介護業界の就職・転職事情

介護職からケアマネージャーとして働くか迷っています

更新日:

ケアマネージャーの資格を取得したから、どうせなら資格を活かして働きたい!

ケアマネージャーになれば給料を上げられるのでしょうか?

 

新しい事に挑戦したい気持ちや、給料を上げるために、介護職からケアマネージャーになるか迷っている人もいらっしゃると思います。

 

ここではケアマネージャーの仕事内容や給料、そして資格の取得方法などについて詳しく述べて行きたいと思います。

ケアマネージャーの仕事内容

ケアマネージャーの働き方としては、施設ケアマネと居宅ケアマネの二つに分けることができます。

 

居宅ケアマネは、簡単に言えば訪問介護の事業所や介護施設の仲介人という立ち位置になります。

 

仲介人といっても、基本的には利用者側の立場にたって、事業所や施設側と調整する役割になります。

 

具体的には、利用者や利用者家族から担当依頼を受けて、ご自宅に訪問し、相談・書類手続き、事業所や施設の紹介、見学の付き添い、ケアプランの作成、サービスを利用し始めたら利用状況の確認などになります。

 

施設側や事業所側がケアプランを無視していないか、利用者の満足いくサービスを提供できていないかといった点も確認する必要あり、利用者からサービスの不満を言われたら、担当のケアマネが施設・事業所側と掛け合うことになります。

 

そのため、利用者と施設・事業者側の間に入って、上手く立ち回って行く必要があります。

 

一方で施設ケアマネとは、言葉通り介護施設で働くケアマネになります。

 

仕事内容は、入居者のケアプランの作成が主になります。施設に所属しているので、紹介や調整業務は不要と言えます。

 

これだけ聞くと仕事が楽に感じるかもしれませんが、ケアマネージャーの仕事とは別に、現場の介護職の仕事を任せられる事が多いです。

 

そのため、ケアマネの中には介護職の仕事が多くて、ケアプランの作成が遅れそうになる中で働いているような人もいらっしゃいます。

 

ただし、ケアマネはケアプランの作成が主業務として、あまり介護職の仕事に関わらせないようにする介護施設もあります。また、人手が足りている職場なら、介護職との兼務でも、それ程忙しくないこともあります。

 

問題なのは、介護職の仕事と、ケアマネージャーとしてのケアプランの作成する時間の配分が本人に任せられてしまっていて、管理者やエリアマネージャーといった上司からはケアプランの作成の遅れを叱られ、現場からは現場をサポートしてくれる時間が少ないという不満を言われる……なんて状況になることもあります。

 

前述したように、現場が人手不足ではないのなら問題ないのですが、人手不足だと兼務という立場が非常に煩わしく感じることになる可能性が高いです。

 

実際に間に挟まれて、疲弊してしまっているケアマネージャーも少なくないです。だからこそ、就職する職場は慎重に選ぶようにしてください。

 

施設ケアマネは、仕事内容も忙しさも勤めることになる介護施設次第です。

ケアマネージャーは介護職よりも稼げるのか

一番気になるのが、ケアマネージャーの給料になると思います。

 

結論から言えば、ケアマネージャーとして働くなら一般の介護職よりも稼げると言えます。

 

厚生労働省が発表している平成29年の介護従事者等の平均給与額等の表では、介護支援専門員の平均給与額は348,760円、基本給は217,590となっています。

 

介護職員の平均給与額が、297,450円で平均基本給が179,560円になります。

 

(出典:厚生労働省ホームページ : https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kaigo/jyujisya/18/dl/29gaiyou.pdf#search='%E5%B9%B3%E6%88%9029%E5%B9%B4%E3%81%AE%E4%BB%8B%E8%AD%B7%E5%BE%93%E4%BA%8B%E8%80%85%E7%AD%89%E3%81%AE%E5%B9%B3%E5%9D%87%E7%B5%A6%E4%B8%8E%E9%A1%8D%E7%AD%89'

 

基本給でも、手当を含めた平均給与の面でもケアマネージャーの資格を活かした職種である介護支援専門員の方が上と言えます。

 

もちろん、施設によっても給料は異なってくるので、平均通りの金額になるとは言えませんが、優良企業をしっかりと選ぶことができれば、介護業界という枠組みの中で、高めの水準の年収を目指せる可能性はあります。

居宅ケアマネと施設ケアマネならどちらが稼げるのか

稼ぐことを目的にするなら施設ケアマネになります。理由は、夜勤手当の存在になります。居宅ケアマネの場合は基本的に夜勤業務はありません。

 

一方で施設ケアマネの場合でしたら、夜勤の担当をすることもできるので、夜勤手当分として給与を上げることができると言えます。

 

逆に言えば、夜勤などを回避したいのでしたら、居宅ケアマネとして働くと良いかもしれません。

 

後は、働く事になる施設・事業所の待遇差になります。

 

もし、お金を稼ぐことを優先するなら、待遇の良い介護施設のケアマネとして働くと良いかもしれません。

ケアマネージャーの求人を探す方法

自分で探すとなると、求人には掲載されていない職場の雰囲気だったり、将来の昇給額、離職率などを調べることが難しいです。

 

そのため、介護業界に特化したような転職エージェントを利用して、担当のアドバイザーに、事前に気になる点を質問した上で応募するようにしましょう。

 

また、非公開求人も豊富なことが多いので、あなたの希望に合った求人を厳選して紹介してくれると思いますよ。

 

介護業界で優良企業を探すなら、転職エージェントを利用するのが一番なので、相談するようにしましょう。

 

⇒あなたの希望条件に近い介護施設を紹介してくれるオススメ転職エージェント

ケアマネージャーの資格を取得する方法

ケアマネージャーの試験は、国家資格を保有し、かつ登録から国家資格に基づく業務を5年かつ900日以上従事した者。

または、相談援助業務に従事した期間が通算して5年以上であり、かつ当該業務に従事した日数が900日以上であること(生活相談員、支援相談員、相談支援専門員、主任相談支援員)。

上記を満たした人が受験することができます(受験資格が年度によって変わることもあるので、確認は怠らないようにしてくださいね)。

 

試験内容は、マークシート方式で、複数選択方式になります(複数選択なの5分の1ではないので注意してくださいね)。

 

試験は、大まかに介護支援分野や保健医療福祉サービスの二つに分けることができます。

 

7割程が合格ラインと言われており、合格率は20%~40%程とされており、最近は合格率が低い傾向になっています。

 

ケアマネージャーの資格は、介護士にとって目標となるキャリアの一つになるので、目指す人は多いです。そのため、応募条件や試験内容も変更されやすいので、独学ではなく、専門学校などを通う事も考えた方がいいかもしれません。

 

介護士の転職を成功させる方法

介護士のための紹介会社

1

クリックジョブ介護 評価 対応エリア 全国 ⇒クリックジョブ介護   介護士の転職を成功させて、待遇の良い職場で働いているような人は、どのような転職活動をしたのでしょうか?   結 ...

2

ハートフル介護士 評価 対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉など もし、あなたが「ホワイト企業が運営している介護施設に転職したい!」と思っているのでしたら、ハートフル介護士で転職活動しましょう。 &n ...

-介護業界の就職・転職事情

Copyright© 介護職員の人生設計-さようなら!ブラック介護施設 , 2019 All Rights Reserved.