介護業界の就職・転職事情

40代未経験者でも介護職の正社員になれるか

投稿日:

 

介護職の平均年齢が40代半前後になります。若い時から続けている人もいますが、未経験者として40代で転職してくる人も決して少なくありません。

 

子育てが落ち着いた女性、仕事を失ってしまって介護職員の正社員になろうと思った方、社会貢献できる仕事に就きたいと思った方、非正規雇用から正社員になりたい人……事情は色々です。

 

まず、結論から言えば、40代の未経験者の人でも、経験者の人でも正社員になることはできます。

 

ただし、すぐに正社員になれるかと言われると、少し難しいかもしれません。

 

最初はアルバイトとして雇われる可能性が高い

40代以降から介護職に挑戦すると場合でも、最初から正社員として採用される可能性もありますが、一方で慎重な施設だとアルバイトとして働いてみないかと提案される可能性はあります。

 

体力面、介護の仕事に対する意欲の確認のために、まずはアルバイトとしてゆっくりと経験を積みながら、お互いに正社員として働けるか、正社員として採用しても大丈夫か見極めるといった方法になります。

 

ただし、この場合は単純に正社員として採用する体力が施設にないといったケースもあります。

 

そのため、正社員登用が本当にあるのかどうか確認した上で、アルバイトから経験を積んでいくかどうか考えるようにしましょう。

 

また、試用期間にも注意が必要があります。

 

試用期間中でも、試用期間が過ぎた後と待遇が変らないこともありますが、明らかに賃金を下げるケースもあります。そこは、仕方がない側面もありますが、一方で試用期間の平均は3ヶ月程です。

 

それ以上に期間だったり、延長されるようだったら、低賃金で酷使するために採用された可能性もあるので注意してください。

 

「もう少し」と繰り返すばかりで非正規から正規雇用にして貰えない! 試用期間を延長され続ける!

 

といったことにならないために、ブラック企業かどうかの判断も就職・転職する際に慎重に見極めてくださいね。

 

未経験者は正社員とアルバイトどちらからスタートするべきか

40代以上の人だと、短期間の職歴を作りたくはないと思います。

 

そう考えると、アルバイトを通して、自分に介護の仕事に適性があるか、続けることができるか考えた上で正社員を目指しても良いかもしれません。

 

介護職員に限った話ではありませんが、40代から未経験者として働くとなると、前職よりも大幅に給与が下がります。

 

そのことを覚悟していても、慣れない介護の仕事の忙しさから、

 

「割に合わない」

 

「自分は介護の仕事に向いていない」

 

と言い残して、短期間で辞める人もいらっしゃいます。

 

しかし、それで勢いで辞めると、短期間の職歴がつくことになり、転職活動のハードルが更に上がることになります。

 

それを防ぐなら、アルバイトとして働くことを考えてもよいと思います。

 

ただし、アルバイトでも職歴に空白期間を作ることになるので、一長一短とも言えます。どちらが良いのかは、自分で決めるようにしましょう。

 

また、仕事を覚える上で、忙しくても正社員で働くのと、アルバイトをしながらゆっくりと仕事を覚えて行くのにも、合う合わないがあると思うので、やはりどちらがいいかは自分で決めるようにしましょう。

 

50代以降で正社員になるのは難しい

介護職の仕事は体力勝負なります。

 

そのため、体力が急激に落ちて行く50代になると、経験者でも正社員になることが難しくなるかもしれません。

 

理由としては、体力が落ちていることによる仕事を覚える吸収力、そして覚えた後の効率面を考えると、正社員として採用する程にメリットがないと判断する施設が多くなるからです。

 

実際に、私の働いていたことがある介護施設では、シフトを増やして欲しいと言っている50代の後半のパートの女性がいましたが、増やして貰うことはできていませんでした。

 

深刻なまでに人手不足なら別かもしれませんが、やはり正社員として同じ給料をだすなら、少しでも若い人を雇いたいというのが施設側の本音になります。

 

