応エリア 全国 ⇒クリックジョブ介護   介護士の転職を成功させて、待遇の良い職場で働いているような人は、どのような転職活動をしたのでしょうか?   結 ...

2

ハートフル介護士 評価 対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉など もし、あなたが「ホワイト企業が運営している介護施設に転職したい!」と思っているのでしたら、ハートフル介護士で転職活動しましょう。 &n ...

-介護職員が抱える仕事の悩み・不安

Copyright© 介護職員の人生設計-さようなら!ブラック介護施設 , 2019 All Rights Reserved.