これは、パートにも当てはまりますが、職員配置をギリギリ満たすなら、常勤にしなくてもいい非常勤のパートとして雇った方が柔軟にシフトが組めるので、50代でもパートなら採用される可能性はあります(それでも未経験者だと厳しいと思いますが)。

 

その点を考えると、正社員になりやすいのは、40代までだと思った方がいいかもしれません。

 

もちろん、50代でも体力面でも十分働ける人もいますが、やはり施設側としては、正社員の採用に関しては、消極的になりやすかもしれません。

40代以降に転職しても出世できるのか

管理職に出世することは可能です。

 

ただし、経験年数も昇給に大きく影響与えるので、経験年数が長い施設長等と比べると、給料はやはり見劣りする結果になるので、その点は注意するようにしましょう。

 

もし、出世して行く事を考えるなら、施設数を増やしているような介護企業の方が、管理者になれるチャンスは多いと思います。

 

ただし、仕事の忙しさに見合った給料が貰えるかどうかは、企業次第なので、安易に管理職候補の言葉に魅かれて応募するのはオススメしません。

 

管理職になった場合の昇給額なども事前に確認しておくようにしましょう。

 

また、出世して管理職になれば、現場の介護仕事は減りますが、全くない訳ではありませんし、施設運営の責任が重くなるので、シフトの穴埋め(夜勤も含めた)による休日の変更も多くなりますし、事務処理や会議などで残業も増えると覚悟しましょう。

腰痛には注意する

介護技術を磨いて行けば、腰に負担がかかりにくい介護の方法などが分かって行くのですが、未経験者の人ですと、覚えるまでに時間が掛かります。

 

若い人なら体力もあるので、腰の負担などはそれ程気にならないのですが、40代となると、ぎっくり腰になる危険性もあります。

 

自分の体のメンテナンスにも気を配るようにしましょう。

 

そのため、年間休日数が少なかったり、有給休暇が使えないようなブラックな職場に入社してしまうと、体が壊れてしまうので注意してください。

 

定年まで働く事を考えているのでしたら、それまでに体調を崩したりしない体制を整ている職場に入社してください。

 

自分よりも若い人に教えて貰うことに抵抗感があるなら諦める

40代以降で未経験者として働く上で、避けるのが難しいのが、年下に仕事を教えて貰ったり、年下に指揮を執って貰う点になります。

 

介護業界で働く介護職員の平均年齢は高めですが、若い人ですと20代の人もいらっしゃいますし、20代、30代の施設長もいます。

 

そのため、自分よりも若い人に教えられたり、指示をされる可能性も決して少なくありません。そのことに抵抗感を持ったりしてしまう可能性があるのでしたら、未経験者として介護業界に就職することはオススメしません。

 

特に忙しい時間帯になると、命令口調で指示されることもあるので、そのような点に過敏になってしまうと、非常に働きにくいです。

 

そのため、年下の上司に抵抗感があるかどうかもしっかりと考えるようにしましょう。

 

ただし、介護業界に限らず、未経験の業種に転職するなら、年下の上司を持つことは覚悟すべきことの一つになるので、そこを我慢できないのでしたら、就職できる職場は非常に制限されます。

 

また、前職の経験を活かせる職場でも、転職直後から役職に就けれる可能性は決して高くないので、どちらにしても年下の部下の下で働くことになる可能性もあります。

 

だったら、プライドを押し殺してでも、働いて行く覚悟を持つことも大切だと思いますよ。

 

⇒あなたの希望条件に近い介護施設を紹介してくれるオススメ転職エージェント

介護士の転職を成功させる方法

介護士のための紹介会社

1

クリックジョブ介護 評価 対応エリア 全国 ⇒クリックジョブ介護   介護士の転職を成功させて、待遇の良い職場で働いているような人は、どのような転職活動をしたのでしょうか?   結 ...

2

ハートフル介護士 評価 対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉など もし、あなたが「ホワイト企業が運営している介護施設に転職したい!」と思っているのでしたら、ハートフル介護士で転職活動しましょう。 &n ...

-介護業界の就職・転職事情

Copyright© 介護職員の人生設計-さようなら!ブラック介護施設 , 2019 All Rights Reserved.